Citrix Virtual Apps and Desktopsのリリース別機能マトリクス

各種のCitrix Virtual Apps and Desktops製品およびそのバージョンで利用できる機能を確認するには、下記のセクションをご覧ください。Citrix Cloudの一部の機能では、コンポーネントをオンプレミスでインストールすることが必要となる場合があります。

最新のオンプレミス版リリースの固有の情報については、Citrix Virtual Apps and Desktops機能マトリクスを参照してください。 7.15 LTSRベースライン、互換性のあるコンポーネントと機能、除外されるコンポーネントと機能の詳細については、 製品ドキュメントを参照してください。

IT部門の関与レベル
  = リリース内でまったく権利がない
 = IT部門による導入と管理が必要
 = ハイブリッドソリューション (IT部門によるパーツの導入と管理が必要)
 = Citrix Cloudサービス*

* 仮想アプリケーションとデスクトップを実行するVMはIT部門により管理されるため、柔軟性とデータのプライバシーを確保できます。

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
サーバーベースの仮想アプリケーション
(サーバーベースの発行済みアプリケーション)
広範な種類のデバイス経由でのセキュアアクセスを可能にするWindows、Web、Linuxアプリケーションを導入します。アプリケーションは、ローカルインストールされているかのようなパフォーマンスを提供します。

サーバーベースの仮想デスクトップ
(WindowsおよびLinuxのホスト型共有デスクトップ)
拡張性に優れたマルチユーザー仮想デスクトップ。デスクトップ仮想化による柔軟性とモバイル性のメリットを提供すると同時に、強化されたセキュリティとシンプルな管理によってIT管理を最大限に活用します。

VDI (プール化と占有)
デスクトップ用オペレーティングシステム(Windows 10、Windows 7、Linuxなど)は、データセンター内でホスティングされ、オンデマンドでユーザーへと配信されます。これらのデスクトップは、共通のベースイメージを通じてプール化された方式で提供される場合もあれば、高度なユーザーのニーズを満たすために、パーソナライズが可能なユーザー専用の方式で提供される場合もあります。

サーバーベースのVDI
企業およびサービスプロバイダーがオンプレミスで、またはクラウドから個々のユーザーに単一セッションのサーバーベースの仮想デスクトップを提供できるようにします。

リモートPCアクセス
SSL VPNなしで、あるいはデスクトップをデータセンターに移行する必要なしで、HDX環境をフルに活用しつつ、物理PCやラップトップへのセキュアなリモートアクセスを提供します。

VMベースのアプリケーション
アプリケーションの中には、サーバーOSではなくデスクトップOSとしか互換性がないものもあります。VMホステッドアプリケーションを使用すると、アプリケーションを個々のデスクトップVMでホスティングして発行することで、サーバーホステッド型の仮想アプリケーションと同じように、同アプリケーションをシームレスにユーザーへと配信できます。

ユニバーサルWindowsプラットフォームに基づくユニバーサルアプリのサポート(UWP)
Universal Appsとは、広範な種類の最新Windowsデバイス上で動作するように設計された、現代的な対話型のアプリケーションです。このような新しい柔軟性のあるプラットフォームに基づいたアプリケーションを、Windows Server 2016およびWindows 10の両方から任意のデバイスへとシームレスに配信します。

コンテンツの発行
ユーザーがアプリケーションやデスクトップにアクセスする場合に使用するCitrixインターフェイスと同じインターフェイスを経由して、Webサイトやドキュメントなどのコンテンツにアクセスできるようにします。

Microsoft App-Vとの統合をサポート
Microsoft App-Vとの統合を行うと、管理者は、個別のApp-Vサーバーおよびデータベースインフラストラクチャを必要とせずに、Citrix Studioコンソールを介してApp-Vアプリケーションを仮想デスクトップまたはサーバーに配布できるようになります。 App-Vアプリケーションは、相互通信のための共通の分離環境を共有することもできます。
 
テンプレートを使用したポリシーベースのアクセス制御
ポリシーを使うことで、管理者は、ユーザー、グループ、デバイス、IPアドレス範囲、およびその他の基準に基づいて、アプリケーションとデスクトップの配信、可用性、パフォーマンスを制御できるようになります。ポリシーを使うと、周辺機器(ドライブ、プリンター、クリップボード、オーディオ、COMポートなど)へのアクセスの制御や、パフォーマンスの最適化(帯域幅制限、機能の利用可能性、遅延短縮など)が行えるほか、接続制限(ユーザー当たり/アプリケーション当たり/両者当たりのセッション数)も実施できます。テンプレートを利用することで、最大のサーバースケーラビリティやブランチ/リモートワーカーのような必要とされるユースケースに基づく設定が初心者でも行えます。


