Office 365とシトリックスを使用して
クラウドでの安全な生産性を実現

企業や組織は、インフラストラクチャのコストを削減して柔軟性を高めるために、Microsoft Office 365の採用を急速に増やしています。しかし、Officeのオンラインバージョンでは、すべての導入事例で満足行く結果が得られるわけではありません。シトリックスとMicrosoftは連携して、あらゆるデバイス、プラットフォーム、およびユースケースにおいて、セキュリティと管理性を高めながら、従業員に優れたOffice 365のエクスペリエンスを提供する方法を見直しています。

快適で生産性の高いユーザーエクスペリエンス

モバイルワーカーは、自分たちのワークスペースに高い柔軟性を必要とします。モバイルワーカーはIT部門に対し、ビジネスの要件を満たしながら、従来のPCと最新のタブレットやスマートフォンに一連のアプリケーションとデータを配信するよう要求します。Citrix Virtual Apps and DesktopsをOffice 365と統合すると、ローカルインストールが必要な場合に、最適化された環境をユーザーに提供することが可能になります。Citrix Content CollaborationとOffice 365を組み合わせて使用すると、データがOneDrive、SharePoint、またはネットワーク共有に保存されている場合でも、ユーザーはどこからでもそのデータにアクセスし、データの編集や共有が行えるようになります。

Office 365のパフォーマンスとOffice 365への接続を最適化

旧式のWANアーキテクチャは、Office 365トラフィックをサポートする場合や、調査目的でインターネットトラフィックをデータセンターへと戻す場合にはもはや十分ではありません。そのようなアーキテクチャを利用すると、結果として遅延の増大やユーザーエクスペリエンスの低下が引き起こされます。Citrix SD-WANはMicrosoftの130ヶ所を超える世界的なエッジノードを利用することで、最も近くにあるOffice 365のエントリポイントに接続できるようにしています。Office 365のエントリポイントは、バックエンドのOffice 365サーバーが置かれている場所に存在する必要はなく、フロントドアを可能な限りオフィス所在地の近くにすることで、最良のユーザーエクスペリエンスを提供できます。Office 365トラフィックを特定できるということは、他のインターネットトラフィックや、他の顧客デスティネーションへのトラフィックを、ポリシーに従って処理できることを意味しており、トラフィックをOffice 365と緊密に結合する必要はありません。また、Citrix SD-WANはAzureから取得したポリシーを使用して、すべてのブランチにおけるOffice 365トラフィックをローカルに特定し分析することで、最も近いOffice 365のフロントドアを割り出します。 

Microsoft Teamsの最適化

シトリックスは、業界で初めて、仮想環境でWebベースのMicrosoft Teamsを最適化するソリューションを提供した企業です。現時点で当社は、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1906内において、完全にネイティブで完全な機能を備えたMicrosoft Teamsエクスペリエンスを提供しています。Teamsの仮想化インスタンスに関して、最良のユーザーエクスペリエンスを保証するために、シトリックスは、仮想化環境における完全にネイティブなMicrosoft Teamsの音声、ビデオ、テレフォニー機能の配信を最適化します。WebベースのTeams向けに、シトリックスではVDA上でBrowser Content Redirection(BCR)を利用しているほか、エンドポイント上のCitrix Workspaceアプリ内に組み込まれている新しいブラウザを利用しています。また、これにより、TeamsのインスタンスによるVDA上におけるCPU消費量を削減できるため、サーバーのスケーラビリティが向上します。

この新機能は、Microsoft Teamsを最適化するだけでなく、 任意のWebRTCアプリケーションも最適化します。当社の7.15 LTSR上で標準化を行っているお客様は、VDAのアップデートを 今すぐダウンロード することで、この機能をユーザーに提供できるようになります。

Skype for Businessのコラボレーションとコミュニケーションのメリットを活用

企業や組織が、従来のPBXシステムをMicrosoftのユニファイドコミュニケーションプラットフォームに切り替えるのに伴い、Microsoft Skype for Businessは広く採用されています。Skype for BusinessがOffice 365に含まれていることを考えれば、その高い人気にも頷けます。

