Desktop as a Service(Daas)とは?

Desktop as a Service(DaaS)とは、クラウドホステッド型の仮想アプリケーションとデスクトップを、あらゆるデバイスにセキュアに配信できるようにするクラウドコンピューティングソリューションです。このマネージド型のデスクトップ仮想化ソリューションを使うと、セキュアなSaaSアプリケーションやレガシーアプリケーションをはじめ、Windowsベースの完全な仮想デスクトップをプロビジョニングした上で、それらをユーザーに配信できます。DaaSが採用している予測可能な従量制のサブスクリプションモデルにより、オンデマンドでのスケールアップやスケールダウンが容易になります。DaaSは管理しやすく、デスクトップソリューションに伴うIT管理タスクの多くを効率化できます。

DaaSに関するその他のトピックとしては、次のものがあります。

DaaSの仕組み

DaaSは、パブリックまたはプライベートのクラウドサービスを通じて、仮想アプリケーションおよびデスクトップサービスを配信します。ユーザーは、HTMLベースのWebブラウザを介して、またはラップトップ、デスクトップ、シンクライアント、スマートフォン、タブレットなどのデバイスにダウンロードされたセキュアなアプリケーションを介して、インターネット接続経由でこのサービスにアクセスできます。

DaaSはサブスクリプションサービスとして提供されるものであり、本質的にマルチテナント型です。バックエンドの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)(デスクトップオペレーティングシステムを実行する仮想マシンを含む)は、サードパーティのクラウドプロバイダーによりホスティングされています。DaaSプロバイダーは、仮想デスクトップを顧客のエンドユーザーデバイスへとストリーミングします。

DaaSプロバイダーは、VDI環境を管理するほか、メンテナンス、セキュリティ、アップグレード、データのバックアップ、ストレージを管理します。一方、顧客は、アプリケーションとデスクトップイメージを管理します。 DaaSは、独自のオンプレミスVDIソリューションへの投資を望まず、その管理も行いたくない企業や組織とって良い選択肢となります。

VDIとDaaSの違いは何ですか?

VDIとDaaSはどちらも、エンドユーザーが仮想デスクトップにアクセスすることを可能にするものであり、管理者はこれらを利用することで、社内の各デバイスにOSをインストールして管理する必要がなくなります。ただし、これらの2つのタイプの仮想化には重要な違いがあります

VDIの場合、企業や組織は、独自のオンプレミスデータセンター経由で仮想デスクトップを導入します。 社内のITチームは、仮想デスクトップの導入をはじめ、インフラストラクチャの購入、管理、アップグレードに関して責任を負います。

DaaSは基本的にVDIと同じものですが、そのインフラストラクチャがクラウドベースであることが異なります。DaaSソリューションをサブスクライブする企業や組織は、所有するハードウェアを管理する必要はありません。その代わりに、企業や組織は、ユーザーごとのサブスクリプションモデルを利用することで、必要に応じてスケールアップやスケールダウンが行えます。これにより、企業や組織は、繁忙期の臨時スタッフ向け、合併や買収に伴う新規ユーザー向け、または増え続けるハイブリッドワーカー向けに、クラウドデスクトップを迅速にロールアウトできるようになります。

ホワイトペーパー

マネージドDaaSを通じて仮想化のアジリティを高める

DaaS向けのCitrix Virtual Apps and Desktopsオプションを使うと、いかに時間を節約し迅速なスケーリングが行えるようになるかをご紹介しています。

DaaSが必要な理由

従業員は、あらゆるデバイス、あらゆる場所から仕事にアクセスできることを期待しています。このため、企業や組織は、人々が仕事をするために必要なアプリケーションとデスクトップをセキュアに配信するための、低コストでシンプルなソリューションを求めています。従来のPC環境は、従業員のパスワードのリセットから複雑なデータセキュリティ関連のパッチの適用や更新に至るまで、さまざまなIT管理上の課題を抱えています。これらの課題は、IT管理者の貴重な時間を奪うだけでなく、ユーザーエクスペリエンスに影響を与え、生産性を低下させる原因となることもあります。