 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
HDXユーザーエクスペリエンスの最適化
あらゆるネットワーク上のあらゆるデバイスで、優れた高品位のユーザーエクスペリエンスを提供します。Citrix HDXを使用すると、マルチメディア、リアルタイムの音声とビデオのコラボレーション、USB周辺機器(スマートカードや描画/署名タブレットなど)、および3Dグラフィクスを使用する場合でも、ローカルPCに匹敵する仮想エクスペリエンスを実現できます。

HDX Adaptive Transport / Enlightened Data Transport (EDT)
Enlightened Data Transportは、UDP経由のICA用の新しいトランスポート層であり、ユーザーがLAN上に存在するか、それとも高遅延のWAN上に存在するかにかかわらず、可能な限り最良のエクスペリエンスをユーザーに提供するために設計されています。パフォーマンスの向上が、すべての仮想チャネルを通じて実現されています。これには、ファイル転送の高速化(最大10倍)、印刷時間の短縮(従来の5分の1)、セッション応答性の改善(従来の2分の1)に加えて、オーディオおよびビデオの改善が含まれています。
HDX 3D Pro 
HDX 3D Proは、Citrix Virtual Apps and Desktopsを通じて、プロフェッショナル向けの3Dグラフィックスアプリケーションの配信を可能にする特別なテクノロジーのセットです。HDX 3D Proは、任意のハイパーバイザー、クラウド、デバイス、GPUで動作するため、可能な限り最良のエクスペリエンスと柔軟な選択をユーザーに提供できます。

Thinwire 
Citrix Virtual Apps and Desktopsに含まれているモダンなThinwireディスプレイリモーティングテクノロジーは、サーバーのスケーラビリティを最大化すると同時に、モダンなバージョンのWindows上で動作する主流のビジネスアプリケーション向けに、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。これは、配信先のエンドポイントデバイスの新旧にかかわらず提供されます。

Microsoftチーム・デスクトップクライアントの最適化
シトリックスは、仮想化環境内で、完全にネイティブなMicrosoft Teamsの持つ、音声、ビデオ、テレフォニー機能の配信を最適化します。Citrix Virtual Apps and Desktopsは、マルチメディア機能をクライアントへとリダイレクトすることでサーバーのスケーラビリティを最大化することにより、高性能のユーザーエクスペリエンスを実現します。 
  
WebベースのMicrosoft Teamsの最適化
Citrix Virtual Apps and Desktopsに含まれているBrowser Content Redirectionを利用すると、組み込み型のTeamsブラウザのコンテンツを、クライアントへとリダイレクトできます。これにより、オーディオおよびビデオ処理をエンドポイント上で実行することで、仮想化環境内において可能な限り最良のTeamsエクスペリエンスを提供できるようになります。
  
Skype for Business用のHDX RealTime Optimization Pack 
HDX RealTime Optimization Packは、Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Apps and Desktops上でホスティングされる際に、Skype for Businessの音声、ビデオ、テレフォニー機能の配信を最適化します。このOptimization Packは、サーバーのスケーラビリティを最大化することでTCOを最小化するほか、各種の高度な機能をサポートしています。これには、H.264 SVCやQoEレポーティングをはじめ、サードパーティ提供のトランスコーダー、ブリッジ、ゲートウェイ、オーディオレコーディングシステムとの相互運用性が含まれています。

* 新しいLTSRパック
Cisco Jabberの最適化  
(サードパーティによる提供およびサポート)
Cisco Virtualization Experience Media Edition(VXME)を使用している仮想アプリケーションおよびデスクトップ環境内で、Cisco Jabberを最適化します」。メディア処理をエンドポイントデバイスへとオフローディングすることで、可能な限り最良のユーザーエクスペリエンスと最大のサーバースケーラビリティを提供できます。

Avaya One-Xの最適化 
Citrix Virtual Apps and Desktops環境で動作するように設計されており、最適化されたHD品質の音声とビデオの配信を実現します。

Windows Mediaリダイレクト
Windows Mediaリダイレクトは、サーバーがストリーミングオーディオおよびビデオをユーザーに配信する方法の制御と最適化を行います。メディアのランタイムファイルをサーバー上ではなくクライアントデバイス上で再生することにより、Windows Mediaリダイレクトは、マルチメディアファイルの再生に必要となる帯域幅要件を引き下げることができます。Windows Mediaリダイレクトは、仮想Windowsデスクトップ上で実行されるWindows Media Playerおよびその互換ソフトウェアのパフォーマンスを向上させます。

Flashリダイレクト 
発行済みアプリケーション経由でアクセスされるAdobe Flashコンテンツを、サーバーからオフローディングし、ユーザーのデバイス(WindowsまたはLinux)へとリダイレクトすることで、リソースの消費を引き下げ、パフォーマンスを向上できます。

H.264-enhanced HDX SuperCodec
HDX SuperCodecは、HDXが画面上のさまざまなコンテンツタイプごとに最良の圧縮方式を利用できるようになるために、複数のモダンなコーデックテクノロジーを組み合わせたものです。Citrixは、仮想デスクトップでH.264コーデック技術を活用した最初のベンダーであり、当社はH.264テクノロジーを強化し続けることで、より高いフレームレート、最高品質のビデオと3Dグラフィクス、クラス最高の帯域幅効率を実現しています。
  
