Apr

242015

Citrix、ブランチオフィスでの「Always-On」ワークスペースを実現

Citrix CloudBridge™ VirtualWANにより最大80%のコストを削減しながらWAN帯域幅拡張をサポートするネットワーク制御およびパフォーマンスを実現

Citrix®(NASDAQ: CTXS)は4月23日 (米国現地時間)、Citrix CloudBridge™ VirtualWANソリューションを発表しました。これにより、アプリケーション可用性をほぼ100%確保しながら、ブランチオフィスへのアプリケーション、文書、およびITサービスの配信コストを最大80%削減します。新しいCloudBridge VirtualWANソリューションは、従来のアプローチよりも劇的な低コストでWANの帯域幅を拡張する機能を提供し、費用対効果の高いWAN技術を柔軟に採用することができます。また、VirtualWANの高性能なパスを通してミッションクリティカルかつ遅延に敏感なデータを安全に送信することで、高品位なユーザーエクスペリエンスを保証することが可能となります。このCloudBridge VirtualWANソリューションはCloudBridgeプラットフォームおよびHDXとアプリケーション高速化技術の統合を強化し、費用対効果およびパフォーマンスに優れたソリューションの提供により、リモートやブランチオフィスでよりよい働き方実現に必要なアプリケーション、文書、ITサービスを含む安全なモバイルワークスペースの配信を可能にします。

企業は、進化するワークスペースの要求を満たすため、帯域消費型アプリケーションを通じて、従業員や顧客、そしてパートナーとビジネスクリティカルな情報を常に共有しています。グラフィックスを多用したインタラクティブなアプリケーション、HD品質のビデオストリーミングやVoIPの使用の増加により、ネットワークの利用は年々増加しています。従来、企業はビジネス中断の防止やミッションクリティカルなアプリケーションのユーザービリティを維持するために高コストなMPLSサービスに依存しており、WAN帯域幅のスケーリングはこれらの企業にとってかなりの金銭的負担となります。

この課題に対処するため、新しいCloudBridge VirtualWANソリューションでは、MPLS、ブロードバンド、モバイル、衛星インターネットなどの複数のネットワークサービスを単一の論理WAN回線として構築し、WANの容量と信頼性を最大化することができます。CloudBridge VirtualWANは構成されるそれぞれのパスのパフォーマンスの評価を恒常的に行うことで、ネットワーク状況の変化に対して瞬時かつ自動的に対応することが可能となります。そのため、人の介入や複雑なルーティングテーブルの再構成なしで、ミッションクリティカルなアプリケーションの持続的な接続が保証されます。さらに、CloudBridge VirtualWANにより、企業に以下のようなメリットがもたらされます。

  • 容量拡張コストを劇的に削減 - 企業はスタンドアロンのMPLSベースのWANにおける信頼性を向上させながら、優先度の高いアプリケーショントラフィック、ビデオおよびVoIPを伝送する能力を拡張するために、コスト効率に優れたブロードバンドサービスでMPLS接続を強化することができます。
  • すべてのアプリケーションタイプにおいて高い品質を発揮することで優れたユーザーエクスペリエンスを提供 – モバイルワークスペースにおけるより優れたユーザーエクスペリエンス、並びにIPサービスにおける高品質な音声と動画が実現します。CloudBridge VirtualWANアプライアンスにより、すべてのWAN接続における遅延、ジッタ、パケット損失を継続的に測定、監視し、最高品質のパスを使用するようにルーティングを動的に判断し、高品位なエクスペリエンス実現します。
  •  バックアップリンクをアクティブに – 今日、多くの企業はすでにバックアップリンクを使用していますが、障害が発生するまでそれを活用することができません。CloudBridge VirtualWANにより、企業は簡単かつシームレスにアクティブおよびバックアップリンクの容量をプールすることができ、これにより無駄な帯域幅が排除されます。
  • 優先度の高いアプリケーションの可用性を確保 – 1つまたは複数のWANサービスに障害が生じた場合に、CloudBridge VirtualWANは、フェイルオーバーシステムにより、十分な帯域幅を確保し、残りのパフォーマンスの良いパスを使用してビジネスクリティカルなアプリケーションを伝送できるようにします。
  • WANのパフォーマンスを簡単に管理、監視 – CloudBridge VirtualWAN Centerを通じてWANおよびクラウド、データセンター、ブランチオフィスから配信される全てのアプリケーションを可視化するシンプルなエンドツーエンドの管理システムを提供します。
  • クラウドとブランチをセキュアに接続 – インターネットを使用する際に、お客様のオンプレミスまたはクラウド上のCloudBridgeデバイス間で高度な暗号化を使用して、データセンターとクラウド アプリケーション デリバリーを結合することができます。

提供開始時期
Citrix VirtualWANは、Citrix CloudBridgeアプライアンスにオプション選択可能な新しいソフトウェアとして、2015年第2四半期に提供開始予定です。仮想アプライアンスおよびAmazon Web Service などクラウドパートナー向けバージョンの展開は、2015年第3四半期に提供開始予定です。

Citrixについて

Citrix (NASDAQ:CTXS) は、仮想化、モビリティ管理、ネットワーキングおよびSaaSソリューションの融合を通じて、ビジネスや人々に新しい方法でよりよい働き方を実現するSoftware-Defined Workplace への変革を牽引しています。Citrixのソリューションは、セキュアなモバイルワークスペースによりビジネスのモバイル化を推進します。モバイルワークスペースでは、デバイス、ユーザー、利用するネットワークやクラウドを問わず、アプリケーション、デスクトップ、データ、コミュニケーションに瞬時にアクセスすることができます。シトリックスの2014年度の年間売上高は31.4億ドルで、その製品は世界中の33万以上の企業や組織において1億人以上の人々に利用されています。シトリックスの詳細についてはwww.citrix.co.jpをご覧ください。 

CitrixおよびCloudBridgeは、Citrix Systems, Inc.の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の登録商標または商標です

<本件に関する報道関係問合せ先>

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

広報問い合わせ先

Email: press@citrix.co.jp