リモートワークを実現

混乱の発生時にも業務の運営と生産性を維持

混乱はいつでもやって来ます。そしてそれは、ビジネスを一瞬にして変える可能性があります。多くの組織がこの教訓を学んだのは2020年初頭のことでした。世界的なパンデミックの中で在宅勤務を可能にするために、初めてリモートワークを行う何百万人もの従業員1が、企業リソースへのセキュアアクセスを突如必要とするようになったのです。しかも、そのような状態が、ほんの数週間ではなく何ヶ月も延々と続くことになったのです。将来、同じような出来事により、ビジネスが、いつ、どこで、どのように影響を受けるかは予測できません。しかし、いざという時のために準備することは可能です。ここで仮想アプリケーションおよびデスクトップソリューションの出番となります。

需要の一歩先を行く

必要に迫られた場合であれ、個人のプリファレンスを満たす場合であれ、従業員がリモートワークを行わなければならない機会は今後もたくさんあるでしょう。リモートワークを行う従業員が中断や遅延なくタスクに取り組めるようにすることで、混乱時においても、事業を維持できるようになります。Citrix Virtual Apps and Desktopsを利用すると、IT部門に余計な負担をかけることなく、従業員の生産性を可能な限り高めることが可能となります。業界をリードするこのソリューションは、多くの企業や組織の事業継続計画において大きな役割を果たしています。また、このソリューションを利用することで、管理者は絶えず変化する従業員のニーズにも容易に対応できるようになります。このソリューションは、いかなる状況においても、あらゆるデバイスを通じて、あらゆる場所にいる従業員に対して、仮想アプリケーションおよびデスクトップをセキュアに配信できるようにする最も確実な方法です。

適応が容易

予期せぬ事態が発生した際には、企業のリソースを迅速に展開する必要があります。Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用すると、任意のパブリッククラウド、オンプレミス、またはハイブリッドソリューションを通じて、数千名もの従業員に対するデスクトップやアプリケーションのプロビジョニングを迅速に実施できます。従業員は仕事で使うデバイスやネットワークを自ら選択できる自由と柔軟性を手に入れることができます。一方、IT部門はセキュアに一元管理できるようになります。仮想化ソリューションを導入していない企業や組織であっても、リモートPC機能を使用することで、本格的なVDIで必要となるバックエンドインフラストラクチャを構築する必要なしに、企業リソースへの高速アクセスを実現できます。

データをセキュアに維持

従来のセキュリティ戦略がすでに極限まで追いつめられている中で、アタックサーフェスが拡大すると、モダンなソリューションの必要性がさらに重要となります。驚くべきことに、調査対象となった組織の68%が、すでにエンドポイント攻撃の被害者となった経験があります2。企業データが従業員の自宅から個人用デバイスを通じて定期的にアクセスされるようになると、混乱時には、このようなリスクが飛躍的に増大します3。Citrix Virtual Apps and Desktopsを使うと、企業や組織は個々の従業員に対して適切なレベルのアクセスを提供できるようになります。厳格なコンプライアンスおよび規制管理に対応した一連の高度なセキュリティポリシーを利用することで、企業や組織は、最も貴重なリソースが保護された状態に維持されることを保証できます。

一貫性を維持

将来的には、WindowsからLinuxまで、さらにはグラフィックを多用するアプリケーションに至るまで、さまざまなリモートユーザーがさまざまな環境で仕事を行うことになるでしょう。しかし、すべてのリモートワーカーが例外なく必要とすることが1つあるとすれば、それは一貫性に他なりません。混乱の只中にあって生産性を維持できるかどうかは、企業や組織が可能な限り最良のユーザーエクスペリエンスを継続的に提供できるかどうかにかかっています。Citrix Virtual Apps and Desktopsを利用すると、企業や組織は、従業員がネットワーク品質や場所にかかわらず、いつでもクリアな音声、ビデオ、画像を利用できることを保証できるようになります。従業員がいつでもどこでも仕事ができるようになる一方で、IT部門は、WindowsおよびLinuxアプリケーションの両方を単一の管理コンソールを通じて管理できるようになります。

詳細はこちら

ソリューション概要

事業継続性強化のために今すぐできる3つの方法と手順

ソリューション概要を読む

ビデオ

ワークフォースの継続性と働き方の未来

オンデマンドで視聴する

キット

事業継続性に関する事例キット

キットを取得する