H.265-enhanced HDX SuperCodec
シトリックスは、仮想アプリケーションや仮想デスクトップにおいて、リモートグラフィクスやビデオのハードウェアアクセラレーションに、最新の業界標準であるH.265(高効率ビデオコーディング)を採用している唯一のベンダーです。

HDX Mobile 
HDX Mobileを使うと、モバイルデバイス上のサポートされているWindowsアプリケーションおよびデスクトップで作業するCitrixユーザーのエクスペリエンスを向上させることができます。HDXにはネイティブのインターフェイス制御チャネルが含まれているため、Windowsアプリケーションをリファクタリングすることによりタッチエクスペリエンスを実現できるほか、マルチタッチジェスチャーやネイティブメニュー制御などのデバイスの機能を活用できます。

セッションの継続 
ユーザーがアプリケーションを閉じた後も、同ユーザーのセッションをオープン状態に保つことにより、迅速なアプリケーションの再接続を行うことや、ログオン処理を繰り返さずに新しいアプリケーションをオープンすることを可能にします。

ローカルアプリケーションのアクセス 
エンドポイントデバイス上にローカルインストールされているWindowsアプリケーションがローカルに実行される場合であっても、同アプリケーションがフルスクリーンの仮想デスクトップセッション内でシームレスに表示されることを許可します。

Citrix Casting
Citrix Castingは、ユーザーがモバイルデバイスから、Citrix Readyのワークスペースハブに接続されている任意のディスプレイへと、Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションをセキュアかつシームレスに移行することを可能にします。
  
Citrix Readyのワークスペースハブ
Citrix Readyワークスペースハブは、Raspberry Piプラットフォーム上で開発された、コスト効率に優れたハイパフォーマンスのエンタープライズグレードのシンクライアントです。

Citrix X1 Mouse 
専用に構築されたBluetooth対応の無線マウスであり、iOSデバイスやAndroidデバイスからアプリケーションおよびデスクトップに接続する場合に使用します。正確なインタラクションを可能にすると同時に、ラップトップやデスクトップを使って仕事をする必要性がなくなるほどの、強化されたモバイルエクスペリエンスを提供します。

SAMLを使用したシングルサインオン 
StoreFrontをSAML Identity Providerと直接統合することで、リソースに対する真のシングルサインオンソリューションを実現できます。
Webベースのセルフサービスによるパスワードのリセット 
Citrix StoreFrontを使うと、セルフサービスによるパスワードリセットのセットアップおよび設定を簡素化できます。直感的なWebベースのセルフサービスポータルにより、エンドユーザーは、各自のドメインパスワードのロック解除やリセットを素早く簡単に行えます。
Citrix SD-WANによるWAN最適化
WAN経由でのCitrix Virtual Apps and Desktopsのキャパシティとパフォーマンスを大幅に向上させると同時に、パブリックおよびプライベートネットワーク経由でアプリケーションを高速化する統合プラットフォームを提供することで、パフォーマンスおよびエンドユーザーエクスペリエンスを向上させます。Citrix SD-WAN VPX(WANOPエディション)アプライアンスは、ブランチオフィス用に含まれています。Citrix SD-WANアプライアンスは別途購入する必要があります。
Citrix SD-WANプラグイン 
Windowsラップトップおよびワークステーションで実行できるソフトウェアベースのネットワークアクセラレータークライアントです。Citrix SD-WANアプライアンスを使用するオフィスだけでなく、どこからでもアプリケーションパフォーマンスを高速化できます。
HDXマルチストリームICA 
HDX仮想チャネルを最大4つのTCP/IPストリームと2つのUDPストリームに配信するオプションを提供します。これにより、ネットワーク上でのQuality of Service(QoS)ルーティングに関する完全な柔軟性を顧客に提供できるほか、他のHTTPトラフィックを中断することなく、優れたオーディオ/ビジュアル品質を提供できます。

ブラウザコンテンツリダイレクション: サーバーのスケーラビリティを最大限に高め、ユーザーエクスペリエンスを最適化するために、Webブラウザのコンテンツ全体をクライアントに表示するようにリダイレクトします。 
HTML5ビデオリダイレクション 
HTML5ビデオコンテンツを、IT部門により制御される社内サイトにおけるエンドポイントデバイスへとオフローディングします。これにより、リッチコンテンツに関して可能な限り最良のユーザーエクスペリエンスを提供できると同時に、最大のサーバースケーラビリティを維持できます。

