「働き方改革」のIT基盤に仮想デスクトップをご採用

お客様事例
【全日本空輸株式会社様】

2013年よりCitrix XenDesktopとCitrix NetScalerを基盤とした仮想デスクトップソリューションを活用されている全日本空輸株式会社様。 お客様目線での業務改革を実施する中で、時間や場所、端末にしばられない働き方を実践されています。

 

 

お客様目線の業務改革で、
サービスと働き方に変革を。

コンシューマITを取り入れ、感動のあるサービスを。
今の時代、お客様はインターネット、スマートフォンやタブレット端末、SNSなどを活用し、豊富に情報をお持ちです。社員もそういったお客様と同じ目線で仕事ができるよう、コンシューマITを意識した仕事環境を整えることで、お客様の期待を超えるサービスの提供を目指しています。

「動くデスク」がワークライフバランスに寄与。
仮想デスクトップは言わば「動くデスク」。介護や育児など社員の働き方も多様化する中、時間や場所にしばられない仕事の環境をつくり、サポートしています。

一人一人の力を最大限に発揮するために。
今、大切なのは個人個人がアンテナを高くして視野を広げ仕事に生かしていくこと。その時間をつくりワークライフバランスを実現するためにも、仮想デスクトップなどの業務効率化のツールを活用すべきだと考えています。

※Citrix正規販売パートナー様はこちらからダウンロードしてください。

シトリックス製品の詳細はこちら

 

仮想デスクトップと働き方改革の、
真の連携を。

場所、デバイスを問わず、安全なデスクトップ環境を実現。
いくつかある仮想デスクトップソリューションの中からCitrix XenDesktopを選んだ大きな理由は3つあります。インターネット経由でのパフォーマンスのよさ、情報漏洩のリスクを低減できること、そしてどんなデバイスでも使えることです。

「働き方がこう変わる」イメージを共有。
ANAグループ内で仮想デスクトップを推進していく上では、社員にイラストを駆使したユーザーガイドでわかりやすく説明し、自宅、移動先、出張先などどこでも使えるといったメリットをアピールして、徐々に理解し慣れてもらいました。

理想は、”anytime, anywhere, any device”
「いつでも、どこでも、どの端末でも」の「どこでも」を推進するため、今トライアルで海外展開をしています。今後は社員それぞれの利用環境に応じた仮想デスクトップ環境も検討し、ITの立場から一層働き方改革に貢献していきたいですね。

※Citrix正規販売パートナー様はこちらからダウンロードしてください。

シトリックス製品の詳細はこちら

 

在宅勤務で、子どもに寄り添う時間ができました。

保育園のお迎え、小学校の説明会も対応しやすく。
子どもは今5歳なのですが、決まった時間に迎えに行ったり、来年の春に向けた小学校の説明会への出席も仮想デスクトップによる在宅勤務で柔軟に対応できるので、ワークライフバランスを実践できています。

子どもの急な病気の際も、在宅勤務でケア。
子どもが感染性の疾患に罹った際、熱が下がった後も一定期間登園させられない日がありました。そんな時も子どもが絵本やDVDを見ていてくれれば、私は家で仕事をしながら一緒にいることができるので、本当に助かりました。

子どもの習い事にも、きちんと向き合って。
習い事の発表会が近づくと練習が平日にもあるのですが、在宅勤務とフレックス制度を使って参加できました。親としてしっかり関わることができ、子どももとても喜んでくれました。

働き方改革にお役立ていだたけるシトリックスのテクノロジーに関する資料を
ダウンロードいただけます

※Citrix正規販売パートナー様はこちらからダウンロードしてください。

シトリックス製品の詳細はこちら