多くの顧客は仮想化への移行に取り組んでいますが、多くの場合、それを実現するには設備投資と専門的なITスキルが必要となります。このため、多くの企業や組織は、決められた予算内で機能するような効率化されたソリューションを求めています。DaaSは、VDIが提供する一元的な保護や管理を好む顧客にとって最適な選択肢となるほか、専門の企業に基本的なデスクトップ管理を代行させることに魅力を感じている顧客にとっても最適な選択肢となります。

DaaSの主な利点:

柔軟性

従業員、季節労働者、および契約社員は、コスト効率の良いデバイスを通じて、どこからでもアプリケーション、デスクトップ、および機密データに対するセキュアアクセスが行えます。これにより、従業員は仕事をする場所にかかわらず生産性を維持できるようになり、IT部門はBYOD(Bring Your Own Device)プログラムを容易にサポートできるようになります。

スケーラビリティ

企業や組織は、追加のインフラストラクチャに投資する必要なしに、ビジネスニーズに基づいてアプリケーションとデスクトップを迅速にスピンアップできるようになります。これは特に、合併や買収の際、または繁忙期に臨時社員を採用する場合に有益となります。

セキュリティ

DaaSはユーザーにセキュアなアクセスポイントを提供し、管理を効率化します。クラウド上のアプリケーションやデスクトップにアクセスすることで、データをセキュアに保管できるようになるほか、データの損失やデバイスの窃盗からデータを保護できます。

コスト削減

DaaSを使用する場合、企業や組織は、月次または年次のサブスクリプションモデルを通じて、利用した分だけを支払います。また、DaaSを使うことで、企業や組織は、設備費を削減し、より予測可能な運用費モデルを確保できます。

事業継続性

DaaSを使用することで、企業や組織は、災害復旧計画や事業継続計画を容易にサポートできるようになります。企業や組織は、アプリケーションやデスクトップへのセキュアリモートアクセスを迅速に実現することで、自然災害やパンデミック、またはその他の予期せぬ事態が発生した場合でも、稼働状態を維持できます。また、ユーザーを迅速に追加できるほか、企業や組織は使用した分だけを支払います。

互換性

シトリックスが提供するDaaSソリューションを使うと、企業や組織は、キープレイヤーとの緊密なパートナーシップを通じて、さらなるメリットを得ることができます。企業や組織は、仮想化されたアプリケーションやデスクトップを追加のITリソースを必要とすることなくGoogle Cloud経由で素早くプロビジョニングできるほか、Microsoft 365、Teams、Skype for Business、およびその他の日常的なアプリケーションとのシームレスな統合が行えます。

管理

Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用する場合、顧客は、クラウドサービスを自分で管理するか、それともCitrixサービスプロバイダーに管理を代行させるかを選択できます。

DaaSを実現するためのCitrixソリューション

シトリックスが提供するDaaSソリューションを使うと、企業や組織は、ITを複雑にすることもなければセキュリティを低下させることもなく、クラウドアプリケーションとデスクトップをユーザーに迅速かつ簡単に提供できるようになります。Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用することで、フルマネージド型のクラウドアプリケーションとデスクトップを数分でロールアウトできます。また、それらは、ロールアウト後にいつでもクローズできます。 業界の緊密なパートナーシップにより、選択したパブリッククラウドプロバイダー(Google CloudやMicrosoft Azureなど)を簡単に利用することで、アプリケーションやワークスペースへのシームレスなセキュアアクセスを実現できます。企業や組織は使用した分だけを支払えば良いため、ダウンタイム中にアイドル状態となる高価なハードウェアに投資する必要はなくなります。

Citrix Virtual Apps and DesktopsがもたらすDaaS関連の最大のメリットを見る