ユニバーサルプリンタドライバ 
標準のプリンターベンダーやモデルのドライバの代わりに、任意のプリンターデバイスで使用できる汎用プリンタードライバのセットです。

ユニバーサルプリンター サーバー 
Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションからの印刷ジョブを処理するためにWindowsプリントサーバーにインストールされるオプションのサーバーコンポーネントです。
Citrix Profile Management 
ストリーミング、包含/除外、同期およびレポート作成を含む、包括的なプロファイル処理および最適化機能です。
事前起動 
セッション作成プロセスを迅速化することにより、ローカルライクなアプリケーション起動エクスペリエンスを実現します。事前起動を使用すると、セッションはアクティブ状態または接続解除状態でユーザーを待機することで、既にアクティブなアプリケーションセッションへの瞬時のアクセスが可能となり、ローカルライクな迅速なアプリケーション起動エクスペリエンスを実現できます。
Workspace Environment Management (WEM)
WEMは、ユーザーエクスペリエンスの最適化、ユーザーログインの高速化、ユーザー環境の管理しやすさの向上、サーバースケーラビリティの改善による顧客コストの削減を通じて、Citrix Virtual Apps and Desktopsの配備環境に素晴らしい付加価値を提供します。

Citrix ITSM ServiceNow Adapter
Citrix ITSM Adapter for ServiceNowは、Citrix Virtual Apps and DesktopsとServiceNow間での単一統合点を提供するクラウドサービスです。このサービスを利用すると、設定要らずのワークフローを使用して企業内における一般的なタスクを自動化することで、効率性、コンプライアンス、生産性を向上できます。


 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
Citrix Provisioning 
WindowsおよびLinux OSのイメージワークロードをストリーミングすることで、物理環境であれ仮想環境であれ、あらゆる規模の配備環境の管理を簡素化します。これにより、必要な共有ストレージの量を削減できるほか、Provisioning Services専用の高速ロールアウトおよび高速ロールバック機能を使用した、マシンのパッチ適用およびアップデート機能を大幅に簡素化できます。

User Personalization Layer(UPL)
ユーザーによるカスタマイズをキャプチャする統合テクノロジーであり、非永続的なマシンにログインしているユーザーに永続的なエクスペリエンスを提供します。 
     
Citrix Provisioningアクセラレータ 
Citrix Hypervisorを、Citrix Provisioning ServicesおよびCitrix Virtual Apps and Desktopsと共に実行することで、ハイパーバイザーホスト上におけるストリーミングされたVMデータのキャッシングが可能となります。このキャッシュを利用すると、特に大規模環境でのVMのパフォーマンスを向上できると同時に、ネットワーク消費量を削減し、Citrix Provisioningサーバー上のリソースを節約できます。
Citrix Machine Creation
Citrix Studioコンソール経由でのイメージ管理とプロビジョニングの制御により、管理を簡素化します。特に、パブリッククラウドまたはハイブリッドクラウドの導入に役立ちます。パブリッククラウドおよびハイパーバイザーのAPIと直接統合することで、管理を合理化します。


Citrix App Layering
管理者が、オペレーティングシステム、アプリケーション、およびユーザーごとのパーソナライズが可能な個別レイヤーを作成できるようにします。これらのレイヤーは実行時に結合され、最適なユーザーエクスペリエンスを提供します。 階層型の配備環境は、コストおよび管理に関して大きなメリットを提供できると同時に、カスタマイズされたデスクトップエクスペリエンスをユーザーに提供できます。 

*ユーザーレイヤーと複数のプラットフォームにはPremiumが必要になります。

Microsoft Azure 
Azureは、Citrixソリューションの戦略的なパブリッククラウドベンダーとして認識されています。Azure上のクラウドプロビジョニングを使うと、IT部門は、オンプレミス環境から、Microsoft Azure上のアプリケーションとデスクトップのワークロードを動的にプロビジョニングできます。または、Azure内に新しい環境を完全に導入できます。

Microsoft Windows Virtual Desktop
Windows10マルチセッションを含むMicrosoft Windows Virtual Desktopの一部として、Citrix Virtual Apps and DesktopsワークロードのMicrosoft Azureへの導入をサポートします。

   
Azure Government
Microsoft Azure GovernmentへのCitrix Virtual Apps and Desktops ワークロードの導入をサポートします。
  
Azure Germany
Citrix Virtual Apps and DesktopsワークロードのMicrosoft Azure Germanyへの導入をサポートします
  
Amazon Web Services (AWS) 
ハイブリッド クラウドプロビジョニングを使うと、IT部門は、Amazon Web Servicesにおけるアプリケーションやデスクトップのワークロードを動的にプロビジョニングできます。

Google Cloud Platform(GCP)の電源管理
Citrix Cloud Virtual Apps and DesktopsサービスによるGoogle Cloud Platform(GCP)の電力管理サポートは、Google Cloudインスタンスを利用するためのより良い方法を提供します。この新しいイノベーションにより、お客様は、GCPへのホスティング接続の作成、マネージドマシンカタログの作成、Citrix Studio UIから各自のGCPリソースを直接ブラウジングすること、および管理者に完全な電源管理制御を提供することが可能になりました。
    
