本ブログはCitrix本社製品担当のDerek ThorslundによるThe Big News About Microsoft Teamsを日本語翻訳し加筆修正したものです。
https://www.citrix.com/blogs/2017/11/08/the-big-news-about-microsoft-teams/

サマリー

マイクロソフト社がSkype for BusinessをTeamsへの統合計画を発表したのにあわせ、CitrixではXenApp/XenDesktopにおけるTeamsの最適化ソリューションの提供を表明しました。

本文

マイクロソフト社はTeamsとSkype for Businessの今後のロードマップを明らかにしました。 このTeamsに関する大きなニュースがCitrixのお客様にとって何が意味するのかについて見てみましょう。

ユニファイドコミュニケーションは、マイクロソフト社が「Intelligent Communications」と呼んでいるものに進化しています。目標は、より効率的に、コンテキストの切り替えを少なくして、生産性を高めることができるようにすることです。

昨年のオーランドで開催されたIgniteカンファレンスでは、Intelligent Communicationsの主要クライアントとしてTeamsが発表される予定です( Lori Wrightのブログ記事を参照)。 Skype for Business Onlineのお客様は、その機能がTeamsクライアントに統合されていることがわかります。 マイクロソフト社のTeamsは、エンタープライズクラスの音声およびビデオ通信用の次世代Skypeインフラストラクチャ上に構築された、包括的な通話および会議機能を提供します。

既に、Teamsでは会議予定、Outlookの予定表の統合、モバイルでの会議、ゲストへのアクセスなどの機能をサポートしています。 今後数ヶ月で、マイクロソフト社は音声会議(現在プレビュー中)と、PSTN番号への着信および発信コール、通話転送、通話保留、ボイスメールなどの機能をサポート予定です。

Microsoftは、Office 365のお客様向けのTeamsの発表と同時に、オンプレミスの通信インフラストラクチャを持つお客様向けにSkype for Business Server 2019の計画を発表しました。 Office 2019の一部である新しいSkype for Business Serverのリリースは、 IgniteのDaniel Straderのセッションで発表されました。 それに加えて、Windows 10のためにアップデートされたデスクトップクライアントがあります。それはSkype for Business Server 2019とSkype for Business Server 2015の両方と相互運用します。

Skype for Business とTeamsの共存

Skype for Business Onlineからチームへの移行を容易にするために、マイクロソフトは、ユニバーサルプレゼンス、メッセージング、相互運用性など、チームとSkype for Businessクライアント間の相互運用性をサポートすることを約束しました。 この共存環境では、Skype for Businessで慣れ親しんだ機能をお客様が失うことなく、Teamsを受け入れることができます。 また、マイクロソフトはTeams(コンシューマ向けSkypeと同じNext Generation Core(NGC)上に構築されている)とSkype for Businessのシグナリングとメディアスタックの間に相互運用性があるとしています。

Skype for BusinessクライアントはOffice 365でいつまでサポートされますかということに対する マイクロソフト社の答えは、「Skype for Businessサービスとクライアントを引き続きサポートする予定です。 現時点では、Office 365サブスクリプションからSkype for Businessを削除する予定はありません。 」ということになります。

Teams専用モード

Teamsの機能がOffice 365の顧客のニーズを完全に満たしているとわかれば、Skype for Businessクライアントの使用を止めても構いません。 これはTeams専用モードとなります。

マイクロソフト社のロードマップ

Skype for Businessの機能をOffice 365用の新しい統合Teamsクライアントに統合するためのマイクロソフト社のロードマップに関する詳細は、10月下旬に明らかになりました 。 2018年第2四半期の注目すべきアップデートの一部は以下のとおりです。:

  • 通信キャリアの音声回線のサポート
  • 会社間のチャットやフェデレーション時の画面共有
  • 会議室のデバイスのサポート
  • 会議録画
  • Surface hubのサポート
  • コールキュー
  • 被代理人と代理人のサポート
  • 他の人に電話を転送する前の確認
  • Teamsとコンシューマー向けSkype間のコール
  • 認証済みSIP電話機のサポート
  • USB HIDサポート

ロケーションベースのルーティングやコールパーク/ピックアップなどの追加の音声通話機能は2018年第4四半期に予定されています。

Skype for Business Server 2019は、クラウド接続時の分析と音声アプリケーションの導入、エンタープライズボイスの強化、Teamsとの相互運用性の向上を計画しています。

このことはCitrixのお客様にとって何を意味しますか?

