Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用して、お使いのWindows Server 2003からの移行を高速化

Windows Server 2003のサポート終了(EoS)による
ビジネスリスクを回避する

Microsoft Windows Server 2003のサポートは終了しました。組織は、危害を及ぼす可能性のあるセキュリティ違反および費用のかかるコンプライアンス違反を回避するために、Windows Server 2008、2012 R2、またはAzureに移行する必要があります。

アプリケーションの移行を90%加速化

Citrix AppDNAを使用すると、可能性のあるアプリケーションの問題を予測し、アプリケーションの互換性への明確な道筋を示すことにより、最新のプラットフォームへのアプリケーションの移行を加速化できます。

デスクトップおよびデータセンターの近代化

FlexCastテクノロジーを搭載したCitrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsを使うと、Windows Server 2003から最新のサーバープラットフォームへの移行を簡素化できます。

将来への対応およびクラウドの準備

アプリケーションおよびデスクトップの配信モデルを最新にすることで、プライベート、パブリック、またはハイブリッドクラウドをサポートするプラットフォームに移行する準備を整えることができます。

AppDNAでアプリケーションの移行を加速化

Citrix AppDNAを使用すると、アプリケーションに関する起こりそうな問題を予測することで、Windows Server 2008、2012 R2、Azure、またはこれらの組み合わせへのアプリケーションの移行を大幅に高速化することができるため、次のことが実現します。

  • アプリケーションの直接分析して、正確な工数、予算、時間、およびリスクを予測する
  • アプリケーションを導入する前に問題を把握して、手戻りおよび改修サイクルをなくすことでリスクを軽減する
  • テストの自動化、改善とアプリケーションのパッケージ化、手作業のオプションにかかる時間とコストを減らす
  • アプリケーション配信オプションのモデル化 - 従来のOS、仮想配信、またはその両方の組み合わせをサポートする

Windows Server 2003からServer 2008 R2、2012 R2、
またはAzureへの移行の単純化および加速化

FlexCastテクノロジーを搭載したCitrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsを使用して、Windows Server 2008、2012 R2、Azure、またはこれらの組み合わせへと移行すると、Windows Server 2003から最新のサーバープラットフォームへの移行を簡素化できるほか、将来の戦略的なビジネス要件に対する準備のために環境を整えることができます。

Citrix Virtual Apps and Desktops を使用すると、企業や組織は、必要に応じた改善または交換により、レガシーおよび互換性のないアプリケーションに同時に対応できるようになり、Windows Server 2003の迅速な移行を実現できます。このシームレスな変換によって以下のことが可能になります。

  • Windows Server 2003に関連するセキュリティリスクを軽減する
  • ITリソースへの移行負担を軽減する
  • オペレーティングシステムの種類にかかわらず、アプリケーションへの中断のないアクセスをユーザーに提供する
  • さまざまなクラウドプラットフォームへの円滑な移行を可能にする

Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用すると、企業や組織は、Windows Server 2003の移行問題を解決できるだけでなく、今日の現代的なワーカーのニーズに対応するために、より優れたモビリティおよびユーザーの生産性向上につながる将来のビジネス戦略をサポートするソリューションを提供できるようになります。

既存の管理資産を活用してクラウド対応にする

Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用すると、企業や組織は、Microsoft System Centerなどの管理プラットフォームに対してこれまで行った投資を無駄なく活用することが可能となります。Citrix Virtual Apps and Desktopsは、次の機能を提供することにより、モバイルワークスペースを可能にし、Windows Serverに価値を付加します。

  • サーバーごとに数百から数十万人までのユーザーとさらに高いユーザー密度にも対応可能
  • Windows Server 2008とWindows 7からWindows Server 2012 R2とWindows 8まで、Windowsサーバーおよびデスクトップホストの混在をサポート
  • AppDNAでのアプリケーション移行ソリューション
  • Microsoft System Center Configuration Manager、Hyper-V、App-V、およびAzureに統合されたWindows Server 2012 R2への最適投資
  • アプリケーションおよびデスクトップ仮想化で「すべてのクラウド」をサポートする能力

アプリケーションおよびデスクトップ配信モデルを最新化することにより、プライベート、パブリック、またはハイブリッドクラウドをサポートするプラットフォームに移行する準備ができます。これにより以下のことが可能になります。

  • Microsoft System Center Configuration Managerなどの既存の管理ソリューションの継続使用
  • Microsoft App-Vを使用した物理デスクトップ、仮想デスクトップ、またはホステッドデスクトップへのアプリケーションのシームレスな導入
  • AzureやAWSなどを含むパブリックまたはプライベートのクラウドプラットフォームへの容易な移行