Citrix Hypervisor 
既存のHyper-V仮想化ソリューションとの容易な統合により、マシンのプロビジョニングが行えるほか、いつでもインフラストラクチャを拡張または変更できる柔軟性を提供します。Citrix Hypervisor vGPU共有は、3Dアプリケーションを仮想化する際に、可能な限り最良のグラフィックスエクスペリエンスを提供します。
Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 
既存のHyper-V仮想化ソリューションとの容易な統合により、マシンのプロビジョニングが行えるほか、いつでもインフラストラクチャを拡張または変更できる柔軟性を提供します。
VMware vSphere 
既存のHyper-V仮想化ソリューションとの容易な統合により、マシンのプロビジョニングが行えるほか、いつでもインフラストラクチャを拡張または変更できる柔軟性を提供します。
Nutanix Acropolis 
Citrix Studio内での統合は、導入をシンプル化し、インフラストラクチャのコストを削減するターンキーハイパーコンバージドインフラストラクチャソリューションの組み込み仮想化を提供します。 

 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
ユニバーサル企業アップストア
(StoreFront)
Citrix Virtual Apps and Desktopsのリソースを1か所に集約し、すべてのデバイスから単一のポータルを介してWindowsアプリケーション、デスクトップ、および内部Webアプリケーションへのセルフサービスアクセスを提供します。
匿名(非認証)アクセス
StoreFrontが、認証なしにユーザーセッションへのアクセスを提供できるようにします。この機能は、通常、アプリケーション自体が独自の認証を必要とする場合に利用されます。管理者は、オプションで、特定のストアが(認証なしの)匿名アクセスをサポートするように設定できます。
カスタマイズSDKを保存
管理者は、ユーザーの場所、同ユーザーが使用するデバイスタイプ、またはスマートアクセスポリシーに基づいて、アプリケーションやデスクトップへのアクセスを制限できます。ユーザーがアプリケーションの開始および利用を通じて、アプリケーションへのアクセスをカスタマイズする方法に関するビジネスロジックを作成および定義することで、同ロジックが自社ビジネスのニーズを満たすようにします。

タイプまたはキーワードによるリソースフィルタリング
アプリケーションの説明フィールドまたはプロパティの種類に含まれるキーワードをフィルタして、特定のユーザーに表示されるアプリケーションを調整します。
お気に入りのアプリケーション
ユーザーが、お気に入りのアプリケーションや良く利用するアプリケーションのリストを定義できるようにすることで、迅速なアクセスを実現します。IT部門は、フィーチャーされたアプリケーションを構成することで、ミッションクリティカルなプログラムへの簡単なアクセスを実現します。

 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
Citrix Workspaceアプリ
Citrix Workspaceアプリは、ユーザーがお気に入りのWindows/Linux/モバイル/SaaS/Webアプリケーション、デスクトップ、ファイルに対して即座にかつシームレスにアクセスできるようにする、オールインワンタイプのアプリケーションです。ユーザーは、必要とするアプリケーションへの中断されないアクセスを確保できる一方で、IT部門は、ユーザーアカウントやパスワードポリシーに関する完全な制御を保持することで、企業セキュリティを強化できます。(プラットフォーム別の詳細については、Citrix Workspaceアプリ 機能マトリクスをご覧ください。)
Citrix Receiver 
認証済みのユーザー向けに特別に、アプリケーションやリソースにアクセスするためのクライアントデバイスを自動的にインストールおよび設定する、レガシークライアントインターフェイスです。Windows、Mac、Linux、iOS、Androidを含む、広範な種類のOSプラットフォームで利用できます。*Citrix Workspaceには、Citrix Receiverおよびその他の完全な機能が含まれています。
Citrix Workspace Experience
Workspace Experience U/Iは、お客様が保有しているあらゆるデジタルワークスペースリソースを列挙した上で、それらをCitrix Workspaceアプリに配信するCitrix Cloudサービスです。オンプレミスのお客様は、Citrix Cloudサービスで利用可能なCitrixサイトアグリゲーションを使用することで、オンプレミスの仮想アプリケーションとデスクトップ環境を集約できるほか、時間ベースのワンタイムパスワードを使用する簡単な2要素認証を提供することで、セキュリティを強化できます。Citrix Workspace Experienceの詳細については、 こちらをご覧ください。
    
Citrix StoreFront 
IT部門が、Citrix Virtual Apps and Desktops内のリソースを1ヶ所に集約した企業アップストアを作成できるようにします。作成された ストア は、あらゆるデバイスからの、単一のポータルを通じた、 Windowsアプリケーションやデスクトップへのセルフサービスアクセスをユーザーに提供します。管理者には、企業アプリケーションおよびデスクトップを管理し、それらをユーザー向けにプロビジョニングするための単一の場所が与えられます。
クライアントレスHTML5アクセス
一般的なブラウザやGoogle Chromeデバイスから業務アプリケーションおよびデスクトップにアクセスする場合に、画期的なパフォーマンスを提供します。2Dおよび3Dアプリケーションの両者におけるグラフィックスエクスペリエンスを強化し、非常に低い帯域幅でのオーディオ-ビデオエクスペリエンスを改善します。

