SASEへの包括的な統合アプローチを通じて、従業員のエンパワーメントを実現‭

あらゆる場所から、あらゆるデバイスを通じて、すべてのアプリケーションへの高速で信頼できるセキュアアクセスを提供

現在、多くの企業は、ビジネスクリティカルなアプリケーションへの高速で信頼できるアクセスを、すべてのリモートユーザーやブランチに提供できるか否かが成功への鍵を握っているような厳しい世界で競い合っています。しかし、ほとんどのアプリケーションがSaaSとして配信されるか、またはクラウド上でホスティングされている中、ユーザーエクスペリエンスとセキュリティ間のバランスを取ることがより難しくなっています。アプリケーションインフラストラクチャのクラウドへの移行がかつてないほどのペースで進んでいるため、データセンターを中心としたネットワークモデルやセキュリティモデルでは対応できなくなっています。しかし、幸いなことに、未来を切り開くようなネットワークセキュリティモデルがすでに登場しており、しかもこのモデルはかつてないほどに導入が簡単なものとなっています。シトリックスが採用しているSecure Access Service Edge(SASE)への統一されたアプローチは、従業員エクスペリエンスに影響を与えることなく、あらゆる場所で従業員を保護するために必要となるクラウド中心のアーキテクチャを提供します。

SASEへの移行を加速 

アプリケーションへの高速で信頼できるセキュアアクセスを確保するためには、ネットワークとセキュリティの両分野における完全な機能性が鍵となります。しかし、多くのベンダーは、SASEプラットフォームのコンポーネントを個別に提供しているだけであり、しかも多くの場合、それらのコンポーネント間では緊密な統合が行われていない状態です。このため、企業や組織は、さまざまなポイントソリューションを組み合わせることを余儀なくされています。これに対して、シトリックスは、クラウドベースの包括的なセキュリティと、ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)、SD-WAN、アナリティクス、セキュアインターネットアクセスを統合し、SASEに対する完全に統合されたアプローチを提供しています。このようなSASEに対する統合アプローチにより、プロビジョニング、可視性、制御における柔軟性を向上せさることで、あらゆる場所で、あらゆるデバイスを通じて、そしてあらゆるアプリケーションにおいて、最良かつ最もセキュアなエクスペリエンスを提供できるようになります。それと同時に、IT部門は、アジリティを維持しつつ、今日の事業継続性や成長に関する要件を満たすことが可能となります。

あらゆる脅威に対する包括的な保護を提供 

多くの企業や組織が、マルウェアやランサムウェアなどのサイバーセキュリティ脅威から身を守るために、懸命な努力を行っています。しかし、残念なことに、従来型のセキュリティアーキテクチャは複雑すぎるため、それを常に最新の状態に保つことは不可能です。これは、大きなリスクが残されたままになっていることを意味します。当然ながら、CIOの10人のうち6人は、企業支給以外のデバイスや企業が認可していないアプリケーションの使用によりリスクが増大すると予想しています1。このような事態に対処するには、迅速な自動アップデートを通じてユーザーを保護するような機能を備えたセキュリティアーキテクチャが必要となります。シトリックスが採用しているSASEに対する統合アプローチは、ZTNAとクラウドベースのセキュリティ(Secure Web Gateway、次世代ファイアウォール機能、AIベースのフォレンジックなど)を組み合わせることで、アタックサーフェスを最小化します。10種類以上の脅威インテリジェンスエンジンを通じた自動アップデートにより、従業員の作業場所や使用するデバイスに関わらず、従業員を最新の脅威から保護できます。

ユーザーエクスペリエンスの向上 

あらゆる業種の経営幹部が、モバイルワーカーやリモートワーカーにシームレスなエクスペリエンスを提供することに注目しています。その理由の1つとして、「どこからでも仕事ができる」時代において、旧式のネットワークおよびセキュリティソリューションでは不十分であることが判明したことが挙げられます。セキュリティのためにトラフィックをデータセンターにバックホールすると、遅延が発生し、WANのボトルネックが生成されます。この結果、従業員の生産性やパフォーマンスが低下することになります。Citrixソリューションを導入すると、企業や組織は、クラウドベースの包括的なセキュリティサービススタックを通じてトラフィックを誘導することで、ヘアピン型やバックホール型のアーキテクチャを一掃できます。また、包括的なSD-WAN機能により、WANのパフォーマンスが変動した場合でも、高速で一貫したアプリケーションエクスペリエンスを保証できます。さらに、100以上のグローバルなセキュリティポイントオブプレゼンス(PoP)と、組み込み型のインフラストラクチャの回復力により、さらなる低遅延と一貫したパフォーマンスを保証することで、比類のないアプリケーションエクスペリエンスを提供できます。

1 PwC

詳細はこちら

アナリストレポート

ESGホワイトペーパー:ハイブリッドワークフォースを受け入れる

レポートを入手する

インフォグラフィック

クラウドベースの統合セキュリティを通じてすべてのアプリケーションを保護

インフォグラフィックを見る

ソリューションブリーフ

クラウドベースのセキュリティを通じてデジタルワークスペースを実現

ソリューション概要をダウンロードする

さあ始めましょう

日本: 
03 4577 5900