テレワークでのリモートワークフォースとは | Citrix Japan

リモートワークとは、従業員が、従来型のオフィススペース以外の場所から業務をすべて遂行できるようにする働き方のことです。在宅勤務を行うことで、これらの「オフィスの外にいる従業員」は、組織のためのリモートワークフォースを形成します。リモートワークフォースの鍵となる原理は、「仕事とは何をするかであって、どこでするかではない」ということです。これは、リモートワーカーが、企業や組織のオフィススペースの外で生産性を維持し、かつ日常的な仕事をすべて遂行できる必要があることを意味します。

リモートワークフォースの従業員エンゲージメントを確保するために、企業や組織は、ビデオ会議のようなテクノロジーを提供することで、オフィス内外での優れた従業員エクスペリエンスと企業文化を保証する必要があります。

リモートワークフォースに関するその他のトピックとしては、次のものがあります。

リモートワークフォースのメリットとは?

リモートワークフォースは、企業と従業員の両方に多くのメリットをもたらします。

リモートワークフォースが企業にもたらすメリットとしては、次のものが挙げられます。

  • 生産性の向上:リモートワーカーは、従来のオフィススペースで働く従業員と比べて、仕事を超えた働きをすることで、より高い従業員エンゲージメントを示そうとします。これは、リモートワーカーが、毎日の通勤にエネルギーを費やす必要がなく、病欠の日数も少なく、自宅の方が作業環境をより適切にコントロールできるからだと思われます。
  • コスト削減:リモートワーカーは自宅で仕事をするため、企業や組織は、経費の削減やデスクスペースの削減を通じてリモートワークによるメリットを享受できます。オフィススペースを完全に廃止し、完全なリモートワークフォースを実現することを選択している企業もあります。
  • 定着率の向上:可能な限り優秀な人材を採用し定着率を維持したいと考えている企業にとって、リモートワークの柔軟性を提供することは、優秀な従業員を定着させるための実績ある方法です。
  • 業務継続性:リモートワークフォースを導入することで、事業継続性の中断から企業や組織を守ることができます。自然災害や計画停電によりオフィスの閉鎖を余儀なくされた場合でも、リモートワーカーは仕事を中断することなく生産性を維持できます。
  • 持続可能性の向上:リモートワークを実現することで、毎日の通勤時間を短縮し、オンプレミスのデータセンターにかかる電気代を削減できるため、持続可能性を向上させ、企業の二酸化炭素排出量を削減できます。

リモートワークが従業員にもたらすメリットには、次のものがあります。

  • 柔軟性の向上:リモートワーカーは、従来のオフィススペースで働く従業員に比べて、仕事をする場所や時間をより自由に選ぶことができます。このような柔軟性は、リモートワーカーが仕事を疎かにすることなく、洗濯や子供の送り迎えなどの家事をよりよくこなせるようになることを意味します。また、リモートワーカー自身の作業環境を定義できることは、環境における注意散漫をよりよくコントロールすることを通じて集中力を高め、従業員エンゲージメントを向上できることを意味します。
  • 健康上の成果を向上:リモートワークは従業員のワークライフバランスを向上させることが良く知られています。リモートワークを行っている従業員は、オフィスで働く従業員よりもストレスが少なく、士気が高く、病欠も少ないことが報告されています。
  • コストと時間の節約:通勤を必要としないため、リモートワーカーはより多くの時間を仕事に費やすことができます。従業員が半分の時間しかリモートワークを行わない場合でも、オフィス外への移動、駐車、食事にかかる費用を年間数千ドル節約できます。

リモートワークフォースを実現するために必要なテクノロジーとは?

リモートワークにはテクノロジーが欠かせません。リモートワークフォースを効果的に実現するには、オフィスの外での従業員エクスペリエンスをオフィス内と機能的に同じものにする必要があります。これは、リモートワーカーが、仕事をする場所にかかわらず、生産性を高めるために必要となるファイル、ソフトウェア、テクノロジーにリアルタイムでアクセスできるようにする必要があることを意味します。

リモートワークに使用されるテクノロジーには、ビデオ会議、コンテンツコラボレーションプラットフォーム、仮想化などがあります。しかし、これらすべてのツールに関して異なる複数のポイントソリューションを使用すると、テクノロジーの無秩序な増殖を招くこととなり、その結果、IT部門に負荷がかかるようになるほか、リモートワーカーが効果的に働くために必要となる優れた従業員エクスペリエンスが損なわれる場合があります。上記のことを考慮すると、リモートワーカーをエンパワーメントするための最善の方法とは、リモートワークフォースが必要とするすべてのツールとデータを1つのプラットフォームに集めたセキュアなデジタルワークスペースであると言えます。

ホワイトペーパー

ITを複雑化することなく、リモートワーカーをサポートするには

シトリックスが、リモートワーカーのエクスペリエンスに影響を与えることなく、いかにIT効率の向上に役立つかをご紹介します。

リモートワークのリスクとは?

リモートワークフォースを抱える企業や組織は、技術的およびビジネス上のリスクに直面しますが、これらの課題は適切なアプローチを利用することで軽減できます。

第一に、企業や組織は、従業員がデータやアプリケーションにリモートアクセスする際に、それを必要とする従業員のアクセスを制限することなく、データやアプリケーションがセキュアに維持されることを保証する必要があります。リモートワーカーは、パーソナルデバイスや公衆インターネットを通じて企業のリソースやデータにアクセスすることを望んでいますが、機密データを保護するためにこれらのデバイスを保護することは困難な場合があります。このようなリモートワークのセキュリティリスクは、アクセスを保護し、暗号化を使用してパブリックネットワーク上のデータを保護することで軽減できます。

第二に、リモートワークフォースの管理の問題があります。リモートチームの経験がないマネージャーは、同じ建物にいない従業員を管理するのは難しいと感じる場合があります。このようなマネージャーは、リモートワーカーは責任を疎かにするのではないか、あるいはオフィススペースの外では仕事をしないのではないかと心配しているのです。また、リモートワーカーがサイロ化された従業員ではなく、チームメンバーのように感じ行動することを保証するために、文化的なレベルでリモートワーカーを完全に統合することも課題となります。

これらの管理リスクを軽減する最善の方法は、リモートワーカーがチーム内の他のメンバーと連絡を取りやすくし、それらの従業員とのつながりを確保することです。リモートワーカーとのビデオ会議は、オフィス内の従業員との対面での会議と同じように機能します。また、リモートワークフォースが他のチームメンバーといかにして協調して仕事をすべきかを知っていることを保証するために、リモートワーカーが同僚とコミュニケーションやコラボレーションを行う方法に関する期待を共有することも重要です。

リモートワークをサポートするシトリックスのソリューション

リモートワークモデルでは、従業員はあらゆる場所から、あらゆるデバイスを通じて、アプリケーションやデータに対するセキュアで信頼できるアクセスを行う必要があります。シトリックスは、DaaSからセキュアアクセス、そしてアプリケーションデリバリーに至るまで、企業や組織がこのような「いつでも、どこでも」型の働き方をサポートできるようにするために、幅広い種類のソリューションを提供します。

シトリックスと連携するためのより良い方法を提供