Jun

92015

Citrix CloudBridgeがInterop Tokyo 2015の Best of Show Awardにおいて審査員特別賞を受賞

Citrix CloudBridge WAN仮想化エディションが、 エンタープライズネットワーキング部門において審査員特別賞を受賞

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: マイケル キング 以下、シトリックス) は本日、国内最大級のICTテクノロジーイベント「Interop Tokyo 2015」の 「Best of Show Award」において、シトリックスの「Citrix® CloudBridgeTM WAN仮想化エディション」がエンタープライズネットワーキング部門の審査員特別賞を受賞したことを発表しました。


CloudBridge WAN仮想化エディションは、アプリケーション可用性をほぼ100%確保しながら、ブランチオフィスへのアプリケーション、文書、およびITサービスの配信コストを最大80%削減します。また、高性能なパスを通してミッションクリティカルかつ遅延に敏感なデータを安全に送信することで、高品位なユーザーエクスペリエンスを保証することが可能となります。CloudBridge WAN仮想化エディションは、CloudBridgeプラットフォームおよびHDXとアプリケーション高速化技術の統合を強化し、費用対効果およびパフォーマンスに優れたソリューションの提供により、リモートやブランチオフィスでよりよい働き方実現に必要なアプリケーション、文書、ITサービスを含む安全なモバイルワークスペースの配信を可能にします。CloudBridge WAN仮想化エディションは、2015年5月末より提供を開始しています。


Citrix CloudBridge について
Citrix CloudBridgeは、パブリックおよびプライベートクラウドネットワーク全体でのアプリケーション配信を高速化し、WAN仮想化をサポートする独自の機能を提供します。CloudBridgeをアプリケーション性能に関する可視性と組み合わせて利用することで、企業はハイブリッドネットワーキング向けのソフトウェア定義型WANに発展していくことができます。CloudBridgeの製品情報は、こちらをご参照ください。

Citrixについて
Citrix (NASDAQ:CTXS) は、仮想化、モビリティ管理、ネットワーキングおよびSaaSソリューションの融合を通じて、ビジネスや人々に新しい方法でよりよい働き方を実現する Software-Defined Workplace への変革を牽引しています。Citrixのソリューションは、セキュアなモバイルワークスペースによりビジネスのモバイル化を推進します。モバイルワーク スペースでは、デバイス、ユーザー、利用するネットワークやクラウドを問わず、アプリケーション、デスクトップ、データ、コミュニケーションに瞬時にアク セスすることができます。シトリックスの2014年度の年間売上高は31.4億ドルで、その製品は世界中の33万以上の企業や組織において1億人以上の 人々に利用されています。シトリックスの詳細についてはwww.citrix.co.jpをご覧ください。

Citrix、CloudBridgeおよびここで使われているその他のCitrixの名称または製品名は、Citrix Systems, Inc.の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の登録商標または商標です。