シトリックスは、Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびSkype for Business用のHDX Realtime Optimization Packを通じて、セキュアで高性能のユニファイドコミュニケーションを提供します。Microsoftのエンジニアは、シトリックスと緊密に連携することでOptimization Packを開発しました。そしてこれは、Skype for Businessを仮想環境で実現するための業界唯一のMicrosoft承認ソリューションです。

Skype for Businessクライアントを従来のRDS/VDI環境に導入すると、ユーザーは、エンドポイントとRDS/VDIホスト間およびRDS/VDIホストとSkype for Businessサーバー間の距離に起因する音声とビデオ品質の劣化をすぐさま経験します。HDX Realtime Optimization PackをCitrix Virtual Apps and Desktopsと組み合わせて使用すると、音質と画質を改善すると同時に、データセンターのRDS/VDIホストのリソース消費量を削減することで、Skype for Businessのパフォーマンスが向上するため、ハードウェアのコストを削減できます。シトリックスとMicrosoftによる共同のSkype for Businessソリューションにより、ユーザーエクスペリエンスを犠牲にすることなく、管理とセキュリティの一元化を含めて、VDIのすべてのメリットを得ることができます。

Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用してSkype for Businessを仮想化することでより多くのメリットを得る

文書のコラボレーションと共有の簡素化

かつて、従業員と社外のベンダー、パートナー、およびエージェンシー間での文書に関するコラボレーションは複雑なものでした。これを行うには、終わりのないメールのやり取りが必要となり、その結果、フィードバックが失われたほか、大量の添付ファイルで受信箱が満杯になり、間違ったバージョンの文書が悪意ある人物の手に渡ることになりました。 

Office 365とCitrix Content Collaborationを統合することにより、コラボレーション、承認、電子署名が簡単になります。同僚または社外協力者と文書をリアルタイムで共同執筆することにより、「単一信頼点(single point of truth)」を確保できます。文書がSharePointまたはOneDriveにある場合でも、Citrix Content CollaborationまたはOutlookプラグインを通じて文書をセキュアに共有できます。膨大な量のメールを送受信することなく、フィードバック、承認、および電子署名をキャプチャできます。Citrix Content CollaborationとOffice 365を組み合わせて使用することにより、データソース選択の柔軟性を維持しながら、文書とデータのセキュリティを高め、従業員の生産性を高めることができます。

スケーラブルな管理とサポート機能

Office 365への移行は、IT運用を簡素化することであり、ハイブリッド環境をサポートする包括的なソリューションがこれらのメリットを損なわないことを保証する必要があります。Citrix Workspace Environment Managementは、Citrix Virtual Apps and Desktops環境内におけるWindowsアプリケーションおよびデスクトップの性能を最適化することで、サーバーのスケーラビリティを最大で70%向上させます。ESG検証レポートによれば、Citrix Virtual Apps and Desktopsは、統合された強力なストレージ最適化テクノロジーを使用することで、仮想アプリケーションと仮想デスクトップインフラストラクチャのストレージコストを最大80%削減できます。

企業や組織は、全面的なクラウド導入を行うか、またはキャパシティが臨界しきい値に達したときにクラウドへの拡張を行うことにより、季節的なワークロードやキャパシティに対する予期せぬ要求に備えるための設備投資をなくすこともできます。Citrix Virtual Apps and Desktopsは、企業や組織がオンプレミス環境およびAzureまたはパブリッククラウド環境を、単一エンティティとして継続的に管理できるようにするハイブリッドクラウドテクノロジーを提供します。

企業や組織は、現在のMicrosoftシステムセンター管理スタックを継続して利用することで、Citrix Virtual Apps and Desktops環境をサポートできます。画像管理機能とリソース配信機能はSystem Center Configuration Managerに統合されますが、アプリケーションのパッケージ化サービスはMicrosoft App-Vにより提供されます。

Office 365用のシトリックスソリューションの詳細