従業員の福利厚生をサポート

従業員向けのパーソナライズされたエクスペリエンスを通じて、仕事における人間的要素に対処

大きな変化の時代には、従業員のニーズが劇的に変化することがあるため、企業や組織は、効果的で満足度の高い職場環境を維持するために対応する必要があります。これは、ワークスペースのテクノロジーが、テクノロジー以上に、人に焦点を当てる必要があることを意味します。ポリシーやプログラムを変更する場合、従業員の福利厚生を考慮に入れる必要があります。調査によれば、従業員のニーズと、従業員エンゲージメント、幸福度、および仕事の有効性を高める基本的要因との間には、関連性があることが明らかになっています1。福利厚生と従業員エクスペリエンスをシームレスに統合する強力なワークスペースプラットフォームが持つパワーを利用することで、企業や組織は、従業員にワークライフバランスを保つために必要となるスペースを提供できます。

福利厚生の文化を創造する 

シトリックスが提供するワークスペースプラットフォームは、最も広く使用されている数百もの従業員向けアプリケーションと緊密に統合されているため、これを使うことで、企業や組織は、従業員をサポートするためのより全体的なデジタル環境を構築できます。Citrixパートナーの支援を得ることで、お客様は、マイクロアプリケーションのワークフローをカスタマイズし、全体的な福利厚生を向上させることができます。休憩を取るためのリマインダーから、仕事がうまくいったときの励ましの言葉に至るまで、Citrix Workspace は、福利厚生が整った環境を従業員にシームレスに提供します。追加となるステップや追加のログインは必要ありません。

HR投資から最大限の利益を得る 

職場におけるストレスの問題は新しいものではありませんが、研究によれば、40%以上の従業員が、現代のリモートワークが持つ「常時オン」という特性の影響により、生産性と安定性の低下に直面していることが明らかとなっています2。 しかし、これは不可避的な問題ではありません。Citrix Workspaceを使うと、幸福度を高めるためにカスタマイズされたエクスペリエンスを提供できます。これにより、従業員がリソースに簡単にアクセスできるようにすることで生産性を向上できるほか、欠勤を減らし、定着率を高めるこができます3。お客様がやるべきことは、従業員にとって最も有益なアクションを特定し、特定のニーズを満たすカスタムワークフローを作成することだけです。

従業員エンゲージメントの向上 

従業員の福利厚生プログラムは目新しいものではありませんが、調査によれば、企業が提供するものと従業員が実際に必要とするものとの間には、しばしばギャップがあることが明らかになっています4。従業員エンゲージメントプロジェクトは、この課題を解決するのに役立ちます。お互いを公に認め合う方法を従業員に提供するだけで、離職率を減らし、仕事に関するやる気を向上できることが明らかになっています5。 Citrix Workspaceを使用すると、パルスサーベイを実施し、良いニュースを共有するためのワークフローを作成できます。これらの行動を組み合わせることで、企業や組織は、収益性の向上や成長率の向上などのような、精神的または感情的な幸福度を超える大きなメリットを得ることができます6

テクノロジーは、私たちの感情を傷つけることもあれば、幸福度の向上に役立つこともあります。  たとえば、テクノロジーは、他の人とつながりを促進するほか、高揚した感情を我々に提供し、自己管理を助け、生産性と効率性を向上させます。

Amit Sood博士
エグゼクティブディレクター
回復力と福利厚生に関するグローバルセンター

従業員の燃え尽きを防ぐ3つの方法

従業員の燃え尽きを防ぎ、ウェルネスを促進するための対策を学びましょう。

記事を読む

さあ始めましょう