Citrix SD-WANを導入したお客様の成功事例

金融サービス企業、時代遅れのMPLSベースのネットワークをモダナイズし、従業員エクスペリエンスを変革

PPS社は、その会員により所有されている相互金融サービス企業であり、自分の面倒を自分自身で見ることに関して多少は理解しています。このため、低速なネットワークが理由で、南アフリカおよびナミビアにある25か所のオフィスにいる1600名もの従業員が超過勤務をしていたことを同社のITチームが報告した際に、PPS社は直ちに措置を実施することを決断しました。PPS社は、Citrix SD-WANとマルチクラウド戦略を採用することで、時代遅れのMPLSベースのネットワークをモダナイズし、従業員エクスペリエンスを向上させました。

保険会社は、通信コストを削減しながら通信速度を向上

Groupama Rhône-Alpes Auvergne(RAA)は、340の代理店やその他の管理サイトを持ち、2,300人のスタッフを擁する相互保険会社です。ビデオやSaaSアプリケーションなどの新しいテクノロジーは、組織全体で効果的なコミュニケーションを行うために不可欠です。Citrix SD-WANを使用することで、同社では、ネットワークを管理し、QoSを向上させると同時に、時間、通信コスト、運用コストを削減できました。

Citrix SD-WANソリューションにより、ネットワークを制御し、時間を節約し、通信コストを管理しながら、帯域幅を拡大することが可能になりました。
Laurent Rognard
インフラストラクチャ&ネットワークエンジニア
Groupama RAA

機器サプライヤは、Citrix SD-WANを使用して、柔軟なインフラストラクチャを大規模に提供します。

Maluxは、危険な環境に対応する照明、通信、電気機器を供給している会社です。Maluxは、リモートオフィスにおいて、トラフィックがアムステルダムからヘルシンキにあるMicrosoftエッジサイトに送信されているために、直接的な(ただしOffice365向けに最適化されていない)分岐が発生するだけで、Office365アプリケーションのパフォーマンスが低下し、その結果遅延が40~50ミリ秒になることに気付きました。Citrix SD-WANを使うことで、同社は、比類のないOffice365エクスペリエンスを提供できるようになったほか、これまで数週間または数ヶ月かかっていた新しいオフィスの構築を、あらゆる場所で、しかもわずか数時間で実施できるようになりました。

Citrix SD-WAN上でOffice365を有効にすると、アムステルダムへのトラフィックが向き、遅延が10ミリ秒未満になり、ユーザーエクスペリエンスの大幅な向上を実感しました。
Jörgen Norman
CIO
Malux

フリート管理の世界的なプロバイダー、Citrix SD-WANを使用してMPLS費用を削減

LeasePlanはアイルランドを本拠地とするフリート管理会社であり、アイルランド内にある同社のデータセンターからMPLS回線を通じて、100以上の支店と接続しています。しかし、同社ではビデオやSkypeを利用するために十分な帯域幅を保有しておらず、全体としてネットワークが信頼できないものとなっていました。Citrix SD-WANを導入することで、同社の支店は、各自のローカル接続を使用してクラウド アプリケーションにアクセスできるようになり、ホステッドアプリケーションを提供するデータセンターへと切り替えることが可能となりました。

当社は非常に迅速にクラウドへと移行しており、Citrix SD-WANを導入することで、初めて当社のITインフラストラクチャは我々の計画の先を行くものとなりました。
Ronan Murray
グローバルIT運用部門マネージャー
LeasePlan

HMSHostがWANを行き交うデータ量を大幅に削減し、高速トランザクションに変換

レストラン管理会社であるHMSHostの場合、POS、音声電話、データなどの重要なオペレーティングアプリケーションを提供することがビジネス成功の鍵になっています。同社では、WANの最適化、アプリケーションの高速化、ストレージレプリケーションの高速化、ビデオ キャッシング、安全なトンネリング、サービス品質保証、柔軟性の高い集中管理といった単一の統合プラットフォームで行うすべての作業をCitrix SD-WANに切り替えました。その直後から、Cyrix SD-WAN製品は、その使いやすさに加え、従来の最適化ソリューションを妨げずに生産環境に共存できるという点で、HMSHostのITグループに感銘を与えました。

産業用ロボットを製造する企業は、ビデオ会議またはオーディオ会議を使用し、大きなデザインファイルを共有するためにネットワークをアップグレードする必要がありました。

Yaskawa Europeは、1977年の最初のMotomanロボット以来、産業オートメーションの分野で世界をリードしてきました。Yaskawa Europeは、最高のWANテクノロジーを使用して、30のオフィスと7つの生産拠点を接続しています。これには、MPLS回線、ブロードバンド、DSL、そして無線などの技術が含まれています。Citrix SD-WANは、大規模なCADファイルを場所間で共有できないようにするため、信頼性の高い接続を提供しました。Skype for Businessをビデオおよびオーディオ会議に使用することで、Yaskawaは社内の協力を向上させ、どこにいても最も優秀なエンジニアを利用することができます。

SD-WAN接続後すぐに、導入前、開くのに25分かかっていた図面はわずか5分で開くことができました。これは80%の改善です。
Andrée Bengtsson
ITコーディネーター
Yaskawa Europe

次のステップ