e-book:Citrix WorkspaceとVMware Workspace ONEの比較
PDFをダウンロード

Citrix WorkspaceがVMware Workspace ONEよりも優れている12の点

デジタルワークスペースソリューションに必要なのは、ただ日々の業務を支援する機能だけではありません。従業員が いつでも、どこでも、自分にあったやり方で、能力を最大限発揮できる環境を提供するソリューションであるべきです。

シンプルで、柔軟性があり、使いやすいものでなければなりません。しかし、そのような従業員エクスペリエンスを提供できるメーカーは、実際にはそう多くありません。

お客様が新しいワークスペースソリューションの導入を検討している場合、おそらくCitrix WorkspaceとVMware Workspace ONEを検討することになるでしょう。ここでは、3つの分野において、Citrix WorkspaceがVMware Workspace ONEよりも優れている12の点をご紹介します。

01

シトリックスとVMwareの比較:ユーザーエクスペリエンスと生産性

Citrix Workspaceは日常的なタスクを整理、ガイド、自動化する機能を提供します。その結果、従業員エクスペリエンスと生産性の向上、より強固なエンゲージメントが育成できます。また雑音から開放され集中して仕事に取り組めるために業務の質も向上します。

  • 整理:ひとつのワークスペース環境から利用者の業務に必要な情報、アプリ、コンテンツにセキュアなアクセスを提供します。
  • 誘導: 合理化されたワークフローとパーソナライズされたフィードにより、ノイズや注意散漫の原因となる要素を減らし、従業員が最も重要なことに集中できるようにします。
  • 自動化:機械学習を活用することで、日常のルーチンワークを自動化し、時間のかかる瑣末な作業を減らします。

1. インテリジェントなエクスペリエンス

Citrix Workspace

あらゆるデバイスからアクセスできるコンテキストアウェアな統合ユーザーフロントエンドには、アプリケーションやファイルをはじめ、取るべきアクションを伝える通知、および各種のインサイト情報が表示されます。Citrix Workspaceは、従業員が迅速にかつ効率良く仕事を行えるような、一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

VMware Workspace ONE

VMwareのユーザーは複数のツールを使用して、ファイルやアプリケーションにアクセスする必要があります。VMware環境ではニュースフィードやインサイト情報、マイクロアプリケーションなどの機能を提供していません。

2. 制約のあるネットワークにおけるパフォーマンス

Citrix Workspace

SSD-WANテクノロジーはネットワークの状況に応じて、アプリケーション毎に最適化された通信経路を提供します。Citrix HDXプロトコルは、低品質な通信環境でもSkypeやTeamsのようなアプリケーションを快適なユーザーエクスペリエンスで利用可能にします。

VMware Workspace ONE

VMwareのユーザーは、ファイルのロードや画面にコンテンツが完全に表示されるのを待機している際に、生産性が低下するのを目の当たりにします。また、テキストや画像の品質の低下にも悩まされます。

3. Microsoft Officeとの統合

Citrix Workspace

モバイルユーザーは、Citrix Secure Mailに添付されたOfficeファイルをシームレスに開くことができるほか、他のモバイルアプリケーションに対するカット/コピー/ペーストがシームレスに行えます。シトリックスのファイル同期および共有テクノロジーは、Microsoft Teamsと統合できます。

VMware Workspace ONE

モバイルユーザーは、VMware Boxerの電子メールに添付されたOfficeファイルを開く場合やコンテンツのコピー/ペーストを行う場合に煩雑な操作が必要となります。ファイルの同期および共有を行うVMwareのContent Lockerは、Microsoft Teamsとの統合が行えません。

4. コンテンツコラボレーション

Citrix Workspace

Citrixユーザーは、場所やデバイスを問わず、社内の同僚または外部ワーカーのどちらと文書を共有するかにかかわらず、容易にかつより効率的にコラボレーションが行えます。パワーユーザーのために、カスタムワークフローを作成できるドラッグ・アンド・ドロップ式のウィザードもあります。

VMware Workspace ONE

コラボレーションは、ファイルを編集して送ったり戻したりして同期する方法に限定されており、ライブ編集機能はサポートされていません。VMwareは、ワークフローをサポートしていないため、セキュリティが弱くなるほか、紙の帳票のようなフォームを作成するには開発リソースが必要となります。

02

Citrix 与 VMware 的对比:云转型和管理

 

拥有的选择越多,就越有信心成功完成云转型。

这意味着可灵活采用任意内部部署、公共和私有云交付模式的组合。可支持用户首选的任何移动设备,让他们能够在更多的地方执行工作。云转型和管理为用户存储和访问工作文件提供了更多的位置,并使他们能够与同事无缝协作。

但选择不能以牺牲控制为代价。您要能集中管理用户、设备、数据、工作负载和网络,以便在最大限度地提高现有投资效益的同时实现现代化。

1. アプリケーションの保護

Citrix Workspace

シトリックスは、機密データを窃取する可能性のあるキーロギング型およびスクリーンキャプチャ型のマルウェアから、あらゆるタイプのアプリケーション(SaaS、Web、Windows、Linux)を守ります。

