Office 365とシトリックスを使用し
クラウドでの安全な生産性を実現

企業や組織は、インフラストラクチャのコストを削減して柔軟性を高めるために、Microsoft Office 365の採用を急速に増やしています。しかし、Officeのオンラインバージョンでは、すべての導入事例で満足行く結果が得られるわけではありません。シトリックスとMicrosoftは連携して、あらゆるデバイス、プラットフォーム、およびユースケースにおいて、セキュリティと管理性を高めながら、従業員に優れたOffice 365のエクスペリエンスを提供する方法を見直しています。 従業員エクスペリエンスの向上、エンゲージメントの推進、生産性の改善を実現します。

次のことを行う方法をご紹介します。

Citrix WorkspaceをMicrosoft 365と統合すると、ローカルインストールが必要な場合に、最適化された環境をユーザーに提供できるようになります。また、Citrix Virtual Apps and DesktopsCitrix Content Collaborationを組み合わせて使用することで、Microsoft 365のユーザーは、データがOneDrive、SharePoint、またはネットワーク共有のいずれかに保存されている場合でも、どこからでもそのデータにアクセスし、データの編集や共有が行えるようになります。Microsoft Azureのインテリジェントクラウドをインテリジェントエッジの効率性と組み合わせることで、日常業務のタスクをより迅速に完了させることができます。この結果、優秀な人材がより特化したプロジェクトに集中できるようにすることで、イノベーションを促進できるようになるほか、従業員の満足度を高めることができます。

お客様導入事例を読む:コロナ市

Microsoft Teamsは、Microsoft 365を通じてチャット、会議、ファイル共有、作業を行うためのプラットフォームをユーザーに提供します。Microsoft TeamsのためのCitrix HDXの最適化を使うと、仮想化されたまたはクラウドホステッド型のアプリケーションやデスクトップ内において、可能な限り最良のTeamsエクスペリエンスをユーサーに提供できるようになります。シトリックスが提供する組み込み型のHDX Media Engineは、ユーザーがローカルネットワーク、モバイルネットワーク、または高遅延の広域ネットワークを使用している場合でも、クリアなVoIP通話、バッファリングされていないビデオ、中断されることのない画面共有など、高品位なユーザーエクスペリエンスを提供します。

Microsoft Teams向けのCitrix最適化ソリューションは、Microsoftと共同で開発された、Microsoftによって承認されているソリューションです。このソリューションは、セキュアな統一通信プラットフォームを実現し、このソリューションを利用することで、ローカルインストールのパフォーマンスと仮想アプリケーションのセキュリティおよびシンプルさを兼ね備えたユニファイドコミュニケーションを提供できるようになります。WebベースのTeams向けに、シトリックスではVDA上でBrowser Content Redirection(BCR)を利用しているほか、エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリ内に組み込まれている新しいブラウザを利用しています。また、これにより、TeamsのインスタンスによるVDA上におけるCPU消費量を削減できるため、サーバーのスケーラビリティが向上します。

Microsoft 365とMicrosoft Teamsで最高のユーザーエクスペリエンスを実現するためには、ネットワークのパフォーマンスが重要となります。Citrix Workspace と Microsoft Teams を組み合わせることで、従業員は、生産性ツール、コミュニケーションツール、コラボレーションツールに、どこからでも、あらゆるデバイスを通じてアクセスできるようになります。多くの企業のミッションクリティカルなアプリケーションでは、音声、会議、メッセージングを含むスイートがクラウドへと移行しています。このため、最高品質のエクスペリエンスを確保するために、信頼性の高い高性能な接続の必要性が高まっています。

Citrix SD-WANは、次世代のWANエッジソリューションであり、最良のSaaSおよびクラウドエクスペリエンスをはじめ、最良のCitrix Virtual Apps and Desktopsエクスペリエンス(Microsoft 365やTeams用)を提供するために特別に設計されています。Microsoft 365の接続原則と Microsoftが保有している130以上のワールドワイドなエッジノードを活用することで、最も近くにあるMicrosoft 365のエントリポイントに接続できます。

