Jun

32020

IT幹部リーダーの72%、テレワークへの急速な移行によって DXが加速していると回答

デジタルショックからの復活 IT部門リーダーは新たな仕事体制に向けた準備を進めていることが Citrixの調査で明らかに

米国フロリダ州フォートローダデール発 - 2020年5月27日 – 新型コロナウイルス感染症は世界各国のIT部門に、想像もできないかたちで課題を突きつけました。しかしこれらのIT部門はパンデミック終息後、より柔軟な仕事スタイルに対応したデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速することによって、この課題に応えようとしています。

調査対象となった7か国の3,770名のIT部門リーダーのうち、4分の3を超える回答者は、今後も従業員が従来のオフィスに戻ることを望んでいないと考えています。また、回答者の62%はその結果としてクラウドへの移行を前倒しで進めていると述べています。

今回の調査は、Citrixより委託を受けた米国の調査会社であるCensuswide社が米国、英国、オーストラリア、カナダ、ドイツ、フランス、およびオランダの7か国における新型コロナ感染症に関するIT部門への影響を把握するために、中規模から大規模企業のIT部門リーダーを対象としたインタビューを実施してまとめたものです。回答者は、金融サービス、ヘルスケアならびにライフサイエンス、通信/メディアテクノロジー、プロフェッショナルサービス、製造、小売などの業種に属しています。

準備を進められていた

Censuswideの調査対象となったIT部門リーダーの内、回答者の3分の2以上(69%)は自社の従業員のテレワークへの移行は驚くほど容易だったと回答し、また回答者の71%は導入したテクノロジーにより、対面したサポートをした場合と同等の共同作業が可能であると述べています。このことを踏まえ、IT部門リーダーらはデジタル化を強化すると共に、長期的にもテレワークを実施するためのソリューションを導入しています。

  • 回答者の62%は、物理的ITインフラストラクチャの縮小とクラウドモデルへの移行を検討しています。
  • 回答者の42%は、デジタルワークプレイス・プラットフォームの導入を予想しています。
  • 回答者の44%は、長期的なテレワーク実施のためパブリッククラウドサービスを検討しています。

困難な道のり

大規模なテレワークへの移行は容易ではありません。Censuswideの調査に参加したIT部門リーダーの半数近く(48%)は従業員の大半がテレワークを行う場合の事業継続計画が存在しないと回答し、また61%はこの移行には困難が伴う*と述べています。

またテレワークの急速かつ幅広い導入に伴い、IT部門による対処が求められる、以下のような新たな懸念や課題が生じてきています。

  • 回答者の70%は、従業員が自宅で仕事した場合の情報セキュリティに懸念を抱いています。
  • 回答者の54%は、従業員が正式に許可されていないソフトウェアをインストールするケースが急増したと述べています。
  • 回答者の23%は、予定外の仮想プライベートネットワーク(VPN)停止が過去数週間の中で大きな問題だったと回答しています。

大きな負担

これらすべてはIT部門に大きな負担をもたらしており、回答者の3分の2以上(77%)は大きなストレスを感じていると述べています。しかし朗報もあります。

CitrixのChief Information Officerであるミーラ・ラジャヴェル(Meerah Rajavel)は次のように述べています。「今回の危機により、多くの場合には企業の『縁の下の力持ち』に過ぎないIT部門に対し、これまで経験したことのない脚光が当てられています。IT部門は極めて困難な時期において従業員のエンゲージメントと生産性を維持すると共に業務を推進する、セキュリティと信頼性の確保された業務環境の提供に努めてきました。またこの過程を通じ、IT部門は会社からより戦略的な価値ある存在として認められるようになると予想されます。」

また「IT部門はすでに大きな負担を抱えており、新型コロナウイルスの感染拡大を遅らせるため、従来にはないスピードでのデジタルな仕事環境の展開を求められています。しかしCitrixの最新の調査で明らかになったように、これらのIT部門は今後予想できる将来にわたって業務を推進する、柔軟な勤務モデルへの対応をさらに拡大しています。」

これには調査に回答したIT部門リーダーの内4分の3以上の回答者(77%)も同意し、IT部門は現在「会社にとって業務上必要不可欠な存在である」と見られていると回答し、また55%は役職名を「テレワーク戦士」や「会社の救世主」に変えるべきだと述べています。

###

本リリースは2020年5月27日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

Citrixについて
Citrix(NASDAQ:CTXS)は、皆様のより良い働き方を推進し、安全な環境でイノベーションを活性化し、お客様との関係を深め、生産性の向上を加速させる統合型ワークスペース、ネットワーキング、アナリティクス・ソリューションを提供しています。Citrixのお客様は、柔軟な働き方を実現し、IT部門は複雑なクラウド環境下においても、様々なテクノロジーを保護、管理、モニターする単一のプラットフォームを活用することが可能です。Citrixの製品は、フォーチュン500企業の98%を含む40万を超える企業や組織で活用されています。Citrixの詳細については www.citrix.com/ja-jp/をご覧ください。

© 2020 Citrix Systems, Inc. Citrix、Citrixのロゴ、およびその他のマークはCitrix Systems, Inc.の所有物であり、米国特許商標庁およびその他の国で登録されている場合があります。 その他のすべての商標はそれぞれの所有者に属します。

# # #

<Citrix製品に関するお問合せ>
https://www.citrix.com/ja-jp/contact/form/inquiry/

本件に関する報道関係者からのお問合せ先 
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーションマネージャー
小保方 順子
Mobile: 080-3154-9655
Email:
yoriko.obokata@citrix.com

【ソーシャルアカウント】