従業員エンゲージメントとは何か?

従業員エンゲージメントとは、従業員による仕事および組織のビジネス成果に対する感情的なコミットメントと専門的な投資のことです。従業員エンゲージメントは、従業員の満足度とも関連していますが、仕事に関して抱く幸福度だけではなく、主に従業員の生産性と仕事環境での集中力に関わっています。従業員エンゲージメントは、会社全体の根本的な成功を支えるものです。なぜなら、エンゲージメントの高い従業員は、最善の仕事をする可能性が高いからです。

従業員エンゲージメントに関する重要なトピックとしては、次のものがあります。

なぜ従業員エンゲージメントが重要なのか、そしてそのメリットとは?

エンゲージメントの高い従業員は、仕事における基本的な要件を超えて行動する可能性が高くなります。エンゲージメントの高い従業員は、プロジェクトを予定よりも早く完了させる可能性が高く、ビジネス成果を向上させるために、組織をより俊敏で効率的にする新しい方法を見つけることができます。従業員エンゲージメントの高い従業員は、仕事中に気が散りにくく、物事を成し遂げるための新しい方法を思いつく可能性が高くなります。エンゲージメントの高い従業員は、全体像を見ており、会社の使命を信じているため、優れた仕事環境の中で目標を達成するために、より積極的に同僚や会社を支援しようとします。

従業員のエンゲージメントを向上させることは、いくつかの点で組織にメリットをもたらします。Gallup社によると、従業員エンゲージメントが高い場合には離職率が59%も減少し、意思決定が改善され顧客満足度が向上するほか、利益が約21%も増加します。このようなメリットを考えると、最近のHarvard Business Reviewの調査で、大多数のビジネスオーナーが、従業員のエンゲージメントの高さが会社の成功にとって重要であると回答していたことにも頷けます

従業員エンゲージメントは従業員エクスペリエンスとどのように関係しているか?

従業員エンゲージメントは、従業員エクスペリエンスと密接な相関があります。それは、従業員が企業や組織と関わり合う中で身に付けていく、広範な種類の感じ方や見解を指しています。従業員エクスペリエンスには、同僚や上司との関係をはじめ、テクノロジーやワークスペースでの経験、年間業績評価のような大きな節目など、会社とのあらゆるやりとりが含まれています。

全体的な従業員エクスペリエンスは、各従業員が会社のミッションや目標にどれだけコミットしているかに直接影響を与えるため、強力な従業員エクスペリエンスは従業員エンゲージメントを高める傾向があります。この点を考慮すると、従業員エンゲージメントを高めたいと考えている企業側は、日常的な従業員エクスペリエンスを構成するデジタル環境や文化的環境に細心の注意を払う必要があります。より良い管理とテクノロジーを通じて従業員エクスペリエンスを最適化する戦略を設計することで、企業は、従業員が仕事へのエンゲージメントを高めることを見ようとする傾向があります。

従業員エンゲージメントを測定する方法とは、そして従業員エンゲージメントを高める方法とは?

従業員エンゲージメントを高めるためには、人事部は従業員と共に組織の価値を強化することに取り組む必要があるほか、組織の成功に関して個人的な利害関係を従業員に与える必要があります。従業員のエンゲージメントを測定するための質問としては、次のものがあります。従業員は自分の仕事が見られており重要だと感じているか? 従業員は、自らに成長の機会があること、そしてそれらの目標を追求するための最善の方法を知っているか? 従業員は最良の仕事をするためのツールやテクノロジーを保有しているか?

従業員エンゲージメントを高めるためのベストプラクティスとしては、次のものが挙げられます。

  • 定期的にコミュニケーションを取ること。経営幹部とマネージャー間、およびマネージャーとチームメンバー間でのコミュニケーションを優先させます。全員が仕事を遂行するために必要となるすべてのものを保持していることを確認し、ふさわしい成果があった場合には報酬や表彰をします。また、仕事環境における支援に役立つピアフィードバックを促進します。
  • 理想的な従業員行動をモデル化すること。従業員は、説明責任、透明性、エンゲージメントが組織のトップから始まることを実感する必要があります。これにより、従業員は、組織の感情的コミットメントや価値観が自分自身のものと似通っていることを理解できるようになり、その結果、自分の役割を率先して担うためのエンパワーメントをより強く感じることになります。
  • 従業員のエンゲージメントを測定すること。徹底した従業員エンゲージメント調査(最低でも50~80個の質問と、自由形式の回答欄を設け、より完全な回答ができるようにすること)を作成し、その調査に参加することが重要である理由を従業員に伝えます。従業員が何を言おうと、結果を冷静に受け止め、意見が理解されていることを伝えるようにします。これらの調査結果をツールとして使用することで、今後の意思決定を正しい方向にガイドできるようになるほか、従業員が仕事に対して感情的なコミットメントを持つようになります。

従業員エンゲージメントを高める技術とは?

従業員は、IT部門が生産性を向上させることに注力していると感じている場合、エンゲージメントが向上する可能性が高くなります。テクノロジーは従業員エンゲージメントを促進する要因の1つに過ぎませんが、適切なツールを導入することで、従業員は仕事に集中し最良の成果を出せるようになります。このため、新しいテクノロジーを評価する際には、従業員の賛同を得ることが重要となります。なぜなら、従業員は、組織がニーズに耳を傾け、適切なツールを提供していると感じるほど、仕事でのエンゲージメントを向上させる可能性が高くなるためです。

理想的には、従業員のエンゲージメントを高めるためのテクノロジーは、シンプルで使いやすく、従業員が必要とするすべてのものを単一のデジタルワークスペースで提供するものでなければなりません。このテクノロジーは、すべてのアプリケーションやツールを単一のワークスペースへと統合することで、分散した場所で重要な情報を検索する際に、気が散ることや時間を無駄にすることを防止できます。また、従業員がどこからでも仕事ができるようなテクノロジーを導入することも重要です。これにより従業員は、仕事のやり方に関する選択肢を増やすことができるため、その結果、よりエンゲージメントの高い人材となることができます。

従業員エンゲージメントを向上させるために設計されたテクノロジーの詳細については、デジタルワークスペースに関する用語集のページをご覧ください。