オンデマンドウェビナー

中小企業はリモートワーカーを保護するために防御力の向上を必要としている

エンドツーエンドのコンテキストに応じたアクセスにより、ユーザー、アプリケーション、データを保護

リモートワークへの移行が、パンデミックへの対応からビジネスのやり方が変化していく中で、サイバー攻撃者は焦点を変化させています。  攻撃者は、リモートワーカーが重要なビジネスデータにアクセスするために使用するシステムをハッキングすることに目を向けています。  VPNやマルウェア対策製品のような簡単なサイバーセキュリティツールを使用しても、企業や組織を守るには十分ではありません。  コラボレーションツールやファイル共有に注目した新たな脅威や、企業アプリケーションと同じデバイス上で動作する個人用のメールアカウントを標的としたフィッシング攻撃は、いずれも悪質でありかつ一般的なものとなっています。  そして、毎日のように新たな脅威が出現しています。

リモートワークは真にセキュアでなければなりません。そのためには、包括的なセキュリティを提供するように設計されたリモートワーク用のサイバーセキュリティソリューションが必要となります。  

このオンデマンドウェビナーに参加することで、次のことを理解できるようになります。

  • 新たなリモートワークの攻撃ベクトルとは
  • 非マネージド型のデバイスがもたらすリスク
  • 「ゼロトラスト」のコンセプトがいかに機能するか、そしてそれが提供する保護
  • 中小企業のニーズと予算に合ったソリューションとは

講演者:

Aaron Goldberg氏
CEO
Content 4 IT

Eric Kenney
製品マーケティング部
シトリックス

このウェビナーに登録するには、下記のフォームに必要事項をご記入ください。