Non-adminクライアントのインストール 
Receiver for Windowsをインストールするためにユーザーに「管理者」の特権を与える必要がなくなり、アプリケーションアクセスを簡素化します。 

 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
FIPSの準拠 
Citrix Virtual Apps and Desktopsは、連邦情報処理規格(FIPS)140-2に準拠しています。
   
情報セキュリティ国際評価基認定
Citrix Virtual Apps and Desktops 7.15 LTSRは、情報セキュリティ国際評価基準の認定を取得しています。

* 詳細については、https://www.commoncriteriaportal.org/products/をご覧ください。

   
508 コンプライアンス
シトリックスは、Section508への準拠など、よく知られたアクセシビリティ標準のサポートに取り組んでいます。
   
SmartAccess 
きめ細かなコンテキストベースのポリシーエンジンでは、スマートアクセスポリシー管理を採用しており、粒度の細かいシナリオに固有のレベルで、印刷、コピー/ペースト、ドライブのマッピングのような個々のタスクを許可または拒否することにより、さまざまなユースケースのシナリオのニーズに対応します。本機能は、Premiumエディションに含まれているCitrix Gatewayのユニバーサルライセンスで提供されます。
Citrix Gatewayサービス経由のICAプロキシ 
ハードウェアおよびソフトウェアベースのSSLプロキシであり、リモートユーザーが、Citrix Virtual Apps and Desktops経由で発行済みのデータセンターホステッド型アプリケーションへのセキュアアクセスを行えるようにします。すべてのホステッドアプリケーションのトラフィックをプロキシ化することで、追加のポートをオープンする必要なしに、ファイアウォールの通過を実現できます。ICA® Proxyを使うと、VPNを必要とすることなく、Citrix Virtual Apps and Desktops上で発行済みの仮想Windowsアプリケーションおよびデスクトップへのセキュアアクセスを提供すると同時に、データセンター内でアプリケーション、デスクトップ、データを安全に保護された状態に保つことができます。
    
エンドポイントのスキャンと拡張可能な分析 
クライアントは、管理者が定義した基準に従ってスキャンされた後、最新のセキュリティソフトウェアやオペレーティングシステムのホットフィックスなどに関する適切な設定が行われます。エンドポイント分析は、業界標準の開発ツールを使用し拡張できます。
Azure Active Directoryへの連携認証
Azure Active Directoryへの認証により、アプリやデスクトップに安全なシングルサインオンを提供します。

* オンプレミスのCitrix Gatewayが必要になります。
 

 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
アプリケーションデリバリーの中央での一元化 
アプリケーションは、データセンター内のサーバー上で実行されるように構成されます。アプリケーションとデータはデータセンターで維持され、ユーザーのデバイス上には保存されないため、セキュリティとコンプライアンスを向上できます。

一元化されたデスクトップ配信 
サーバーベースのVDIデスクトップは、データセンターに配置されます。この方法でデスクトップデリバリーを行うことで、ユーザーのデバイスに関係なく、完全なデスクトップのユーザーエクスペリエンスを保証できます。

周辺機器の接続制御 
管理者が、仮想セッションとエンドユーザーデバイス間で転送されるデータを制御するポリシーを定義できるようにします。特定のユーザーにおいて、ハードドライブ、プリンター、USB、COMポート、クリップボードがマッピングされるかどうかを制限します。

セッションウォーターマーク
データの盗難を防止および追跡するために、アプリケーションまたはデスクトップセッションにテキストベースのウォーターマークを表示するセキュリティポリシー。
  
ShareFileとの統合 
ShareFileコンテンツを、ファイルアクセスやコラボレーションのための最適化されたオンデマンドエクスペリエンスと統合します。管理者は、セキュリティポリシーとエンドユーザープレゼンテーションを制御することで、コンプライアンスやデータ統治のニーズを満たします。

TLS/SSL 暗号化 
Transport Layer Security (TLS)およびSecure Socket Layer (SSL) の暗号化により、すべてのアプリケーションデリバリー通信が安全に行われることを保証できます。

AES サポート 
Advanced Encryption Standard (AES) は、厳しいセキュリティ要件を持つ多くの政府機関や組織で必要とされています。

信頼できるサーバー構成
Internet Explorerの「信頼できるWebサイト」機能と同様に、信頼されたサーバーの構成は、ユーザーが承認されていないサーバーや信頼されていないサーバーにアクセスすることを防ぎます。 


 

Citrix StoreFrontによる認証
Citrix Virtual Apps and DesktopsへのCitrix Workspaceエクスペリエンス認証に関する詳細は、次のWebサイトを参照してください。https://www.citrix.co.jp/products/citrix-workspace/roadmap.html

