ITトランスフォーメーションとは?

ITトランスフォーメーションとは、企業や組織の目標に対してより大きな貢献を果たすようにITを作り変えるプロセスです。ITトランスフォーメーションとは、デジタルトランスフォーメーションにおける要素の1つであり、IT部門が次世代のソリューションを提供することにより、組織の高レベルなビジネスプロジェクトと共に、組織が抱える日常的なテクノロジーニーズをより良くサポートする方法を意味します。

ITトランスフォーメーションの鍵となる要素について

ITトランスフォーメーションはビジネスにどのようなメリットをもたらすか?

大まかに述べると、ITトランスフォーメーションには3つの面で主要な利点があります。戦略的な面、財務的な面、ビジネスアジリティ向上の面です。

  1. 戦略的なメリット:ITトランスフォーメーションは、従業員にもITチームにも戦略的なメリットをもたらします。従業員が必要なテクノロジーに容易にアクセスできるようになると、生産性やエンゲージメントレベルが向上し、ビジネスにおいてより優れた成果がもたらされます。ITチームにとって、ITトランスフォーメーションは管理の合理化に役立つものであり、その結果として、ITチームは戦略的プロジェクトにより多くの時間を割けるようになります。
  2. 財政的なメリット:ITトランスフォーメーションは、長期的な目で見ると費用対効果に優れています。まず、データセンターやハードウェアのメンテナンスに関連する多大な支出を回避できます。次に、自動化を通じて人的リソースを解放します。さらに、エンドユーザーの作業を簡素化することで作業がより効率的になります。また、冗長なテクノロジーのコストも節約できます。
  3. ビジネスの俊敏性:近い将来、ITトランスフォーメーションは、競争の激しい現在のビジネス環境で必要とされる速度と柔軟性をもたらします。これは、タイムトゥマーケット(TTM)の短縮、新しいソリューションの実装や展開の容易化、およびオンデマンドで重要なビジネスの成果を推進するためのスケーラビリティを意味します。また、これは従業員により高い柔軟性が与えられることを意味します。これにより従業員は、オフィス、現場、顧客のオフィス、外出先など、あらゆる場所でセキュアに仕事ができるようになります。

ITトランスフォーメーションにおける重要な成功要因とは?

ITとビジネス目標とが一致する計画を開発

ITトランスフォーメーションプロジェクトを立ち上げる前に、企業や組織は、組織や業界の長期的および短期的なビジネス目標に加えて、テクノロジーにおける新興トレンドについて知っておく必要があります。IT部門は経営幹部と緊密に連携することで、各部門が有する固有のニーズや、各部門が何を行うためにテクノロジーを必要としているかを理解する必要があります。さらに、IT部門は、タイムラインやコミュニケーションプランを含むロードマップを作成し、作業の過程でスタッフに変更を通知することも必要です。

従業員エンゲージメントとエクスペリエンスを優先

優れたエクスペリエンスを提供するためには、ITチームはまず組織が何を求めているかを確認してから、従業員のニーズを掘り下げる必要があります。続いて、従業員がデータ、アプリケーション、ツールに効率的かつ簡単にアクセスできるかどうか、また日常的なタスクを自動化し、ワークフローを合理化することで作業を簡素化できるかどうかを判断しなくてはなりません。組織は従業員エクスペリエンスの改善に関してより大きな期待に直面しているため、ITに対する従業員ファーストなアプローチを採用することがますます重要になっています。

将来的な計画

将来を完璧に予測することはできませんが、より柔軟なインフラストラクチャを構築することで、組織は俊敏性を高め、未来がもたらすあらゆる物事に対応できるようになります。注意深く計画を立てることで、企業や組織は、将来ビジネスニーズが発生した際に迅速な適応、スケーリング、およびピボットが行えるようなITを実装できます。これにより、市場の発展に合わせてより効果的な対応が可能になります。

ITトランスフォーメーションにおいて最も重要な課題とは?

考え方をシフト

現在のIT配信のアプローチは、多くの組織のビジネスニーズを満していません。競争に勝ち他社を上回らなければというプレッシャーは、ITトランスフォーメーションとビジネスイノベーションにおける緊急性を生み出します。さらに、従業員は直感的で使いやすいテクノロジーを求めています。また、レガシーネットワークアーキテクチャは生産性を低下させ、多くの更新作業を必要としています。

新しい運用モデルを計画し、実装することによって、ITは、組織が絶えず変化するビジネスニーズを満たすことができるようサポートします。また、組織にとって大きな混乱をもたらすことなく、適応型のビジネスフレームワークをサポートするインフラストラクチャを作成できます。

レガシーITとクラウドレディネス

ワークフローがクラウドへと加速しているのには正当な理由があります。クラウドは、戦略、財務、運用における柔軟性とスケーラビリティを提供します(上記のその他のメリットを参照)。しかし、データセンターはすぐにはなくなりません。なぜなら、企業は以下の理由を抱えているからです。

80%

のIT業界が、未だに従来型のインフラストラクチャで重要なサービスを実行しています。

– CIOReview

時代遅れなオペレーティングモデル

旧式のテクノロジーでは、作業やそこから得られるものも時代遅れになります。ITインフラストラクチャのアップデートを準備する際、企業や組織は、新しいソリューションを使用するユーザーやプロセスについても考慮する必要があります。適切なテクノロジーを選択することで実装とメンテナンスが簡素化され、ユーザーによる受け入れの見込みが高まります。

適切なテクノロジーソリューションに伴う適切なパートナーの存在によって、ITトランスフォーメーションに伴う課題の数を大幅に減らすことができます。クラウドへの移行や最新のセキュリティなど、主要なプロジェクトをサポートし、各自に合ったソリューションを提供することで、適切なパートナーは新しいテクノロジーの導入を簡素化し、ITトランスフォーメーションを簡単に実現できるようにします。


その他のリソース:

次のステップ