VMware Workspace ONE

VMwareは、キーロガーやスクリーンキャプチャなどの脅威に対する防御を提供していません。

2. クラウドアプリケーションセキュリティ

Citrix Workspace

Citrix Workspaceを使うと、セキュリティ管理者は、認可されていないSaaSアプリケーションやインターネットへのアクセスをブロックできるほか、機密データのコピー/ペーストやダウンロードのような操作を禁止できます。セキュリティが強化されたブラウザにより、マルウェア、データ損失、エンドユーザーの行動に対する防御を行うほか、ウェブフィルタにより、不正なウェブサイトへのアクセスを規制できます。

VMware Workspace ONE

VMwareでは、クラウドアプリケーションのセキュリティが限定されているため、セキュリティ意識の高い企業や組織ではサードパーティ製のソリューションを採用する必要があります。その結果、コストと複雑さが増大することになります。コピー/ペーストの制限がなく、電子透かしも提供されないため、機密データがSaaSアプリケーションから流出する可能性があります。

03

シトリックスとVMwareの比較:セキュリティとコンプライアンス

セキュリティチームは、デバイスが公衆網を含むあらゆるネットワークを通じて接続してくる中で、企業のデータ資産を守る必要があります。

これらのセキュリティ上の懸念は、アプリケーションとデータをデータセンターから持ち出せないようにする仮想デスクトップの利用で一部保護することができます。ただし、これはあくまで部分的な解決にすぎません。ユーザーは更にSaaSアプリケーションにアクセスする必要があります。これは、ユーザーがセキュリティおよびコンプライアンス上問題のあるWebサイトにアクセスする可能性があることを意味します。このため、セキュリティモデルでは、機密ファイルをUSBドライブにコピーすることやフィッシングメールを開くことのようなリスキーな行動を考慮に入れる必要があります。これらの行動は、ビジネスをデータ侵害やその他のコンプライアンス関連のリスクにさらす可能性があります。

古い境界防衛型のセキュリティアプローチから、新しいエンドツーエンドのセキュリティへの移行が必要となっています。これは、アプリケーションとデータを保護し、ユーザーアクセスを制御すると同時に、増え続ける数のデバイスおよびサービスをサポートすることを意味します。

1. アプリケーションの保護

Citrix Workspace

シトリックスは、機密データを窃取する可能性のあるキーロギング型およびスクリーンキャプチャ型のマルウェアから、あらゆるタイプのアプリケーション(SaaS、Web、Windows、Linux)を守ります。

VMware Workspace ONE

VMwareは、キーロガーやスクリーンキャプチャなどの脅威に対する防御を提供していません。

2. クラウドアプリケーションセキュリティ

Citrix Workspace

Citrix Workspaceを使うと、セキュリティ管理者は、認可されていないSaaSアプリケーションやインターネットへのアクセスをブロックできるほか、機密データのコピー/ペーストやダウンロードのような操作を禁止できます。セキュリティが強化されたブラウザにより、マルウェア、データ損失、エンドユーザーの行動に対する防御を行うほか、ウェブフィルタにより、不正なウェブサイトへのアクセスを規制できます。

VMware Workspace ONE

VMwareでは、クラウドアプリケーションのセキュリティが限定されているため、セキュリティ意識の高い企業や組織ではサードパーティ製のソリューションを採用する必要があります。その結果、コストと複雑さが増大することになります。コピー/ペーストの制限がなく、電子透かしも提供されないため、機密データがSaaSアプリケーションから流出する可能性があります。

3. ユーザー行動の分析

Citrix Workspace

Citrix Analytics for Securityは、ユーザーによるアプリケーション、デバイス、ネットワーク、およびデータとのインタラクションを独自に収集し相互に関連付けることで、内部および外部の脅威をプロアクティブに特定し対策できるようにします。

VMware Workspace ONE

VMwareでは、分析範囲は限定的であり、AirWatchに登録されているデバイスや自社開発のモバイルアプリケーションのセキュリティを重視したものとなっています。

4. セキュリティモデル

Citrix Workspace

シトリックスはリスクベースのセキュリティモデルを採用しています。このモデルでは、スコアリングを通じて、データへの迅速なアクセスを求めるユーザーのニーズと環境の保護や管理を行うIT部門のニーズとの間でのバランスを動的に取ることが可能となります。

VMware Workspace ONE

VMwareでは機械学習やスコア解析が利用できないため、管理者は静的なしきい値を定義する必要があります。これには、柔軟性がなく、エラーが起こりやすいという欠点があります。

VMware Workspace ONEを含む多くの競合他社ソリューションでは、生産性やエンゲージメントの向上を約束していますが、従業員エクスペリエンスを変革し、従業員の潜在能力を最大限に引き出すことができるソリューションは、Citrix Workspaceだけです。