あらゆるデバイスからLinux VDIを配信

Linux仮想デスクトップを使用してユーザーの生産性を可能な限り高める

高性能な Linux アプリケーションとデスクトップに関するニーズが、かつてないほど高まっています。グローバルなモバイルワーカーが18億7000万人に迫る中1、Linuxのみで動作するミッションクリティカルなアプリケーションにアクセスする必要がある従業員が増えているため、このオープンソースのオペレーティングシステムは企業でますます重要な役割を果たすようになっています。しかし、デスクトップの市場シェアの大部分がWindowsへと移行しているため2、Linuxを使用する作業の多くをLinux以外のデバイスで実施する必要があります。複雑なLinuxアプリケーションを必要とする場合であれ、単にITコストを削減する場合であれ、Citrix Virtual Apps and Desktopsはこのような問題を解決します。

複雑さの緩和

貴社のチームはどんなツールを使用してLinux VDIを配備しますか? 新しい設定に慣れるまでにどれくらいの時間がかかりますか? Citrix Virtual Apps and Desktopsを使うと、Linux の仮想デスクトップを記録的な速さで配信できるようになります。中央コンソールを使うと、WindowsおよびLinuxのVDIの管理をサイドバイサイド形式の管理へと統合できるため、学習曲線を数週間から数ヶ月から数分へと短縮できます。このシームレスなエクスペリエンスはヘルプデスクのスタッフへと拡張され、チームメンバーは使い慣れたツールとインフラストラクチャを利用して、組織全体におけるすべてのセッションを確認できるようになります。特筆すべきことは? Citrixソリューションを使うと、お客様は自分に合ったLinuxディストリビューションを選択できます。管理者は、任意のクラウド上で、または任意のハイパーバイザー上で簡単に実行できます。

ROIの向上

ITコストはすでに伸びているため、最後に必要なのは予算を超過するもう1つの理由です。Linux VDIを使えば、その必要はありません。アプリケーションおよびデスクトップデリバリーにおける業界のパイオニアとして、Citrix Virtual Apps and Desktopsは、お客様が投資の見返りと生産性を最大化するために必要となるリソースを提供します。お客様は、新しいハードウェアを購入する必要もなければ、新しいテクノロジーに投資する必要もありません。ユーザーにアクセス権を与えるだけで、すべてを同じ単一コンソールで管理できるようになります。

データをセキュアに維持

Linux アプリケーションとデスクトップは生産性の向上に大きく貢献しますが、これらのメリットは代償を伴う可能性があります。特にますますモバイル化が進むワーカーにそれらを配備する場合、知らず知らずのうちに機密データを危険にさらす可能性があります。しかし、大多数の経営幹部は、従業員がオフサイトで仕事をすることでデータ漏洩の危険性が高まることに同意している一方で、従業員を指導するための包括的なポリシーを確保している企業はほとんどありません3。Linux仮想デスクトップは、このようなセキュリティ上の懸念を解消できます。データセンター内の機密データや知的財産を保護することにより、お客様は、ポリシーコントロールを設定し、場所やデバイスなどに応じたアクセスを提供することが可能となります。これは、データを危険にさらすことなく、リモートワーク中の従業員がリアルタイムでコラボレーションを行えるようにする、最も迅速で効果的な方法の1つです。

1IBM 2NetMarketShare 3CNBC

詳細はこちら

Linux VDA: WindowsとLinuxの統一プラットフォーム

ビデオを見る

WindowsおよびLinuxのアプリケーションとデスクトップへのサイドバイサイド形式のセキュアアクセス

ソリューションブリーフを読む

Linux VDA 1.4

デモを見る

準備が整ったら始めましょう