iPadを業務に活用されてますか? iOS10もリリースされ、ますます機能が拡張されています。特にiPad ProはSmart Keyboardという純正外部キーボードの装着が可能で、Smart Keyboardを装着するとまるでタブレットパソコンです。Citrix Receiver for iOSとCitrix X1 MouseをiPad Proと組み合わせてXenDesktopの仮想デスクトップ環境にアクセスすることでiPad ProをWindowsパソコンとして利用することができるようになります。

ここではiPad/iPad ProとReceiver for iOSとX1 Mouseを組み合わせた時のエクスペリエンスを向上するためのtipsをいくつかご紹介したいと思います。

Receiver for iOS 7.1

Receiver for iOS 7.1がリリースされiOS 10にも対応しました。またルックアンドフィールが変わりました。Touch IDも対応しています。

Receiver for iOS 7.1

Touch ID

Touch IDの設定はアカウントの設定で行います。この機能はTouch ID認証後にReceiverにキャッシュされたユーザー名パスワードでXenApp/XenDesktopにログインしますので、素早く利用することができます。

Touch ID設定

キーボードと日本語入力

Receiverでは外付けのBluetoothキーボードやアップル社のSmart Keyboardを使うことができます。Smart Keyboardであればペアリングと充電不要であり、容易にキーボードの脱着も可能になっており、タブレットとして使う、パソコンとして使うの切り替えも簡単です。

Receiver for iOSでの日本語入力はiPad側の日本語入力機能が予測変換も含めて利用可能です。この場合の日本語入力の切り替えはSmart Keyboardであれば地球儀マークのキーボードでキーボードを日本語に切り替えます。

日本語切り替え

日本語入力時は変換候補のウィンドウが表示され、スペースキーで候補切り替えてreturnキーで確定します。

日本語入力

仮想アプリケーションデスクトップ内でのコピー&ペーストなどのショートカット操作はcontrolキーを組み合わせて利用できます。またSmart Keyboardではbacksapceやescキーがないのでこちらは拡張キーボードを利用することになります。拡張キーボードは上部のメニューよりキーボードをタップすると画面の下部に表示されます。

拡張キーボード

X1 Mouse

Citrix X1 Mouseは左右ボタンにスクロールホイールがついている、みなさんの馴染みのある、ただのBluetoothマウスです。Bluetooth 4.0に対応したパソコンやMacなどで利用することもできます。

Receiver for iOSでX1 Mouse利用時する時はマウスのスイッチを入れ、ReceiverのX1 Mouseを有効にします。マウスのConnectボタンを押してReceiver内でペアリングを行います。これで仮想アプリケーションデスクトップでマウスを使うことができます。最新のReceiverではマウスカーソルの動的変更(リモートカーソルイメージ)やControlやShitfキーとクリックの組み合わせての操作に対応しユーザーエクスペリエンスをよりパソコンに近づけています。マウスの速度調整や左利き向けの設定も可能です。

X1マウス設定

なお、前述のメニューと拡張キーボードはマウスによる操作も可能になりました。

タッチ操作

マルチタッチ操作にも対応します。Windows 7の場合、XenDesktopのエージェント(VDA)インストール時に仮想マルチタッチドライバがOSに自動でインストールされることで、OSがタブレットPCとして認識します。タブレットPCとしての設定はWindows OSのコントロールパネルのペンとタッチからカスタマイズが可能です。

ペンとタッチ

デフォルトでは「タッチ パネルでの操作に最適化されたデスクトップ」が有効になっています。X1マウス前提であればこのポリシーは無効化してもよいかもしれません。なお、Windows 10ではこのポリシーは有効にはなりません。

画面の解像度と外部ディスプレイ

Receiver for iOSでは表示オプションで画面の解像度を変更することができます。iPad Proは高解像度のディスプレイを備えていますので、解像度を高く設定することで一画面に表示する情報量を増やすことができます。1280×800と1440×900の解像度の場合は上下にスペースができますので拡張キーボードを表示させても仮想デスクトップの画面と重なりません。

Receiver for iOS解像度

またLightningケーブルやAirplayを通じて外部ディスプレイにミラー表示することができます。表示オプションの外部ディスプレイを設定すると、外部ディスプレイ側にツールバーや拡張キーボードなどが表示されなくなります。プレゼンテーションモードにすると内蔵ディスプレイ側に画面が表示されなくなります。

ディスプレイ設定

iPad Pro/Receiver/X1マウス

以上、ご紹介したようにiPad ProとReceiver for iOSを組み合わせることでWindowsパソコンのように利用することができます。当然Windowsパソコンだけの利用であればWindowsのNativeのタブレットにはかなわないと思います。しかしながらiOSで利用できる様々なアプリケーションやXenMobile/ShareFileと連携してiPad一台でもいろいろな業務に活用が可能ですので、ぜひモバイルワークスタイルの推進に活用いただければと思います。

アプリケーション仮想化とVDI
https://www.citrix.co.jp/virtualization/

XenAppおよびXenDesktop
https://www.citrix.co.jp/products/xenapp-xendesktop/

Citrix X1 Mouseについて
https://www.citrix.com/blogs/2016/06/21/citrix-x1-mouse%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/