デジタルワークプレイスとは?

デジタルワークプレイスは、従業員がベストの仕事をし、顧客により良いサービスを提供するために必要なツール、場所、ワークスタイル、文化、スキルを統合したビジネス戦略です。作業環境のカスタマイズを通じて、デジタルワークプレース戦略は、直感的で使いやすいツールとプロセスを活用することにより生産性の向上を追求します。これらのツールには、モバイルデバイスやコラボレーションツールから、インテリジェントなデジタルワークスペースや従業員の評価プログラムまで、あらゆるタイプのツールが含まれます。

なぜデジタルワークプレイスが重要なのか?

テクノロジーのアップグレードやビジネスプロセスの見直しには、何らかのデジタルトランスフォーメーションが伴います。テクノロジーの進化やビジネスプロセスの見直しには、あらゆるデジタルトランスフォーメーションが伴います。そして、多くの組織は、変化し続ける今日のビジネス環境において、今の従業員のサポート状況では不十分であることに気付き始めています。

デジタルワークプレース戦略は、従業員の働き方、必要なツール、必要なスキル、働く場所、それぞれの文化を考慮し、従業員の仕事をデジタル化しやすくすることを目的としています。この包括的な視点は、組織がチームの俊敏性を高め、コラボレーションを改善し、従業員エンゲージメントを高めるのに役立ちます。

デジタルワークプレイスは、従業員のエクスペリエンスにどのような影響を与えるのか?

デジタルワークプレースの究極の目標は、顧客エクスペリエンスの向上です。そのためには、組織はまず従業員のエクスペリエンスを改善しなければなりません。従業員は、自分の仕事に情熱を持つことで、より積極的に協力し、やりがいのあるプロジェクトに取り組むようになります。

スマートなワークスペースは、チーム間の連携を作り出すと同時に、集中して仕事に取り組むことができる場所を提供します。さらに、浸透したワークスペースでは、拡張現実、仮想現実、複合現実などのデジタル要素と、その他の視覚、聴覚、触覚の感覚要素が組み合わされます。これにより、仮想従業員のエンゲージメントを高めるような、現実的な存在感を伝えることができます。

ワーカーエンゲージメントプラットフォームと、従業員の評価および報酬システムを通じて、士気を高めることができます。チャットボット、仮想アシスタント、会話型ユーザーインターフェースなどのAI技術は、ルーティン的なタスクの自動化を通じて、ワーカーの仕事をよりスマートにし高速化するのに役立ちます。機械学習を用いたInsightエンジンは、有意義なコンテンツと専門知識をプロアクティブに提供できます。一方、スマートな社内人材ツールは、マッチングアルゴリズムを利用することで、与えられたプロジェクトに適したスキルとロールを見つけることができます。

それぞれの要素は互いに作用し合い、従業員が仕事に意義を見出し、同僚同士で連携を取り、職場のエンゲージメントを向上させるのに役立ちます

なぜデジタルワークプレイスが必要なのか?

今日のビジネス環境は絶えず変化しています。デジタルトランスフォーメーションは、組織を構成する方法やビジネスの運営方法を変えました。クラウドサービスはこのような変化を加速させる一方で、同時に、モビリティ、ギグエコノミー、組織モデルのフラット化などの新しいワークスタイルが、働き方の未来を変えています

競争上の優位性を維持するために、すべての企業は、ワーカーの持つデジタル関係の器用さを育成する必要があります。デジタルワークプレースは、まさにそれを目指しています。すべてのデジタルワークプレース戦略が同じというわけではありませんが、それぞれが成功するためには、ツール、ワークスタイル、スキル、場所、文化の組み合わせが必要です。