Microsoft 365には、Microsoft Endpoint Manager(旧称Intune)とMicrosoft Security Graph APIが搭載されているため、開発者は各種のサービスをMicrosoft 365と統合できます。Citrix Endpoint Managementを導入すると、IT部門は、200種類以上のモバイルデバイス管理(MDM)ポリシーと、70種類以上の非Microsoft 365用のモバイルアプリケーション管理(MAM)ポリシーを使用することで、ユーザーがアプリケーションやデータにアクセスした方法、時間、場所に基づいて自動化されたアクションをトリガできます。Microsoft UEMプラットフォームにCitrix Endpoint Managementを追加することで、IT部門は在宅勤務の実現や、デバイスの保護が行えるほか、従業員が仕事をするために必要なすべてのアプリケーションを提供できるようになります。これには、Microsoft 365とMicrosoft Teamsのシームレスな統合も含まれています。

Microsoftとシトリックスは、Azure Active Directoryによるシングルサインオン式のIDおよびアクセス管理、AIと機械学習による予測アナリティクス、潜在的な脅威を検出するためのユーザー行動の分析を通じて、セキュリティ、ポリシーコンプライアンス、管理ソリューションを最適に組み合わせたソリューションを提供します。Citrixソリューションを使用することで、IT部門は今日の分散型、マルチクラウド、マルチデバイス環境におけるセキュリティ脅威をプロアクティブに管理できるようになり、その結果として、より安全でインテリジェントなクラウドを提供できます。

Microsoft 365とCitrix Content Collaborationの統合により、ITのモダナイズを実現すると同時に、セキュリティとデータコンプライアンスを強化できます。複数のクラウドリポジトリやレガシーネットワーク共有に接続することで、IT部門は、コストのかかる移行プロジェクトを回避できます。シトリックスは、Microsoft 365の価値を拡張することにより、既存のワークフローを合理化するほか、仮想化環境におけるOneDrive for BusinessやSharePointへのアクセスを合理化します。また、シトリックスは、データ保護機能の包括的なセットをIT部門に提供することで、消費者向けのファイル共有における脅威を排除します。同僚または社外協力者と文書をリアルタイムで共同執筆することにより、「単一信頼点(single point of truth)」を確保できるほか、電子署名の承認プロセスを簡素化できます。Citrix Content CollaborationとMicrosoft 365を組み合わせて使用することにより、データソース選択の柔軟性を維持しながら、文書とデータのセキュリティを高め、従業員の生産性を向上させることができます。

Citrix WorkspaceをMicrosoft 365と統合すると、ローカルインストールが必要な場合に、最適化された環境をユーザーに提供できるようになります。また、Citrix Virtual Apps and DesktopsCitrix Content Collaborationを組み合わせて使用することで、Microsoft 365のユーザーは、データがOneDrive、SharePoint、またはネットワーク共有のいずれかに保存されている場合でも、どこからでもそのデータにアクセスし、データの編集や共有が行えるようになります。Microsoft Azureのインテリジェントクラウドをインテリジェントエッジの効率性と組み合わせることで、日常業務のタスクをより迅速に完了させることができます。この結果、優秀な人材がより特化したプロジェクトに集中できるようにすることで、イノベーションを促進できるようになるほか、従業員の満足度を高めることができます。

お客様導入事例を読む:コロナ市

Microsoft Teamsは、Microsoft 365を通じてチャット、会議、ファイル共有、作業を行うためのプラットフォームをユーザーに提供します。Microsoft TeamsのためのCitrix HDXの最適化を使うと、仮想化されたまたはクラウドホステッド型のアプリケーションやデスクトップ内において、可能な限り最良のTeamsエクスペリエンスをユーサーに提供できるようになります。シトリックスが提供する組み込み型のHDX Media Engineは、ユーザーがローカルネットワーク、モバイルネットワーク、または高遅延の広域ネットワークを使用している場合でも、クリアなVoIP通話、バッファリングされていないビデオ、中断されることのない画面共有など、高品位なユーザーエクスペリエンスを提供します。

