Citrix Mouseのサポート

Citrix X1 MouseとiPad

iPhoneおよびiPadデバイスでのWindowsエクスペリエンスを最適化

Citrix X1 Mouseのみが、仮想Windowsアプリケーションおよびデスクトップにマウスの精度を実現することによって、iPadおよびiPhoneデバイスに完璧なモバイルワークスペースのエクスペリエンスをもたらします。

製品マニュアル

FAQ(よくある質問)

iOS 8.3+、iPad3+、iPhone 5+、Windows PC(Bluetooth 4.0対応)、Windows 7、Windows 8、およびAndroid 4+

Citrix Storeまたは認定ディストリビューターから購入したマウスは、90日間保証されます。 Citrix Synergyで配布されたX1 Mouseの無料サンプルの一部として入手したマウスは、保証対象になりません。購入したCitrix X1 Mouseで問題が発生した場合は、Citrix X1 Mouse Webサイトの診断手順に従って、問題のトラブルシューティングを行う必要があります。 問題が解決しない場合は、 Citrix X1 Mouse Webサイトで注文番号を取得した後、交換用マウスの申請書に必要事項をご記入ください。返品申請書を送信すると、シトリックスの業務部門が同申請書を確認した後、10日以内に対応いたします。

シトリックスは受注後5日以内にCitrix X1 Mouseを出荷することに同意しており、X1 Mouseの注文に対する追跡情報を提供いたします。

米国、EU加盟国、およびシンガポールのお客様は、Citrix Storeやディストリビューターからマウスをご注文いただけます。 ノルウェー、スイス、トルコ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、グアテマラ、サンマリノ、マケドニア、アルバニア、南アフリカ、カナダ、オーストラリア、インド、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、日本、中国、ブラジル、ニュージーランド、韓国、メキシコ、台湾、アラブ首長国連邦、イスラエル、アルゼンチン、サウジアラビアのお客様は、ディストリビューターからのみマウスをご購入いただけます。 その他すべての制限については、http://www.citrix.com/about/legal/security-compliance/export.htmlをご覧ください。

Appleは、iOS13とiPadOS13でマウスのネイティブサポートを追加しました。これは、アクセシビリティ設定で有効にできる新しいAssistiveTouch機能の一部です。そしてこれは、単純なクリックとドラッグで十分なネイティブiOSアプリでうまく動作し、Citrix X1 Mouseを含むほとんどのBluetoothまたは有線マウスで動作します。ただし、X1 Mouseを使用する場合、Citrix Workspace は、パブリックiOS Bluetooth APIを使用してマウスと直接通信します。これにより、Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションで、右クリック、ホイールスクロール、ホバーイベントなどのデスクトップのWindowsマウスイベントを提供することができるほか、セッション外や他のiOSアプリでのネイティブマウスサポートも可能になります。X1 MouseはiOS以外のデバイスでも使用でき、その場合は、標準的なBluetooth 4.0マウスと同様に動作します。

はい、iOS13とiPadOS13でAssistiveTouch機能が有効になっていますが、クリックとドラッグだけです。 Citrix X1 Mouseが提供できるデスクトップスタイルのWindowsマウスイベントは、Citrix Virtual Apps and DesktopsセッションのCitrix Workspaceアプリ内でのみ利用可能です。また、X1 Mouseは、Android、Mac、およびWindowsデバイス上で、標準的なBluetooth対応マウスとしても機能します。 

お客様は、Citrix.comにある診断手順に従ってマウスのトラブルシューティングを行う必要があります(下記参照)。 Citrix Workspaceアプリのサポートチームは、X1 Mouseの統合に関する問題のトラブルシューティングのトレーニングを受けていますが、X1 Mouseの物理的な問題は、Citrix.com上の返品申請フォームを通じて処理する必要があります。 また、最新のトラブルシューティングツール、技術、およびリソースにアクセスするために、お使いのCitrix Virtual Apps and Desktops環境用のソフトウェアメンテナンスを購入することをお勧めします。

XenAppおよびXenDesktop 7.xとXenApp 6.5ではテストと検証が済んでいますが、マウスはReceiver for iOS 5.9.5以降を利用しているCitrix Virtual Apps and Desktopsのすべてのバージョンで動作します。

  1. Citrix Workspaceアプリをインストールします。 同アプリケーションを見つけるには、アプリストアで「Citrix Workspace」を検索します。Citrix Receiverをまだ使用している場合は、2018年8月以降の最新のCitrix Workspaceアプリにアップグレードしてください。更新と機能拡張は、Workspaceアプリでのみ利用可能です。
  2. iPhoneまたはiPad上でBluetoothを有効にします。
  3. X1 Mouseの底面にあるスイッチを使用して、マウスの電源を入れます。マウスの上部にあるクリアボタンが青色に点滅します。
  4. ワークスペースを起動し、アプリケーション設定の下にあるCitrix X1マウス設定画面からX1マウスを有効にします。
  5. WorkspaceアプリでBluetoothの利用を許可するよう求めるメッセージが表示され場合、それを許可します。
  6. マウスの底面にある「Connect」ボタンを押します。マウスの上部にあるクリアボタンが青色に点滅します。
  7. iOSでマウスをペアリングするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「Pair」をタップします。
  8. ペアリングが完了すると、マウスポインタが表示されます。Citrix X1 Mouseの設定画面では、ポインタを移動させることで、マウスオプション(マウスの速度など)を調節できます。ただし、この画面では、マウスクリックは機能しないことにご注意ください。
  9. 問題が発生した場合(例:マウスポインタが表示されていない場合)
    1. 「iOSの設定」 > 「Bluetooth」へと移動し、これがONになっていることを確認します。
    2. 「iOSの設定」 > 「Workspace」へと移動し、BluetoothオプションがONになっていることを確認します。
    3. WorkspaceアプリケーションのCitrix X1Mouseオプションをオフにして、再びオンにします。
    4. マウスの電源を切り、マウス底面のスイッチを使用して電源を入れ直します。
    5. これでも上手く行かない場合、「iOSの設定」 > 「Bluetooth」へと移動し、「Citrix X1 Mouse」を見つけ、その隣にある「i」をタップした後、「Forget This Device」をタップします。
    6. ステップ2~7に従ってペアリングプロセスを再度実行し、Workspaceのマウス設定画面またはセッション中にマウスをペアリングします。
    7. Citrix X1 Mouseが、別のBluetooth対応デバイスではなく、意図したiPadまたはiPhoneに接続されていることを確認します。