パフォーマンス分析によりビジネスの可能性を実現

機械学習ベースのスコアリングを利用してビジネス成果を推進

Citrix Analytics for Performanceは、機械学習を利用することで、ユーザーエクスペリエンスを定量化し、お客様の環境の健全度を明らかにします。データを単一のダッシュボードに集約することで、エンドツーエンドの可視性を提供するほか、キャパシティプランニングの実施や、パフォーマンスの低下にプロアクティブに対応することを可能にします。

Citrix Analytics for Performanceの概要

Citrix Analytics for Performanceの主要なユースケースを見る

ユーザーセッションに基づく Citrix Virtual Apps and Desktopsのパフォーマンスの集約されたビューを提供します。オンプレミスのお客様には、単一サイトまたは複数サイトでの健全性を計測します。シトリックスは、ICAトラフィックチャネル、Citrix Gateway およびHDXの情報に対する包括的な可視性を提供することで、エンドツーエンドのパフォーマンスに関する洞察をもたらします。

セッションごとに「エクセレント」「フェア」「プア」の分類でアプリケーション内のエンドユーザーエクスペリエンスを定量化します。Citrix Analytics for Performanceの機械学習(ML)エンジンは、Citrix HDX InsightsとCitrix Directorを通じてネットワークの遅延とログオンにかかる時間を監視することで、パフォーマンスの低下を検出します。これにより、パフォーマンスが低下しているユーザーのグループを容易に特定できます。

単一サイトまたは複数のサイトにわたってVDAのパフォーマンスに対する可視性を確保します。一定期間における利用可能なVDAと利用できないVDAについての傾向データとインサイトを明らかにします。キャパシティ管理戦略がパフォーマンスの目標を達成していることを確認します。パフォーマンスを最大化し、将来のニーズを計画するのに役立つように、基礎となるリソースを調整します。

次のステップ