Microsoft Teams向けのCitrix最適化ソリューションは、Microsoftと共同で開発された、Microsoftによって承認されているソリューションです。このソリューションは、セキュアな統一通信プラットフォームを実現し、このソリューションを利用することで、ローカルインストールのパフォーマンスと仮想アプリケーションのセキュリティおよびシンプルさを兼ね備えたユニファイドコミュニケーションを提供できるようになります。WebベースのTeams向けに、シトリックスではVDA上でBrowser Content Redirection(BCR)を利用しているほか、エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリ内に組み込まれている新しいブラウザを利用しています。また、これにより、TeamsのインスタンスによるVDA上におけるCPU消費量を削減できるため、サーバーのスケーラビリティが向上します。

Microsoft 365とMicrosoft Teamsで最高のユーザーエクスペリエンスを実現するためには、ネットワークのパフォーマンスが重要となります。Citrix Workspace と Microsoft Teams を組み合わせることで、従業員は、生産性ツール、コミュニケーションツール、コラボレーションツールに、どこからでも、あらゆるデバイスを通じてアクセスできるようになります。多くの企業のミッションクリティカルなアプリケーションでは、音声、会議、メッセージングを含むスイートがクラウドへと移行しています。このため、最高品質のエクスペリエンスを確保するために、信頼性の高い高性能な接続の必要性が高まっています。

Citrix SD-WANは、次世代のWANエッジソリューションであり、最良のSaaSおよびクラウドエクスペリエンスをはじめ、最良のCitrix Virtual Apps and Desktopsエクスペリエンス(Microsoft 365やTeams用)を提供するために特別に設計されています。Microsoft 365の接続原則とMicrosoftが保有している130以上のワールドワイドなエッジノードを活用することで、最も近くにあるMicrosoft 365のエントリポイントに接続できます。

Microsoft 365には、Microsoft Endpoint Manager(旧称Intune)とMicrosoft Security Graph APIが搭載されているため、開発者は各種のサービスをMicrosoft 365と統合できます。Citrix Endpoint Managementを導入すると、IT部門は、200種類以上のモバイルデバイス管理(MDM)ポリシーと、70種類以上の非Microsoft 365用のモバイルアプリケーション管理(MAM)ポリシーを使用することで、ユーザーがアプリケーションやデータにアクセスした方法、時間、場所に基づいて自動化されたアクションをトリガできます。Microsoft UEMプラットフォームにCitrix Endpoint Managementを追加することで、IT部門は在宅勤務の実現や、デバイスの保護が行えるほか、従業員が仕事をするために必要なすべてのアプリケーションを提供できるようになります。これには、Microsoft 365とMicrosoft Teamsのシームレスな統合も含まれています。 

Microsoftとシトリックスは、Azure Active Directoryによるシングルサインオン式のIDおよびアクセス管理、AIと機械学習による予測アナリティクス、潜在的な脅威を検出するためのユーザー行動の分析を通じて、セキュリティ、ポリシーコンプライアンス、管理ソリューションを最適に組み合わせたソリューションを提供します。 Citrixソリューションを使用することで、IT部門は今日の分散型環境、マルチクラウド環境、そしてマルチデバイス環境におけるセキュリティ脅威をプロアクティブに管理できるようになり、その結果、よりセキュアでインテリジェントなクラウドを提供することが可能となります。

Microsoft 365とCitrix Content Collaborationの統合により、ITのモダナイズを実現すると同時に、セキュリティとデータコンプライアンスを強化できます。複数のクラウドリポジトリやレガシーネットワーク共有に接続することで、IT部門は、コストのかかる移行プロジェクトを回避できます。シトリックスは、Microsoft 365の価値を拡張することにより、既存のワークフローを合理化するほか、仮想化環境におけるOneDrive for BusinessやSharePointへのアクセスを合理化します。また、シトリックスは、データ保護機能の包括的なセットをIT部門に提供することで、消費者向けのファイル共有における脅威を排除します。同僚または社外協力者と文書をリアルタイムで共同執筆することにより、「単一信頼点(single point of truth)」を確保できるほか、電子署名の承認プロセスを簡素化できます。Citrix Content CollaborationとMicrosoft 365を組み合わせて使用することにより、データソース選択の柔軟性を維持しながら、文書とデータのセキュリティを高め、従業員の生産性を向上させることができます。

次のステップ

Citrix Workspaceを使用することで、より優れたエクスペリエンスを提供