CitrixとMicrosoft Azure:理想的な仮想デスクトップエクスペリエンスを実現する7つの方法

今こそ、AzureおよびAzure Virtual Desktopエンタイトルメントを最大限に活用すべき時です。複数のベンダーを管理する必要はもうありません。

成長を続けるハイブリッドな従業員をサポートするシンプルでコスト効率の高い方法をお探しなら、Azure Virtual Desktopをご検討ください。MicrosoftのDesktop as a Service(DaaS)サービスは、特に人気のあるAzureエンタープライズサブスクリプションに含まれているため、魅力的に見えます。 

しかし、それはお客様が必要とするすべてのものを提供するでしょうか? 

多くの企業は、Microsoftのスタンドアロンプラットフォームが提供する機能よりも、さらに多くの機能を必要としています。つまり、企業や組織は、きめ細かなセキュリティポリシー、エンドユーザー管理、監視などを実現するために、多くのベンダーを追加する必要があります。

新しいニーズが発生するたびに、企業や組織は、異なるソリューションを導入する可能性があります。しかし、管理しているプロバイダーが増えるほど、ITはより複雑になります。これは、当初契約した時点では簡単でシンプルだったものが、複雑さと追加コストが雪だるまのように増加していきます。

ここで、Citrixの出番です。Azureプラットフォーム上で構築を行い、お客様の持つAzure Virtual Desktopエンタイトルメントを活用することで、シトリックスは多数のポイントソリューションの必要性を排除します。また、環境のライフサイクル全体を通じて、お客様の時間とコストを大幅に節約します。

ここでは、Citrix on Azureが、お客様による運用の合理化、セキュリティの強化、コスト削減を支援する7つの方法をご紹介します。

 

ハイブリッドマルチクラウドの効率化

Azure Virtual Desktopを使うと、Microsoftのクラウドコンピューティングプラットフォームを最大限に活用できるようになります。しかし、コンプライアンスを維持するためや、既存のデータセンターへの投資を活用するために、オンプレミスのリソースが必要となる場合はどうなるでしょうか? その場合、これらを個別に管理しなければならないため、結果としてプロセスにおける作業負荷を増やさざるを得ないことになります。これは、シトリックスを利用しない場合の話です。 

Azureベースの仮想アプリケーションとデスクトップを、オンプレミスおよび他のパブリッククラウドでホスティングされているリソースと組み合わせることができるのはシトリックスだけです。このハイブリッドマルチクラウドのイネーブルメントにより、ビジネスに最適な環境を構築しつつ、迅速な移行を実現できるようになります。

1. イメージのポータビリティ

Microsoft Azureのみ

オンプレミスのデスクトップは個別に管理する必要があるため、アプリケーションの追加やアップデートのインストールが必要となるたびに、その手間が2倍になります。

CitrixとMicrosoft Azure

Citrix DaaSソリューションを使用すると、オンプレミスインフラストラクチャからAzureに(またはAzureからオンプレミスに)イメージを移行できます。追加のアップデートは必要ありません。

2. 常時オンの可用性

Microsoft Azureのみ

Microsoftだけを利用する場合、接続プロバイダーに全面的に依存することになります。これは、停電が発生した場合、すべてのユーザーが影響を受けることを意味します。IDサービスまたはクラウドサービスがダウンしている場合、ユーザーは接続できません。そして、あなたは待つことしかできません。

CitrixとMicrosoft Azure

シトリックスは、停電時にもユーザーの生産性を維持できるようにします。サービス継続性により、インターネットがダウンしてもオンサイトの従業員はローカルリソースを継続して利用できます。また、クラウドコンポーネントが利用できない場合でも、リモートユーザーは仮想アプリケーションとデスクトップに接続し続けることができます。また、IDプロバイダーがダウンした場合、キャッシュされた認証トークンが起動します。

$
20
K

シトリックスによる従業員の接続の維持を行わない場合、1,000人のアクティブユーザーを抱える組織では、30分間の停電に最大20,000ドルのコストがかかる可能性があります。なお、これは従業員の時給を40ドルと仮定した場合の話です。エグゼクティブや専門チームにとって、生産性の損失はさらに大きくなります。

日常業務の最適化

 

シトリックスは、包括的な機能を利用して、トラブルシューティングの迅速化や、アプリケーション管理の効率化などを実現できます。これにより、Azureの導入とライフサイクルのメンテナンスを加速できるほか、クラウド支出も削減できます。

3. トラブルシューティングの迅速化

Microsoft Azureのみ

Microsoftの仮想デスクトッププラットフォーム内でのトラブルシューティングには、何時間もかかることがあります。マシンにサインインし、タスクマネージャーを開き、適切な権限を持っていることを確認し、適切なプロセスを見つける必要があります。そして、これらはすべて手始めに過ぎません。同じシステムに複数のユーザーがいる場合は、検索もかなりの手間となります。 

