1:51

すべての認可されたアプリケーションに対するゼロトラストアクセス(ZTNA)を実現

アプリケーションをセキュアに保ちつつ、ハイブリッドな従業員の生産性を維持

多くの従業員がリモートワーカーとなっています。リモートワーカーの使用するデバイスは管理されていない可能性があります。そして、データをセキュアに維持するためにかつて頼りにしていたネットワーク中心のアプローチでは、もはや十分ではありません。Citrix Secure Private Accessは、オンプレミスであれクラウドであれ、IT部門が認可したあらゆるアプリケーション(Web、SaaS、クライアント-サーバーなど)への適応型アクセスを提供するような、ZTNAを実現します。これにより、ネットワークレベルの攻撃を防ぐことができます。また、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供できます。

従来型のセキュリティ制御を超える機能を提供

非マネージドデバイスやBYOデバイス経由の不正アクセスを防止し、脅威を排除

従来のセキュリティアプローチは、企業ネットワークをユーザーにまで拡張するものです。しかし、このようなアプローチでは、今日のハイブリッドワーカーの場合、企業リソースが攻撃の影響を受けやすくなります。Citrix Secure Private Accessは違います。このソリューションは、アプリケーションレベルでユーザーを結び付け、リモートファーストの世界におけるセキュリティ体制を簡単に改善します。これにより、VPNをクラウドベースのZTNAに置き換えることができます。成功するBYODプログラムを作成できます。デバイスポスチャー、場所、リスクスコアに基づいて、適応型認証と適応型アクセスポリシーを使用します。従業員は必要なリソースに、使いたいデバイスを通じてアクセスできます。データをセキュアに維持できます。