このブログは、2017年9月にCitrix本社マイクロソフトソリューションエンジニアリング部門のOle Larsenが執筆したブログ「Introducing Azure Managed Disks (Preview) in XenApp & XenDesktop on Azure」を日本語訳したものです。

Citrix Cloud XenAppXenDesktop Serviceで現在開発中のAzure 管理対象ディスク(Managed Disks)のプレビュー版を試すことができます。管理対象ディスクは、ストレージアカウントを作成したり、ストレージアカウントのIOPS制約を気にせずに、スケーラブルで可用性の高いストレージを提供します。

管理対象ディスクの概要

Azure 管理対象ディスクは、現在のストレージアカウントベースのシステムの代替として提供される伸縮自在のディスクストレージシステムです。 現在、XenDesktopは、プロビジョニングされた仮想マシン(VDA)のオペレーティングシステムとデータディスクを保持するVHD BLOBのストレージを提供するために、複数のIOPSに制約のあるストレージアカウントを作成および管理する必要があります。 さらに、ストレージアカウント間でのイメージのコピーは遅いため、各OSディスクをマスターイメージから直接コピーすることは複数のストレージアカウントを使うカタログに対しては現実的ではありません。 代わりに、マスターイメージは、各OSディスクは同じストレージアカウント内のマスターイメージのコピーからコピーできるように、カタログが作成されたり、更新されるタイミングで、各ストレージアカウントに複製されます。

管理対象ディスクは、ストレージアカウントの複雑さを解消し、ディスクの作成と管理にシンプルでスケーラブルかつ可用性の高いソリューションを提供し、マスターイメージをストレージアカウントに複製する時間を不要とします。 加えて、管理対象ディスクがフォールトドメイン間の分散を最適化する方法でストレージクラスタに割り当てられるため、可用性セット内のマシンの信頼性が向上します。

Azureリソースグループは、800個以下の管理対象ディスクを保持できます。 デフォルトでは、XenDesktopは1台のマシンに3つのディスク(OSディスク、IDディスク、ライトバックキャッシュディスク)を提供します。 XenDesktopは、リソースグループごとに理論上の266台まで作れますが、将来の拡張用のバッファを残す必要があるため、実際は最大240台のマシンがプロビジョニング可能です。 したがって、240台を超えるマシンを持つカタログは複数のリソースグループにまたがることになります。

管理対象ディスクの課金は、非管理対象ディスク(ストレージアカウントのVHD)とは現在異なるため、わずかなコストの差があります。 XenApp on Azure Cost Calculatorにおいては管理対象ディスクのコストを反映するように更新しました。 最後に、Azureには管理対象ディスク固有の制限があります。これについてはこの記事で詳しく説明しています。

この機能の正式版がリリースされると、管理対象ディスクがCitrix Studioのデフォルトオプションになりますが、非管理対象デディスクをストレージアカウントにプロビジョニングすることも選択可能です。

Studioでプレビュー版の管理対象ディスクを有効にする方法

Studioでプレビュー版の管理対象ディスクを有効にする方法

プレビュー版の管理対象ディスクを選択する新しいオプションは、カタログ作成ウィザードの[Storage and License Types]ページに表示されます。

管理対象ディスクプレビューオプションを有効にする

“Enable Azure Managed Disks[Preview Only]”を選択すると、プレビュー版の制限を示すポップアップウィンドウが表示されます。

プレビューの制限ポップアップ

特に、管理対象ディスクプレビュー版では、非管理対象ディスク(ストレージアカウント内の仮想ハードディスクBLOB)のマスターイメージのみがサポートされています。 これは以前のバージョンで使用されていたものと同じタイプのイメージであり、既存のイメージを使用することができます。 管理対象ディスクの正式版では、管理対象ディスクマスタイメージを含む追加のマスタイメージオプションがサポートされる予定です。

管理対象ディスクで作成されたカタログはカタログ名に接頭辞「Azure-Managed-Disks-Preview-」が追加され、Studioのサマリーページにメッセージが表示されます。

プレビュー概要ページ

カタログは引き続きストレージアカウントを使用します

Azureポータルの管理対象ディスクカタログで使用されているAzureリソースには、少なくとも1つのストレージアカウントが含まれます。 ストレージアカウントは、Azureテーブルストレージ用と、IDディスクの作成時の一時ストレージとして使用されます。 Citrix Machine Creation Service(MCS)によって作成されたすべてのXenAppおよびXenDesktopマシンには、各マシンに固有のIDディスクと呼ばれるデータディスクが存在します。

IDディスクはマシン固有のものであるため、ストレージアカウントを介さないと作成できません。 これは、現在管理対象ディスクに接続されているマシンを除き、管理対象ディスクに直接書き込むためのAPIがないためです。 代わりに、IDディスクの内容をストレージアカウントのBLOBに書き込んだ後、管理対象ディスクにコピーします。 ただし、Azureは、管理対象ディスクがマシンにアタッチされるまで、管理対象ディスクをどこに割り当てられないため、コピーを要求することができますが、オンデマンドプロビジョニングでは最初にマシンが起動されて、マシンが作成されるまで、その要求を開始することができません。 つまり、IDディスクは、対応するマシンが最初に起動されるまでストレージアカウントに残ります。そして、その時点でソースBLOBはストレージアカウントから削除されます。

制限事項

  1. Azure 管理対象ディスクサポート(プレビュー版)は「現状のまま」提供され、Citrixカスタマーサポートの対象外です。
  2. Azure管理対象ディスクサポート(プレビュー版)は、本番環境に使用しないでください。
  3. Azure 管理対象ディスクサポート(プレビュー版)を使用して作成されたマシンカタログは、プレビューが終了すると動作を停止することがあります。 その時点で、管理対象ディスクのプロダクションサポートが利用可能になり、必要に応じて同じイメージを使用してカタログを再作成することができます。
  4. マスターイメージは従来のストレージアカウントのVHDでなければなりません(Azure 管理対象ディスクのマスターイメージはサポートされていません)。
  5. 「Master Image」ページで選択したマスターイメージVHDは、カタログがプロビジョニングされているのと同じAzure場所にある必要があります。 (たとえば、 “Japan East”
  6. Azureサブスクリプションごとに10,000個の管理対象ディスクの上限があります。 これにより、1台のマシンにつき3つの管理対象ディスク(Citrix Studioのデフォルト)を仮定すると、サブスクリプション内のマシンの合計数は約3,300に制限されます。
  7. ストレージアカウントは、カタログ作成プロセスのいくつかのステップでまだ必要です。 XenDesktopは現在、厳密に必要なストレージアカウントよりも多くのストレージアカウントを作成し、不要になった時点では削除されません。ただし、カタログ内のすべてのマシンが起動されると、ストレージアカウントは空になります。