働き方の未来(Future of Work)

あらゆる分野でイノベーションを加速するには

Citrix Digital Workspacesとは、企業や組織が生産性を向上させ、消費者エンゲージメントを高め、従業員のエンパワーメントを可能にするための仕組みです。柔軟でセキュアなプラットフォームを使うことで、企業や組織は、いつでもどこでも、あらゆる種類のアプリケーション、デバイス、クラウドを通じて、接続、コラボレーション、イノベーションを実現できるようになります。

これが働き方の未来です。

生産性の促進

効率をどのように単純化できるか

仕事の個人化が進む

新しい世代の従業員は、仕事を通じて、より多くの意義と 自主性を獲得できることを期待しています。彼らは、 強力かつ直感的で、ニーズの予測可能なテクノロジーを切望しています。仕事、デバイス、アプリケーション、セキュリティの変化、ビジネスに関する期待は、このような絶えず変化する期待を満たすように適応する必要があります。

新しいデバイスやツールが採用される

新しいデバイスやクラウドベースのサービスが利用できるようになったことから、企業はあらゆる新しいデバイスやサービスだけでなく、まだ存在していないデバイスやサービスの統合、管理、およびセキュリティ保護を行うための、テクノロジーにとらわれないアプローチを必要としています。

すべてのユーザーの仕事がどのデバイスでも可能になる

調査レポート:モバイル革命の次に来るものとは

寄稿記事:テクノロジーによりワークフォースを人間らしくする

生産性ギャップの解消

テクノロジーによって生産性の向上が見込まれますが、一部では、生産性率が実際には低下しています。これは、テクノロジーの実装の複雑さが生産性の妨げになっているためです。

米国におけるIT生産性のギャップの拡大

状況適応型のセキュリティ

ビジネスを安全に保つ

壁なしで働くためのソフトウェア定義の境界

デジタルビジネスへの移行は、仕事を場所に依存しないものへと変えましたが、その一方で、インフラストラクチャ、デバイス、およびデータの保護に関する課題をもたらしています。インテリジェントなソフトウェア定義の境界を設定して導入することで、組織のインフラストラクチャを保護し、顧客と従業員のエンパワーメントが行えるようになるほか、IT部門に柔軟性のある制御を提供できます。

新しいITセキュリティアーキテクチャの必要性:グローバルな事例

大きな規模でセキュリティと柔軟性のバランスをとる

現在のセキュリティアプローチは、IT制御にギャップが残り、本物の柔軟性と安全な選択肢を求めるユーザーは失望しています。適度なバランスを実現するための鍵は、状況適応性にあります。つまり、セキュリティを各ワークスペースに適応させる機能です。

サイバーセキュリティ対策への1兆ドルの支出は、複雑さのために無駄な出費で終わってしまうのでしょうか。

モノのインターネットのセキュリティ保護

新しいデバイスが普及すると、それぞれのデバイスによって保存、管理、分析、およびセキュリティ保護が必要な大量のデータが生成され、セキュリティを統合するためのテクノロジーにとらわれないアプローチが必要になります。

企業内でIoTを保護するための進化するオプション

クラウドを活用

クラウドで編成された敏捷な運用モデル

オンデマンドでイノベーション

クラウドテクノロジーが新しいビジネスモデルを推進し、将来の仕事の見方を変えます。今や私達は、ワークフローを中断せずにデバイスや場所をシームレスに変更できます。また、IoTデバイスからの大量のデータを保存して管理し、それに基づいて行動できます。同時に、顧客の要求、競争、およびビジネスモデルの突然の変化に対応するためにスケーリングが行えます。

作業スペースを越えて:デジタルワークスペースでの仕事

無秩序に拡大されたクラウド

クラウドに移行すると状況が一変します。しかし、さまざまなベンダー、サービス、および規格が伴うプライベート、パブリック、ハイブリッド、およびマルチクラウドの無秩序な拡大を管理することが、企業の重荷となる可能性があります。働き方の未来を成功させるには、これらすべてのクラウドサービスを、統合された安全なデジタルワークスペースに集約して編成し、保護する必要があります。

クラウドの無秩序な拡大との闘い:現代の企業にとってこれが急務である理由

デジタルワークスペースは新しい仕事環境を実現します

複雑さとセキュリティの課題を回避しながらクラウドのメリットを全面的に実現するには、統合されたコンテキスト適応型のセキュアなデジタルワークスペースが必要です。IT部門とユーザーが共同で、ビジネス、データ、およびインフラストラクチャを保護するソフトウェア定義型の境界を作成します。デジタルワークスペースによって、テクノロジー、プラットフォーム、デバイス、およびクラウドを保護して統合し、組織が働き方の未来を運用可能にし、ビジネスを前進させることができるようにします。

デジタルワークスペースは、IT部門がテクノロジーインフラストラクチャ全体を設定、監視、および管理できる単一画面を提供します。

  • 敏捷性と効率:簡単に導入できて、イノベーションの速度が速く、柔軟性が高い
  • テクノロジーにとらわれないアプローチ:新しい仕事のあり方のデジタル化と促進を図る

デジタルワークスペースは、場所を問わず安全に仕事ができるようにするために、各ユーザーのパターンと例外を機械学習で習得して適用します。 

  • 個人に合わせたエクスペリエンス:状況に合わせて、個人の生産性を向上するために何が必要かを予想して提供する
  • 状況適応型:ネットワーク接続、場所、またはデバイスに関係なく、高い信頼性と性能を保証する

ソフトウェア定義の境界によって、安全なアクセス権が付与され、ネットワークおよびユーザーのエコシステム全体にわたる全面的な可視性が得られます。

  • ITのフレームワーク:予測分析で状況に応じたパフォーマンスを提供して、リスクを軽減する
  • 進化する脅威:デバイスを保護し、セキュリティソリューションと機械学習および人工知能を統合する

シトリックスは将来のワークスペースを構築しています

シトリックスはお客様が働き方を変革するのに役立つ最も包括的な統合デジタルワークスペースを設計しています。

最新のデジタル ワークスペース テクノロジーで何ができるのでしょうか。