Citrix Hypervisorのライフサイクルマイルストーン 

製品の各リリースの特定のライフサイクルについては、製品マトリクス表(英語)またはレガシー製品マトリクス表(英語)をご覧ください。 製品は、通常のライフサイクルポリシーに従います(詳細についてはライフサイクルマイルストーンのページを参照)。Citrix Hypervisorは、XenServer 7.1より始まる新しいサービスオプションリリース戦略を採用しています。各リリース計画のライフサイクルマイルストーンに関する一般的なガイドラインについては、下記をご覧ください。

通常のフェーズおよびマイルストーンに加えて、下記に定義されている 延長サポート終了 というマイルストーンが、これらの製品の特定のリリースに適用されます。

長期サービスリリース(LTSR)のライフサイクル

シトリックスは、Citrix Hypervisorの長期サービスリリース(LTSR)に対して次のような製品ライフサイクル戦略を適用します。LTSRは、リリース日より最短で5年後に製品終了(EOL)に達します。LTSRは、リリース日より最短で10年後に延長サポート終了(EOES)に達します。シトリックスは、お客様がLTSRを最新の累積アップデート(CU)を使用して維持するよう推奨します。最初の3ヶ月後、コードレベルのメンテナンスは、最新の累積アップデートを通じてのみ提供されます。LTSRは延長サポートプログラムの対象です。LTSRおよびそれに関連する累積アップデートの資格は、Customer Success Servicesの特典となります。製品のリリース日は、当該製品の ダウンロードページに記載されており、各LTSRの個々のEOL日やEOES日は製品マトリクス表またはレガシー製品マトリクス表に記載されています。

延長サポート終了(EOES)

このマイルストーンは、特定の製品リリースが延長サポートプログラムを利用できなくなる時期を示しています。延長サポートプログラムでは、メンテナンス終了(EOM)または製品終了(EOL)の後も追加料金でテクニカルサポートとメンテナンスを提供することにより、お客様がアップグレード計画を管理できるようにしています。詳細については、延長サポートプログラムをご覧ください。

Ready to work better?

Take the next step in your digital transformation journey.

In North America:
1 800 424 8749