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース

Active directoryのサポート
この確立されたプラットフォームをサポートすることにより、ユーザーがリソースにアクセスする際に適切に認証されることを保証できます。

フェデレーション認証サービス

Citrix Gateway(旧称NetScaler)を通じてStoreFrontおよびSAMLベースのアイデンティティプロバイダー(Azure AD、Okta、Pingなど)と統合し、アプリケーションおよびデスクトップへの安全なシングルサインオンを提供するとともに、B2B統合を利用する契約者、パートナー、および従業員のアカウント管理をシンプル化します。

多要素認証 
RSA SecureID、RADIUSサーバー、Aladdin SafeWord for Citrix StoreFront(旧称NetScaler)などの統合ソリューションを通じて、あらゆる場所からのセキュアアクセスを強化します。

Kerberos認証 
Kerberosは、ユーザー認証を簡素化し、ユーザーがCitrix Gateway(旧称 NetScaler)を介してCitrix StoreFrontからアプリケーションにアクセスする際に、ログオンチェーンの整合性を確保しながらログオンポイントを削減します。

スマートカードのサポート 
ホステッド型のアプリケーションとデスクトップに対するスマートカード認証をサポートするほか、Citrix Gateway(旧称NetScaler)経由のCitrix StoreFrontでのパススルーをサポートします。これには、Common Access Card(CAC)やPersonal Identity Verification(PIV)などのカードが含まれます。

パススルー認証 
ユーザーのデスクトップパスワードを、Citrix Gateway(旧称NetScaler)経由でCitrix StoreFront上のサーバーに渡す機能を提供します。これにより、複数のシステムおよびアプリケーションの認証が必要なくなります。

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース

中央にある一元管理コンソール
サーバー、アプリケーション、ライセンス、プリンター、ユーザーを含むインフラストラクチャ全体を、どこからでも完全に管理できる包括的なインターフェイスです。


シトリックスのクラウドベースの管理
シトリックスがホスティングする管理インターフェイスであり、最新機能をサポートすることにより、最新の管理エクスペリエンスを保証します。また、その他のCitrix Cloudサービス(Content CollaborationやEndpoint Managementなど)を簡単に追加できるほか、サービス間で機能を共有できます。
    

アプリケーショングループとタグ付け
複数のアプリケーションを論理コレクションへとグループ化することで、アプリケーションの発行、設定管理、リソースの節約が容易に行えるようになります。タグ付け機能を使用すると、管理者は、個々のマシン発行およびマシンのサブセットへの発行など、幅広い種類の発行シナリオに対応できるようになります。



Active Directoryのグループポリシーとの統合
グループポリシーテンプレートと、Microsoft Active Directoryグループポリシーベースの管理との統合により、最も複雑な環境においても、サーバー、アプリケーション、ユーザー・アクセスの構成を迅速に行うことができます。



権限委譲 
特定の管理タスクを個々のユーザーまたはグループ(ヘルプデスクスタップやサポートチームなど)に割り当てる機能を提供します。大規模なIT部門が、コンプライアンスおよび制御のための管理機能の範囲と役割を分離できるようにします。



Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM) の統合 
SCCMで提供されるポリシー適用およびレポートプロセスとツールを活用しながら、プールされたデスクトップおよびサーバーイメージをSystem Centerから簡単に管理できるようにします。

 

 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
エンタープライズの規模
Citrix Virtual Apps and Desktopsは、数万人のユーザーをサポートするグローバルなエンタープライズ環境でテストされ、実装されています。

ローカルホストキャッシュ
集中管理への接続が切断された場合に、ユーザーがアプリケーションやデスクトップに接続できるようにします。

単一障害点を無に
必要なデータベース、コントローラー、およびその他のインフラストラクチャ コンポーネントを冗長化するための複数のオプション。

容易なマルチロケーション管理
さまざまなパブリッククラウドとプライベートクラウド、およびCitrix Workspaceアプライアンスで、複数のリソースの場所を容易に拡張し管理できます。
    
Citrix Cloudのサービス品質保証契約(SLA)
クラウドサービスは、ここで定義されている高度なサービス可用性を実現するために、業界のベストプラクティスを使用して設計されています。
    

 

内容

仮想アプリケーションとデスクトップサービス



1912長期
サービスリリース
7.15 長期サービスリリース
Citrix AutoScale
Citrix管理者は、スケジュールベースのスケーリング、負荷ベースのスケーリング、またはその両方の組み合わせをサポートすることで、ピーク時と非ピーク時、または負荷に基づいてワークロードの電源のオン/オフを自動的に切り替えることができます。これにより、必要に応じてワークロードの電源をオンにすることで、コストを削減し設備稼働率を向上できます。
    
