Desktop as a Service(Daas)とは?

Desktop as a Service(DaaS)は、企業がクラウドにホストされた仮想デスクトップを、どこからでもあらゆるデバイスに配信できるようにするクラウドコンピューティング製品です。Desktops-as-a–Service(DaaS)ソリューションは、Web経由でセキュアに配信されるアプリケーションや電子メールのための、包括的なホステッドデスクトップを提供します。DaaSは、購入が簡単で管理しやすく、IT部門がソフトウェアをメンテナンスする必要はありません。

DaaSはどのように動きますか?

DaaSはサブスクリプションサービスとして提供されるものであり、本質的にマルチテナント型です。バックエンドの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)のインフラ(デスクトップオペレーティングシステムを実行する仮想マシンを含む)は、サードパーティのクラウドプロバイダーによってホスティングされています。そして、DaaSプロバイダーは、仮想デスクトップを顧客のエンドユーザーデバイスへとストリーミングします。

DaaSプロバイダーは、VDI環境を管理するほか、メンテナンス、セキュリティ、アップグレード、データのバックアップ、ストレージを管理します。一方、顧客は、アプリケーションとデスクトップイメージを管理します。DaaSは、オンプレミスVDIへの投資を望まず、その管理も行いたくない企業や組織とって良い選択肢となります。

VDIとDaaSの違いは何ですか?

DaaSはVDIですが、クラウド上でホスティングされます。VDIの場合、企業や組織は、オンプレミスデータセンター経由で仮想デスクトップを配備します。社内のITチームは、仮想デスクトップの配備をはじめ、インフラストラクチャの購入、管理、アップグレードに関して責任を負います。

DaaSは基本的にVDIと同じものですが、インフラストラクチャがクラウドベースであることが異なります。DaaSソリューションを利用する企業や組織は、各自が所有するハードウェアを管理する必要はありません。

シトリックスのDesktops-as-a-Serviceがお客様のビジネスに適している理由を見る

Microsoft Azureとクラウド内でのWindows 10のパワーを利用するCitrix Managed Desktopsを使うと、DaaSの導入がかつてないほど簡単に行えるようになります。

なぜDaaSが必要ですか?

従業員は、あらゆるデバイス、あらゆる場所から仕事にアクセスできることを期待しています。このため、企業や組織は、人々が仕事をするために必要なアプリケーションとデスクトップをセキュアに配信するための、低コストでシンプルなソリューションを求めています。従来のPC環境では、従業員のパスワードのリセットのような単純な作業から、ユーザーの生産性に影響しIT管理者の貴重な時間を消費するようなセキュリティパッチや更新プログラムのような難しい作業に至るまで、負担のかかる各種のIT管理作業を行う必要があります。

多くのお客様がアプリケーションとデスクトップの仮想化を目指していますが、複雑さと設備投資から、運用コスト内で機能するシンプルなソリューションが求められています。

DaaSは、VDIの一元化と標準化を好むお客様にとって実行可能なソリューションになる可能性があり、またデスクトップ管理を代行させることに魅力を感じている顧客にとっても有望なソリューションとなりえます。DaaS は、運用を簡素化し、Windows デスクトップやアプリケーションを従業員にセキュアに配信することで、IT部門に多くのメリットを提供します。

DaaSの主な利点:

  • 柔軟性:すべての従業員および契約社員は、どこからでもアプリケーション、デスクトップ、およびデータにアクセスでき、場所を問わず生産性を維持できます。
  • スケーラビリティ:M&A、ピークシーズンにおける臨時社員の採用、契約社員 (開発者)の管理、ブランチオフィスの配備など、さまざまなビジネスニーズに応じてスケールアップやスケールダウンが簡単に行えます。
  • ビジネス継続性:ハードウェアに依存しないことで、自然災害やその他の不測の事態が発生した場合でも、稼働状態を維持することができます。
  • コスト管理:月次または年次のサブスクリプションモデルを通じて、利用した分だけを支払います。これにより、設備費を削減できるほか、運用費をより予測可能なものにできます。
  • セキュリティ:DaaSはユーザーにセキュアなアクセスポイントを提供し、デスクトップおよびアプリケーション管理のプロセスと手順を簡素化します。