Jul

132018

Citrix SD-WANをMicrosoft Azure Virtual WANと統合し、ブランチ、リモート拠点のワークスペースエクスペリエンスと生産性を向上

シトリックスとMicrosoftの連携でブランチオフィスネットワークの導入を簡素化

シトリックスは、2018年7月13日(米国現地時間)、Microsoftとのパートナーシップを通じ、Microsoftによって本日発表された新しいAzure Virtual WAN サービス向けに、Azureの on-ramp(入口)としてCitrix SD-WANソリューションをAzure上で提供することを発表しました。このジョイントソリューションはAzureのWANエッジのユーザーエクスペリエンスを高め、一貫した生産性を実現するとともに、ブランチオフィスネットワークの導入を自動化するよう設計されています。

Citrix SD-WANはエンタープライズの各ブランチからMicrosoft Azure Vitual WANサービスへの、アプリケーション・アウェアな包括的なアクセスソリューションを提供します。Citrix SD-WANはパフォーマンスを向上すると同時にブランチやリモート拠点の接続コストを削減し、パケットレベル、リアルタイムパスの選択、WAN最適化、ファイアウォール、ルーティング、アプリケーションアナリティクスのすべての機能を1つのソリューションにまとめることで、アプリケーションやネットワークレベルのセキュリティを強化します。

シトリックスのNetScaler SD-WAN バイスプレジデント、チャラン・アラス(Chalan Aras)は次のように述べています。「Microsoftとシトリックスはデジタル・ワークスペースやアプリケーション・ネットワーキングのためのジョイントソリューションの提供に関し、さらに新たなマイルストーンを実現しました。このジョイントソリューションによって、お客様は以前よりはるかに豊かなエクスペリエンスが得られるだけでなく、アプリケーションのレベルでよりきめ細かなセキュリティを確保でき、クラウドジャーニーを進める上でより多彩で柔軟な選択肢が提供されるようになります」

「Microsoft Azure上で提供されるCitrix SD-WANは、これまで常にイノベーションと双方のお客様やパートナーの成功を中心に据えたシトリックスとの協力の最新の事例です。両社は一体となって仮想デスクトップのカテゴリーを定義してきたように、今回、Azure上での新しいCitrix SD-WANソリューションの提供でも協力し、お互いのお客様に素晴らしい新たな機能をもたらそうとしています」とMicrosft Azure パートナーPMマネージャー、ロス・オルテガ(Ross Ortega)氏は述べています。

大規模なブランチ接続を簡素化し、自動化

Citrix SD-WAN とMicrosoft Azure Virtual WANのジョイントソリューションは、単純に相性の良い完全なSD-WANスタックとしても導入できます。セルフサービス型のSD-WANとして運用することも、オートメーション機能を内蔵したエンドツーエンドのマネージド型クラウドサービスとして運用することもでき、小規模なPOS(point of sales)から大規模なブランチオフィスネットワークまでの導入を簡素化します。

ディープアナリティクスによる一貫したネットワークポリシー管理

AzureのリソースセンターとCitrix SD-WANセンターの統合によって、AzureのヘッドエンドとオンプレミスのSD-WANデバイスとで情報を自動的に共有できるようになります。これにより、リンク使用のディープアナリティクスを伴った一貫したポリシー管理が可能になります。さらに、Citrix SD-WANはテンプレートベースのクローニングをサポートすることで、大規模なスケールでのネットワークの拡張を大幅に容易にします。

Microsoftのグローバルネットワークによるルーティングの最適化

Azure内にあるMicrosoftの大規模なグローバルプライベートネットワークによって、ルートを最適化してコンテンツやアプリケーションの配信を高速化するため、ユーザーエクスペリエンスとワークスペースの生産性を大幅に向上します。

 

Citrix SD-WANの柔軟なサポートとライセンスオプション

商用ではAzure Virtual WANはパブリッククラウドのほとんどのユーザーにとって使い慣れた方法で入手できます。Citrix SD-WANはシトリックスのチャネルパートナーから直接購入するか、ビジネスニーズに応じて柔軟なライセンスオプションのあるAzure Marketplaceで入手できます。Citrix SD-WANは永久ライセンスとサブスクリプションの両方のオプションがあり、既存ライセンスの持ち込み(BYOL)にも対応しています。

詳細については、太平洋時間2018年7月18日に行われるMicrosoftのAzureウェビナーシリーズ「Connecting, Building, and Protecting Your Network(ネットワークの接続、構築、保護)」をご覧ください。

<シトリックス製品に関するお問い合わせ>

下記ホームページよりお問い合わせください。(記事として掲載される場合もこちらでお願いいたします。) http://www.citrix.co.jp/contact.html

<本件に関する報道関係お問合せ先>

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 広報代理
クレアブ株式会社
担当 : 宮津
TEL : 03-5404-0640
Email: citrix@kreab.com

Citrixについて

Citrix(NASDAQ:CTXS)は、可能性をさらに引き出すため、人、組織、モノがしっかりと連携し、相互でアクセス可能な世界を実現することを目指しています。私たちは、生産性を高めるために必要なアプリケーション、データ、サービスを統合し、また複雑なクラウド環境を選択、管理するIT機能を簡素化させることでお客様の働き方の未来の再構築を支援します。Citrixの製品は、フォーチュン100企業の99%、フォーチュン500企業の98%を含む40万を超える企業や組織に利用されています。Citrixの詳細については https://www.citrix.co.jpをご覧ください。

# # #

Citrix®およびNetScaler®は、Citrix Systems, Inc. および/またはその一もしくは複数の子会社の商標であり、米国の特許商標庁および他の国において登録されている場合があります。その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の登録商標または商標です。