Citrix Director 
Citrix Directorが提供する単一のWebベースのコンソールを利用することで、ITヘルプデスク管理者は、仮想デスクトップとアプリケーションを使用している数千人のユーザーの監視、トラブルシューティング、および支援を、1人のユーザーの場合と同じくらい簡単に行えるようになります。また、同じコンソールを使うことで、配信されたアプリケーションとデスクトップを使用しているユーザーを支援できます。

高度な分析 
Citrix Directorダッシュボード経由で利用できるトレンド分析により、管理者は、マシンの障害などに関する洞察を確保できるようになるほか、エスカレーションチームが問題を迅速にトラブルシューティングして解決できるようにします。

ゾーン
ユーザーの現在の接続元、アプリケーションが存在するデータセンター、ユーザープロファイルの場所などの基準に基づいて、ユーザーがアプリケーションやデスクトップに接続可能となるための方法を定義します。IT部門は、ビジネス目標を達成すると同時に、最高のユーザーエクスペリエンスを実現できます。


負荷分散と接続制限
負荷管理は、サーバー負荷を計測することで、現行の環境条件の下で、ユーザーログインに関してどのサーバーを選択すべきかを決定します。接続制限は、多くのユーザーが一度に同じ環境にログオンする際に、サーバー負荷を自動的に制御することで、新しいサーバーが過負荷状態となるのを防ぎます。これにより、利用可能な仮想アプリケーションサーバー間でユーザーが分散されることを保証できるほか、一貫性のある信頼できるユーザーアクセスエクスペリエンスを提供できます。

接続のコントロール 
管理者は、各ユーザーが環境に対して保有できる総同時接続数の上限を設定できます。また、管理者は、ユーザーが同じ発行済みアプリケーションのインスタンスを複数起動することを禁止できます。

クラウドベースのライセンス管理
柔軟なライセンス割り当てのコントロールにより、管理者は組織のニーズの変化に応じてライセンスをリリースおよび再割り当てできます。
    
アプリケーションのユーザー負荷
個々のホステッドアプリケーションへの接続を許可されるユーザー数を制限します。これは、アプリケーションのライセンス要件を満たす場合に役立ちます。

Citrix Hypervisor VMのポータビリティ 
GPU仮想化機能に加えて、ユーザーの操作を中断することなく物理サーバー間における仮想ワークロードのライブマイグレーションを行える機能を含む、完全な機能を備えたハイパーバイザーです。
アプリケーションとデスクトップについて
システム全体またはサイト全体の状態をテストするための自動起動をスケジュールすることで、アプリケーションとデスクトップの状態をプロアクティブに監視します。
  
システム監視とレポート 
Citrix Directorを使用すると、管理者は、システムリソースを効率的に管理および監視できるほか、アプリケーションやサーバーの可用性、パフォーマンス、キャパシティに関するレポートを生成できるようになります。

過去のパフォーマンスのトレンド分析
パフォーマンスのトレンドを分析することで、プロアクティブなキャパシティ計画や導入の最適化を実現します。最大1年間のトレンドデータが利用可能であり、詳細なパフォーマンス管理とキャパシティ管理を通じて、お客様がお使いのインフラストラクチャを追跡できるようにします。

カスタムレポートの作成
お客様が組み込み型のトレンドレポートが提供する以上のものを必要とする場合、Director内で独自のレポートを構築できます。直観的に理解しやすいインターフェイスを通じて、広範な種類のデータポイントにアクセスできます。レポートを保存することで、必要に応じて対応するODATAクエリにより同レポートを共有できます。 

SCOMアラート 
全体的な可視化を向上させるために、DirectorのWebベースのコンソールを通じてSCOMからのアラートを表示します。
プロアクティブな通知とアラート 
CPU、メモリ、ネットワークなどの主要なメトリクスに関する警告しきい値およびクリティカルなしきい値を設定することで、それらのしきい値に達した場合に通知を受け取るようにします。アラートは、標準のSNMPシステムと統合できます。

ユーザーエクスペリエンス ネットワーク分析
Citrix HDX Insightによって提供されるネットワーク分析は、この高度な機能によってHDXネットワークパフォーマンスの分離と管理を可能にします。 
セッションレコーディング
企業ポリシーと規制コンプライアンスに従って、任意の接続タイプを介して、サーバーOSまたはデスクトップOS用のVDAによりホスティングされた任意のユーザーセッションの画面上のアクティビティを記録します。
構成のロギング
導入を構成するために行われた管理上の変更を追跡します。管理上の変更は誰がいつ行われたかに基づいて行われ、トラブルシューティングを簡素化および迅速化し、監査コンプライアンスを確保します。 

Citrix Insightサービス 
診断情報を収集した後、お客様の配備環境からcis.citrix.comへとその情報をアップロードすることにより、問題をプロアクティブに回避すると共に、問題が発生した場合にはそれを迅速に解決します。ヘルスチェックにより環境を分析することで、設定ミスを見つけ、セキュリティアップデートを特定し、ベストプラクティスを提案します。