CitrixとMicrosoft Azure

シトリックスは、問題の根本を素早く突き止めることができるようにします。個々のユーザーを素早く検索して、セッションの切断やプロセスの停止が行えるほか、特定のシナリオに基づいて他のアクションを実行できます。また、Citrix Analytics for Performanceを使用すると、ユーザーがサポートを求める前に、問題を見つけて修正できるようになります。

4. アプリケーション管理を効率化

Microsoft Azureのみ

基本的なアプリケーション管理ツールを使用すると、ある程度の調整を行うことができます。しかし、調整をよりきめ細かなものにする方法がないため、アプリケーションライフサイクル管理は、非常に面倒で時間のかかるプロセスになる場合があります。

CitrixとMicrosoft Azure

シトリックスは、オペレーティングシステムやプラットフォームコンポーネントから個々のアプリケーションに至るまで、仮想デスクトップの各部分のゴールデンコピーを1つ維持できます。この独自のイメージ管理技術により、複数のインスタンスに触れることなく、影響を受ける部分のコピーを変更できます。この方法だと、はるかに少ない労力で済むため、継続的なメンテナンス作業を大幅に効率化できます。仮想デスクトップの明確に定義されたセクションへの変更は限られているため、ロールバックをMicrosoftのみの場合よりもはるかに高速に実行できます。

5. コストの最適化

Microsoft Azureのみ

Azureのコストの最適化は、特に帯域幅と容量を追加する場合には複雑になる可能性があります。その場合、再評価と再割り当てを何度も繰り返す必要があります。

CitrixとMicrosoft Azure

ユーザー密度の向上からストレージディスクの高速化に至るまで、シトリックス独自のさまざまな機能を利用することで、日常的に消費するAzureリソースの量を削減できます。また、サーバーのスケーラビリティを向上させるワークスペース環境管理、コスト削減に役立つ包括的なプロビジョニング、追加コストなしで提供される組み込み型の監視などの機能もあります。上記およびその他の導入しやすいコスト最適化は、多くの場合、Citrixライセンスの大部分をカバーするのに十分なほど大きな意味を持ちます。

セキュアなエクスペリエンスの提供

 

ユーザーエクスペリエンスを犠牲にすることなく、きめ細かなポリシーとデータ保護の制御を導入できるのはシトリックスだけです。セッションレコーディングやセキュアなウォーターマークなどのセキュリティ機能を活用することで、最新のデジタル脅威からの継続的な保護を実現します。それと同時に、あらゆるデバイスを通じて、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

6. データ損失の予防

Microsoft Azureのみ

堅牢なアプリケーション保護を実現するには、サードパーティ製のポイントソリューションが必要です。

CitrixとMicrosoft Azure

シトリックスは、組み込み型の保護機能により、あらゆるタイプのアプリケーション(SaaS、Web、仮想など)をエンドポイント全体を通じて保護できます。また、Citrix Analytics for Securityを使用すると、アクションを自動化することにより、リアルタイムでリスクを軽減できます。

7. 卓越したユーザーエクスペリエンス

Microsoft Azureのみ


グラフィックを多用するWebアプリケーションを使用する場合、混雑したネットワークではエクスペリエンスが遅くなり、信頼性が低下する可能性があります。

CitrixとMicrosoft Azure

Citrix HDXは、音声、ビデオ、グラフィックス、およびユニファイドコミュニケーションプラットフォーム(Microsoft Teamsなど)が常に高品位で提供されることを保証します。

一気にコスト削減が可能

クラウドの採用に関しては、考慮すべき事項がたくさんあります。まず、機密データを保護する必要があります。また、卓越したエクスペリエンスを提供する必要もあります。さらに、ユーザーが必要なときに必要なものを、あらゆるデバイスを通じて入手できることを保証する必要もあります。そして、コストを抑えつつ、これらすべてを達成する必要があります。

さまざまなニーズに対応する特別なソリューションが多数存在していますが、複数のベンダーを管理するとなると、たちまちコスト高になる可能性があります。

これが、シトリックスが、複数の製品を1つのシンプルなソリューションへと統合している理由です。これにより、予算を抑えつつ、理想的な仮想アプリケーションとデスクトップエクスペリエンスを容易に実現できるようになります。

$
98

サードパーティベンダーやアドオンの必要性を排除することで、ユーザーあたり年間最大98ドルを節約できます(「CitrixとAzure」と「Azure Virtual Desktopのみ」を比較した場合)。

いくら節約できるかを確認するには、Azure Virtual Desktop Calculatorをお使いください。

DaaSとVDIのリーダーに信頼をお寄せください  

98
%

Fortune 500企業の98%が利用

400
K

40万社以上の顧客企業を抱えている

100
M

1億人のユーザーが100ヶ国以上の国に存在している

当社はオンプレミスのデータセンターにCitrix Virtual Apps and Desktopsを導入したことで、今やAzureでワークロードを迅速にスピンアップできるようになったほか、以前にはオンプレミスでは持てなかったようなキャパシティを利用できるようになりました。 

Jethro Eastwood氏
ワークプレイスサービスマネージャー
QBE

さあ始めましょう

さらに詳しい情報を見る インタラクティブなツアーに参加するか、または1対1のデモをご予約ください。