Oct

122016

Citrix NetScaler SD-WAN 9.1を提供開始、 拠点間ネットワークの導入を容易にし、セキュリティを向上

最新のNetScaler SD-WAN プラットフォームにより、 アプリケーションデリバリーのセキュリティおよび信頼性を向上、ネットワークコストを低減

Tagged: networking

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、以下、シトリックス)は本日より、同社のNetScaler SD-WANプラットフォームの最新版、Citrix NetScaler SD-WAN 9.1を提供開始します。NetSclaer SD-WAN 9.1では、新たにアプリケーション毎の仮想WAN接続を可能にするアプリケーション分離機能、ブランチルーターの代替としても利用可能なルーティング機能、クラウドやWEBへのセキュリティを高めることで、拠点からのインターネットアクセスを安全に保ちます。

デジタル変革の潮流により、IT部門は社内ネットワークの近代化、洗練化に注力しています。Software Defined WAN(SD-WAN)は、支店やリモートオフィスからのミッションクリティカルなデータやアプリケーションへの安全かつ信頼性の高いアクセスを提供し、IT部門にとってデジタル変革を実現するために導入する重要な技術です。IDCによれば、SD-WANは2020年までにネットワーキングベンダーとサービスプロバイダーにとって全世界で60億ドル市場へと成長するとされています。*その理由は、この技術が企業のアプリケーションが現在求めている柔軟性、信頼性、およびセキュリティの向上を促進しながら、その一方で資本コストの削減と運用の簡素化を同時に実現することにあります。

*Source: IDC, Cloud and Drive for WAN Efficiencies Power Move to SD-WAN, Page 5, March 2016 #US41101416

NetScaler SD-WANは、単一のアプライアンスに可視化機能とコントロール機能を統合し、導入および利用が容易な包括的なSD-WAN ソリューションであり、アプリケーション認識機能を持った仮想WAN接続機能、動的ルーティング、個別ルーティングドメイン、WAN最適化、エンドツーエンドの可視化機能、最新のCitrix HDX技術のサポートなどの機能も兼ね備えています。また、導入の手間やコストを低減し、企業のブランチサイトがより容易にSD-WANを導入するクラウドベースのセキュアな導入機能であるZero Touch Deploymentサービスも提供します。Zero Touch Deploymentサービスを利用することにより、導入プロセスを自動化することができるため拠点毎に技術スタッフを配置する必要がなくなり、また、市場の多くの現行ソリューションに存在するリスクのひとつである、ネットワーク経由での不正な機器へのアクセスを防止するツールを利用することができます。

Citrix NetScaler SD-WAN 9.1の新機能

NetScaler SD-WAN 9.1は、企業がネットワークをSD-WANで変革する際に直面している多くの課題を解決します。NetScaler SD-WAN 9.1は本日より提供開始となり、主な新機能は以下の通りです。

  • 複数の導入モード: NetScaler SD-WANは、レガシーのブランチルーターの代替となるだけでなく、お客様が全ての拠点にわたってハイブリッドなアプローチをとることができるようになります。つまり、お客様は、必要に応じて既存のルーターを利用しながら、NetScaler SD-WANに移行して運用を中断することなく完全な組込みルーティング機能も利用することができます。
  • アプリケーション分離機能: アプリケーション分離機能により、ゲストWi-Fi、POS情報、および患者記録、あるいは事業部門ごとなど、分離された複数の仮想ネットワークを構築することができます。この機能によってお客様は、各エンドツーエンドのネットワークに個別のポリシーを適用しながら、アプリケーションのセキュリティ全般を向上することができます。
  •  効率的かつ安全なWebおよびクラウドとの接続性 – ZScalerなどの企業が提供するクラウド セキュリティ サービスへの容易な接続を実現したことにより、拠点からの安全なインターネットアクセスが可能になりました。セキュリティをより高めるため、拠点からのインターネットトラフィックは、セキュアトンネルを介して、Secure Web Gateway(SWG)、クラウドファイヤウォール、サンドボックス、およびその他の拠点でのセキュリティのニーズを提供するクラウド セキュリティ プラットフォームに送られます。同様に、NetScaler SD-WANは、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureなどの主要なクラウドサービスプロバイダーとの安全な接続をサポートしています。
  • Zero Touch Deploymentサービス– クラウドベースのZero Touch Deployment(ZTD)サービスは、導入プロセスを自動化し、拠点での導入に関連する複雑なロジスティックスといったIT部門の課題を軽減します。ZTDサービスは、細やかなセキュリティレベルを実現し、購入したアプライアンスやお客様に割り当てられたアプライアンスが、指定されたブランチに正しい構成で導入されたことを証明する機能を実装しています。ZTDサービスは、2016年11月よりTech Preview版の提供を開始する予定です。

Citrix NetScaler SD-WANバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャ チャラン アラス(Chalan Aras)のコメント:

「今日の市場には、複数のアプライアンス、複雑なインテグレーション、種々雑多な管理システムを必要とする単なる「技術の寄せ集め」といったソリューションがあります。NetScaler SD-WANは、迅速かつ高いコスト効率でSD-WANの実装を可能にし、ネットワークの複雑さを低減し、従業員のクラウドやデータセンターからシームレスなアプリケーション利用を実現する、シンプルでありながら高度なソリューションです。」

提供開始日

Citrix NetScaler SD-WAN 9.1は、本日から提供を開始しています。NetScaler SD-WAN Zero Touch Deploymentサービスは、TechPreview版を2016年11月より提供開始予定です。

関連リンク

製品サイト: Citrix NetScaler SD-WAN

Citrixについて

Citrix(NASDAQ:CTXS)は、可能性をさらに引き出すため、人、組織、モノがしっかりと連携し、相互でアクセス可能な世界を実現することを目指しています。Citrixのテクノロジーは、世界中のアプリケーションとデータのセキュアかつ容易なアクセスを可能にし、人々はいつでもどこでも仕事ができるようになります。Citrixは、サービスとしてのワークスペース(Workspace-as-a-Service、WaaS)、アプリケーションデリバリー、仮想化、モビリティ、ネットワークデリバリーおよびファイル共有などの各ソリューションを含む統合された包括的なポートフォリオを提供します。Citrixのソリューションにより、IT部門は、クラウドやオンプレミス環境を介してあらゆるデバイスやプラットフォームで、ユーザーがクリティカルなシステムを確実に利用できる環境を実現できます。Citrixの2015年度の年間売上高は32.8億ドルで、その製品は世界中の40万以上の企業や組織において1億人以上の人々に利用されています。Citrixの詳細についてはwww.citrix.co.jpをご覧ください。

Citrix、NetScaler、SD-WANおよびここで使われているその他のCitrixの名称または製品名は、Citrix Systems, Inc.の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の登録商標または商標です。

 

<本件に関する報道関係問合せ先>
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
広報問い合わせ
E-mail : press@citrix.co.jp