アプリケーションの互換性、
移行および管理の簡素化

アプリケーション移行プロジェクトには、莫大なコストと時間がかかる場合があります。IT部門は、システムが複雑であっても、移行、新しい仮想化技術の導入、および日々のアプリケーション管理を行うためのアプリケーションの検証、自動化、モデル化、および管理を行わなければなりません。アプリケーション移行プロセスを自動化することで、企業は時間、労力、およびコストを削減しながら、リスクを低減することができます。デスクトップの変革をスケジュール通りに予算内で、エンドユーザーの作業をできるだけ妨げずに完了することができます。

Citrix AppDNAデモ

詳細を見る

Citrix Virtual Apps and Desktops Platinum Editionに含まれているAppDNAアプリケーション移行機能を使うと、企業や組織は、アプリケーションの検証、自動化、モデル化、管理を確実に行えるようになり、その結果、アプリケーション移行の迅速化、アプリケーション仮想化の容易化、およびアプリケーション管理の合理化を実現できます。

AppDNAは、アプリケーションの問題が及ぼす影響や、ユーザー、ワークグループ、デバイスに関して提案された実装がもたらす影響についての洞察を提供します。この洞察を活用することで、お客様は、各自の環境に関する十分な情報に基づいて意思決定が行えるようになります。これにより、お客様の企業や組織は、Citrix Virtual Apps、Citrix Virtual Apps and Desktops、Windows 10への移行、Microsoft® App-V™、Windows Server 2016®イニシアチブなどを含む各種のアプリケーション導入/移行プロジェクトを、より迅速にかつより低いリスクとコストで達成できます。

新しいオペレーティングシステムへの移行に関連した一般的な課題の1つに、アプリケーションの互換性があります。アプリケーション移行テストを自動化することにより、新しいテクノロジープラットフォームでのアプリケーションの動作をより正確に予測できるようになります。これにより、プロジェクトの所要時間、コスト、リソースに関する見積りを、推測ではなく事実に基づいて作成することが可能となります。新しい環境または移行後の環境のアプリケーション互換性を明確に把握してプロジェクトのリスクを軽減すると、混乱を最小限に抑え、組織のコストを削減し、時間を大幅に節約することができます。

AppDNAアプリケーション管理ソフトウェアは、エンタープライズポートフォリオに新しいアプリケーション、パッチ、サービスパックを追加する際の正しい判断を行うため、発売後も継続してアプリケーションを進化させます。また、日常的なアプリケーション管理が自動化されているため、高度なテストによってアプリケーションの問題を特定し、アプリケーション結果をモデリングすることにより、最良の行動計画を決定できます。さらに、アプリケーションの修正およびパッケージングプロセスを自動化して、継続的な変更を管理することもできます。

AppDNAにより、潜在的な問題を予測し、新しいオペレーティングシステムでのアプリケーションの互換性を明確に示すことで、Windows 10へのアプリケーションの移行とWindows Server 2016へのアプリケーションの移行を加速することができます。

AppDNAは、アプリケーション互換性の素早いレポートと割り当てられたAppDiskのレイヤーの順序付けを提供することで、AppDiskのレイヤリングのメリットを拡大します。管理者は、従業員にAppDiskアプリケーションを配布する前にあらゆるOSまたはアプリ間の互換性問題を確認し、改善できます。

シトリックス製品

Citrix Virtual Apps and Desktops

  • 高度なテストでアプリケーションの問題を特定
  • アプリケーションの成果をモデル化することにより、最良の行動計画を決定
  • アプリケーションの改善およびパッケージングプロセスを自動化
  • 移行または仮想化プロジェクト開始後に、進行中のアプリケーションのアップデートを管理