Desktop as a Service(Daas)とは?

Desktop as a Service(DaaS)は、企業がクラウドにホストされた仮想デスクトップをどこからでもあらゆるデバイスに配信できるようにするクラウドコンピューティング製品です。DaaSソリューションは、Web上で安全に配信されるアプリケーションと電子メールのための完全なホスト型デスクトップを提供します。 購入や管理も簡単で、ITが保守をするソフトウェアはありません。

DaaSはどのように動きますか?

DaaSは、サブスクリプションサービス、マルチテナントで提供されます。 デスクトップオペレーティングシステムを実行する仮想マシンを含む仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)のインフラは、サードパーティのクラウドプロバイダによってホストされています。 そして、DaaSプロバイダーは仮想デスクトップを顧客のエンドユーザーデバイスにストリーミングします。

DaaSプロバイダは、メンテナンス、セキュリティ、アップグレード、データのバックアップ、ストレージを管理し、VDIの展開をします。 そして、顧客はアプリケーションとデスクトップイメージを管理します。 DaaSは、自社でVDIに投資や管理をしたくない組織に適しています。

VDIとDaaSの違いは何ですか?

DaaSはVDIですが、クラウドにホストされています。 VDIを使用すると、組織はオンプレミスデータセンターから仮想デスクトップを展開します。 社内のITチームは、仮想デスクトップの展開、およびインフラストラクチャの購入、管理、アップグレードを担当しています。

DaaSも基本的に同じものですが、インフラストラクチャはクラウドベースです。 DaaS製品を利用している組織は、自社でハードウェアを管理する必要はありません。

なぜDaaSが必要ですか?

従業員は、あらゆるデバイスのどこからでも自分の仕事にアクセスすることを求めています。 そして、企業は、人々が仕事をするために必要なアプリケーションとデスクトップを安全に提供するため、低コストでシンプルなソリューションを模索しています。 従来のPC環境では、従業員のパスワードのリセットといった単純な IT 管理から、ユーザーの生産性に影響するセキュリティパッチや更新プログラムなど、IT 管理者にとって時間の確保も困難です。

多くのお客様がアプリケーションとデスクトップの仮想化を目指していますが、複雑さと設備投資から、運用コスト内で機能するシンプルなソリューションが求められています。

DaaS は、VDI の一元化と標準化が必要なお客様にとって、プロフェッショナルな組織に代わり、基本的なデスクトップ管理を簡単に提供するソリューションです。 DaaS は、運用を簡素化し、Windows デスクトップやアプリを従業員に安全に提供することで、IT に多くの利点を提供します。

DaaSの主な利点:

  • 柔軟性:すべての従業員とスタッフは、どこからでも自分のアプリケーション、デスクトップ、およびデータにアクセスでき、働く場所を問わず生産性を維持できます。
  • 拡張性:M&A、ピークシーズンの派遣社員、請負業者 (開発者)、支社の配置など、ビジネスニーズに応じて迅速にスケールアップ/ダウンができます。
  • 事業継続性:ハードウェアに依存しないことで、自然災害やその他の不測の事態が発生した場合でも稼働を維持することができます。
  • コスト管理:毎月または毎年のサブスクリプションモデルによって、使用した分だけを支払います。資本支出を削減し、予測可能な運用費用を享受できます。
  • セキュリティ:DaaSはユーザーに安全なアクセスポイントを提供し、デスクトップとアプリ管理のプロセスと手順を簡素化します。
関連資料