ゼロトラスト型のアプローチを通じて、社内アプリケーションへのセキュアアクセスを提供

分散したワークフォースのニーズを満たす

少し前までは、ネットワークセキュリティはまだ比較的シンプルなものでした。それは、リソースの周りにセキュアな境界線を構築し、内部にあるものを保護することを意味していました。その後、アプリケーションがクラウドに移行するようになると、従業員は非マネージドデバイスに依存するようになり、企業や組織のアタックサーフェスが拡大しました。この結果、今日の企業や組織は、企業データを保護するためのより良い方法を必要としています。それは、アプリケーションがどこに配置されていようとも、アプリケーションへのアクセスを監視できるようなものでなければなりません。ここで、ゼロトラストセキュリティの出番となります。このVPN代替ソリューションは、SaaSやブラウザベースのアプリケーションへのアクセスを許可するための、より優れた、より簡単で、かつよりセキュアな方法を提供します。

アタックサーフェスの縮小

リモートワークの増加に伴い、公開されているVPNサービスの数も増加しています1。今までのVPNに関する懸念事項として、それが非マネージドデバイスをオンプレミスのリソースに接続するだけではなく、ネットワークへのアクセスが許可された時点で暗黙的に信頼を確立していることが挙げられます。その結果として、接続がオープンになり、資産が危険にさらされ、ネットワークレベルの攻撃を受けるリスクが高まります。また、ユーザートラフィックが企業ネットワークを通過する際に、日々発生する10万件もの悪意あるWeb由来の脅威2にさらされる可能性があります。ゼロトラストネットワークアクセスを使うと、これらの課題を簡単に解決できます。Citrix Secure Workspace Accessは、アプリケーションレイヤーでのアクセスを提供することにより、アプリケーションとデータをセキュアにユーザーに配信します。企業や組織の持つ資産を外部にさらすことはなくなります。

分散したワークフォースのニーズを満たす

少し前までは、ネットワークセキュリティはまだ比較的シンプルなものでした。それは、リソースの周りにセキュアな境界線を構築し、内部にあるものを保護することを意味していました。その後、アプリケーションがクラウドに移行するようになると、従業員は非マネージドデバイスに依存するようになり、企業や組織のアタックサーフェスが拡大しました。この結果、今日の企業や組織は、企業データを保護するためのより良い方法を必要としています。それは、アプリケーションがどこに配置されていようとも、アプリケーションへのアクセスを監視できるようなものでなければなりません。ここで、ゼロトラストセキュリティの出番となります。このVPN代替ソリューションは、SaaSやブラウザベースのアプリケーションへのアクセスを許可するための、より優れた、より簡単で、かつよりセキュアな方法を提供します。

ユーザーエクスペリエンスの向上

デジタルワークスペースエクスペリエンスに関しては、今までのVPNやZTNA(Zero Trust Network Access)技術では、やはり不十分です。これらのソリューションは、アプリケーションのトラフィックをデータセンターにバックホールすることで、基盤となるネットワークを渋滞させるため、生産性を向上させるようなやり方でアプリケーションへのアクセスを最適化できません。また、VPNは企業ITを経由してビジネストラフィックとパーソナルトラフィックの両方をルーティングするため、従業員のプライバシーを侵害する可能性もあります。より良い選択肢として、個々のデバイスのアクティビティに応じて簡単に適応できる、シームレスなシングルサインオン(SSO)アクセスが挙げられます。このようなエンドツーエンドのコンテキストに応じたアクセスにより、企業や組織を不要なリスクやプライバシー問題にさらすことなく、優れた従業員エクスペリエンスを保証できます。

セキュアなBYOを実現

その一方で、分散した従業員は、利用するデバイスを選びたいと考えています。それと同時に、IT部門は企業データがセキュアであることを保証する必要があります。70%以上のITエグゼクティブが、BYOデバイスがセキュリティリスクの最大の原因であると回答していることを考慮するならば、これは特に難しい課題です3。シトリックスは、高度なセキュリティ制御を通じてこの問題を解決します。常にデバイス管理を必要とする従来型のVPNとは異なり、Citrix Secure Workspace Accessでは、アプリケーションがどこでどのように使用されているかに基づいて、アクセスを自動的に調整できます。従業員は、Citrix Secure Browserの内部でアプリケーションをセキュアにナビゲートできます。また、追加のオプションを使用すると、キーストロークの暗号化やスクリーンショット型のマルウェア対策が行えます。これにより、リモートワーカーは生産性を維持し、IT部門は制御を維持することができます。

セキュリティ上のメリットをCitrix Gatewayへと拡張

Citrix Secure Workspace Accessは、単独で使用する場合であれ、Citrix Gatewayと統合する場合であれ、従業員が必要とするすべてのアプリケーションとデータへのアクセスをセキュアにかつ確実に提供します。Citrix Gatewayをご利用のお客様は、Citrix Secure Workspace Accessとシームレスに統合することで、当社のワークスペースエクスペリエンスをご利用いただけます。これにより、仮想アプリケーションとデスクトップ、社内Webアプリケーション、SaaSアプリケーションへのアクセスを統合した上で、同じレベルのきめ細かなセキュリティポリシーを適用できるようになります。クライアントレスVPNやSSOのユースケースにCitrix Gatewayを導入されているお客様に対して、Citrix Secure Workspace Accessは、さらに多くのセキュリティ上のメリットを提供します。

詳細はこちら

インフォグラフィック

ESGのインフォグラフィック:リモートワークの急増によりゼロトラストが注目を集める

インフォグラフィックを見る

ホワイトペーパー

従来型のVPNソリューションが在宅勤務に適していない理由

ホワイトペーパーを読む

ソリューション概要

あらゆるデバイスを通じて、あらゆる場所から、あらゆるアプリケーションへのセキュアなリモートアクセスを実現します。

ソリューションブリーフを読む