間違いなく、Citrixの顧客がOffice 365を採用するにつれて、Microsoft TeamsはSkype for Businessと同様にすぐに「戦略的なアプリ」になるはずです。 すでに、2017年11月初めの時点で、HDX RealTime Optimization Packのユーザーの約20%以上(400,000人以上の日常アクティブユーザー)がSkype for Business Onlineを利用しています。 これらのOffice 365ユーザーは、オンプレミスまたはクラウドのいずれのXenAppおよびXenDesktopプラットフォームでも、Teamsクライアントを利用したくなるでしょう。 多くのCitrixのお客様は、まずTeamsを使用して永続的なチャットとスレッドチャットを活用すると思いますが、そこからさらにリアルタイムのオーディオビデオ会議などのより複雑な機能まで広げて利用するでしょう。

Citrixは、優れたユーザーエクスペリエンスと包括的な機能が利用可能なMicrosoft Teamsクライアントをサーバーのスケーラビリティを最適化してコストを最小限に抑えながらXenAppおよびXenDesktopから配信可能にすることをお約束します。私たちはSkype for Business用のHDX RealTime Optimization Packの共同開発を可能にしたMicrosoftとの緊密かつ積極的なパートナーシップを継続します。

現時点で、XenAppまたはXenDesktop Platinumエディションのローカルアプリケーションアクセス機能を利用することで、チームのオーディオビデオ処理をWindowsデバイスユーザー向けに最適化できます。 私たちは、この方法に関する機能と主な制限事項についてのドキュメントを作成中です。 私たちのHDXエンジニアリングチームは、この強力な機能の広範な使用を見越して、すでに2017年にローカルアプリケーションアクセス機能を大幅に改善しました。

必要に応じて、 Teamsクライアントは 、HDX RealTime Optimization Pack経由でリダイレクトされたオーディオビデオとともに、 Skype for Businessとの併用も可能です。これは、ローカルアプリケーションアクセスがWindowsデバイスに限定されているため、LinuxまたはWyse ThinOSを実行しているMacまたはシンクライアントを使用している場合に特に有効です。

もちろん、サーバーの容量に応じて、一般的なHDX RealTimeテクノロジ( CTX133024およびCTX132764の重要な構成のヒントを参照)を使用してサーバー側のオーディオビデオ処理を使用してTeamsクライアントを実行することもできます。 これらのテクノロジは、メディアリダイレクトが利用できない場合に実行可能なフォールバックを提供します。 今日のほとんどのサーバーはビデオハードウェアアクセラレーション(H.264ハードウェアエンコードとデコード)の機能がないため、十分な数の同時参加者のためにWebカメラビデオを処理するCPUリソースがあることを確認してください。 この場合、Webcam Video Compressionは現在32ビット版のアプリケーションでしか利用できないため、32ビットのTeamsクライアントをインストールしてください。 一般的なHDX RealTimeテクノロジは、Windows、Linux、Mac、およびChrome上のCitrix Receiverでサポートされており、追加のOSサポートが予定されています。さらに ShareFileは既にチーム内のCloud Storageオプションとして利用可能です

追加の幾つかの質問に回答します。

Q.WebRTCはこれらすべてのどこに当てはまりますか?

  1. Teamsのデスクトップクライアント(リッチクライアント)に加えて、マイクロソフトはチームのWebクライアント、つまり「Teamsライト」を提供しています。 これは、Teamsのデスクトップクライアントをダウンロードしてインストールしていない利用者には理想的です。 チームのWebクライアントはブラウザでWebRTCを活用しているため、特別なTeamsブラウザの拡張機能やプラグインは必要ありません。 WebRTCを使用すると、チームのWebクライアントはフルメディア機能を提供できます。 Citrixは現在、WebRTCベースのWebアプリケーションの最適化を開発中です

Q.オンプレミスSkype for Businessサーバーをご利用のお客様はどうなりますか?

A.弊社のテレメトリーのデータによれば、今日のSkype for Businessユーザーの大部分がオンプレミス環境を利用しています。(最近のデータで80%)。 Citrix社では、HDX RealTime Optimization PackのLong Term Service Release(LTSR)2.4をリリースしました。 さらに追加の機能拡張がロードマップ上にあります。もちろん、最適化されたソリューションでSkype for Business Server 2019をサポートすることを約束しています

2018Q1からは、Citrix-Microsoftの共同ロードマップの詳細をNDAのパートナーおよび顧客と共有する予定です。 一方、マイクロソフトはSkype for BusinessからTeamsへの移行に関するFAQ Webページを用意しており、コメントや質問を受け付けています。

関連情報