May

212019

Citrix、Google Cloud向けのWorkspace提供を開始

より優れたデジタルワークエクスペリエンス実現のため、 さらに大きな柔軟性と選択肢を企業に提供

Citrixは、2019年5月21日(米国現地時間)、Citrix® Workspace™Google Cloudに対応する計画を発表しました。これにより、お客様は、クラウドに移行する際の柔軟性と選択肢が広がります。また、アプリケーションをGoogleデバイスやオペレーティングシステムに迅速かつ効率的に展開することが可能となり、生産性とイノベーションを最大限に活かすことの可能なデジタルワークエクスペリエンスを実現できるようになります。この計画はアトランタで開催中の、デジタルワーク分野の著名なカンファレンスであるCitrix Synergyにて発表されました。

Citrixのプレジデント兼CEOであるデイビッド・ヘンシャル(David Henshall)は次のように述べています。「企業がアプリケーションをクラウドに移行するにあたり、その従業員がどこからでも、いつでも、またどのデバイスからもそれらのアプリケーションにアクセス可能な、使いやすくセキュリティの確保された手段が求められています。Citrix WorkspaceのGoogle Cloud への対応を通じ、お客様にはデジタルトランスフォーメーションを加速し、自社のユーザーにシンプルで直感的なエクスペリエンスを提供できるようになります。」

Google CloudのPresident Global Customer Operationsであるロブ・エンスリン(Rob Enslin)氏は次のように述べています。「お客様の多くはすでにソフトウェアやインフラストラクチャへの投資を行っておられますが、未来のクラウドに自由に投資できることも求めておられます。 Citrixとのパートナーシップ拡大を通じ、Google Cloudはこのようなお客様のデジタルトランスフォーメーションへの支援をさらに高め、お客様が自社のアプリケーションにどこからでもシンプル、柔軟、安全にアクセスすることを可能とします。」

生産性のエンジン

Google Cloudを使う企業にとっては、Citrix Virtual Apps and DesktopsのみならずCitrix Workspaceが利用できることで、自社のアプリケーションに、Googleデバイスとオペレーティングシステムから統一された形でアクセスを行い、従業員とIT管理者の両方の生産性を大きく高められるようになります。

たとえばGoogleのCloud Identityとの間に計画されている相互運用性を通じ、G Suiteへのアクセス権を使ったCitrix Workspaceへのログインが可能となり、さらに優れたセキュリティを持つ統一されたエンドユーザーエクスペリエンスが得られます。またG Suiteへのインテリジェントな機能の組み込みにより、企業はCitrix Workspace内でのパーソナライズされたフィードを通じ、従業員への重要イベントの通知をGoogleカレンダーを通じて自動的に行えるようになります。これらを通じて常にアプリケーションを切り換えたり情報を検索しなければならないといった煩雑さが軽減され、エンゲージメントと生産性を高めるシンプルでインテリジェントなエクスペリエンスが実現します。

NesteのIT Solutions Service Management Leadであるマリ・ワストレム(Mari Wasström)氏は次のように述べています。「CitrixとGoogle Cloud Platformにより、効率と従業員の満足度に極めて大きな影響を及ぼす、魅力あるワークエクスペリエンスを構築できる可能性が生まれました。フィンランドをベースとするソリューションではなく、世界中のあらゆる拠点に展開し、クラウドから高速かつセキュリティの確保されたアプリケーションエクスペリエンスを提供するグローバルなコンセプトが実現します。」

エンタープライズグレードのVDI

企業のIT部門はCitrix Virtual Apps and DesktopsのMachine Creation Service(MCS)を使用することによりWindowsベースのシトリックスワークロードを迅速、効率的に大規模に展開し、従業員はコラボレーションや最高の業務達成に必要なあらゆるツールを利用できるようになります。Google Cloud Platformのための自動化されたプロビジョニングはオンデマンドベースで直ちにご利用いただけ、また2019年第3四半期にはすべてのお客様を対象とする提供が開始されます。

高度な信頼性に基づくアプリケーションデリバリー

ユーザーのエンゲージメントと生産性を維持するには、常時接続したインフラストラクチャが必要となります。これはハイブリッドクラウド環境では難しい課題となり得ますが、Citrix Workspace for Google Cloudを使用すればCitrix ADCとCitrix SD-WANによる強力な組み合わせを活用し、GCPからアプリケーションを転送する、あるいはユーザーがそれらのリソースにアクセスする際の、セキュリティの確保された接続を最適化することが可能になります。

根本的変化をもたらす

私たちはハイブリッド、マルチクラウドの世界に住んでおり、そのことがITに根本的変化をもたらしています。ヘンシャルは次のように述べています。「かつては、仕事に必要なアプリケーションはすべてノートPCに入っていました。現在ではこれはPC、企業のデータセンター、およびクラウドに分散しています。Citrix WorkspaceをGoogle Cloudに拡張することにより、Citrixは企業の従業員が必要とするSaaS、クラウド、およびウェブアプリケーションの展開において柔軟性と選択肢を拡大し、従業員のエンゲージメントと生産性を維持するとともに、そのためのシンプルで効率的な手段を提供します。」

###

<シトリックス製品に関するお問い合わせ>

https://www.citrix.co.jp/contact/form/inquiry/

<本件に関する報道関係お問合せ先>

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーションマネージャー
小保方 順子
Tel: 03 - 4577 - 5773
Email: yoriko.obokata@citrix.com

Citrixについて

Citrix ( NASDAQ:CTXS )は、 皆様の より良い働き方を推進し、 安全 な 環境 でイノベーションを活性化し、 お客様 との 関係 を 深め 、生産性の向上 を加速させる 統合型ワーク スペース 、ネットワーキング、 アナリティクス ・ ソリュ ーション を 提供 しています。 Citrix のお客様は 、 柔軟な働き方 を 実現し、 IT 部門は複雑なクラウド環境 下 において も 、様々なテクノロジーを保護、管理、 モニター する単一のプラットフォームを活用することが 可能です 。 Citrix の製品は、フォーチュン 100 企業の 99% 、フォーチュン 500 企業の 98% を含む 40 万を超える企業や組織 で活 用 されています。Citrixの詳細については https://www.citrix.co.jpをご覧ください。

# # #

©2019 Citrix Systems, Inc. 、Citrix、Citrixのロゴ、およびその他のマークはCitrix Systems, Inc.の所有物であり、米国特許商標庁およびその他の国で登録されている場合があります。 その他のすべての商標はそれぞれの所有者に属します。