リアルタイムのデータを扱うインターネットトラフィックを最適化

インターネットの隅々における数十億名のユーザーをリアルタイムで計測することで、Citrix Intelligent Traffic Managementは、インターネットのトラフィックに関する問題をリアルタイムで監視し、トラフィックをステアリングすることで、そのような問題を回避します。

アプリケーションやコンテンツをオンプレミス、クラウド、コンテンツデリバリーネットワークのうちどこでホスティングしていようと、Citrix Intelligent Traffic Managementは、すべてのトラフィックをグローバルに負荷分散し、ユーザーエクスペリエンスの最適化とサービスコストの削減を可能にします。また、シトリックスは、リアルタイムの機械学習を利用することで、ユーザーのリクエストを最も適したコンテンツソースへと振り分けます。

Additional use cases  

ビデオトラフィックは、お客様の品質に関する期待が高まるほど高速化されます。視聴者は世界中のあらゆる場所のあらゆるデバイス上に存在しており、その数は増え続けています。ビューアーベースが拡大し多様化すると、シームレスで高品質のCDNデリバリーを保証する必要があります。グローバルなスケーリングを行う一方で、ユーザーごとの最適化を秒単位のきめ細かさで行うことにより、最高の顧客満足度を保証できます。

Citrix Intelligent Traffic Managementが提供する総合的な監視は、基盤となるリソースの健康状態を追跡し分析するための強力なリアルタイムのツールとなります。この方法により、動的インフラストラクチャに障害が発生してとも、実施可能で総合的な監視データを確保できます。総合的な監視は、データセンター、クラウド、各CDNにおけるサービスの健康状態を絶えずテストすることで、サービスが利用可能であるかどうかを常に把握できるようにします。また、総合的な監視を使用することで、自動的なルーティングの決定やフェイルオーバーの計画を知らせることもできます。これは、ITOpsおよびDevOpsチームにとって、夜中の手動による緊急サービス切り替えがなくなることを意味します。

ビデオ配信の最適化に関する詳細を見る

クラウドへの移行はリスキーとなる場合があります。それは「すべてのコンテンツを新しい場所に構築した後、スイッチを切り替えるだけ」という単純なものではないからです。移行前、移行中、そして移行後にアプリケーションを有効に配信し、常に利用可能な状態にしておく必要があります。Citrix Intelligent Delivery Managementを使うと、コンテンツの配信方法の決定を完全に制御できます。シンプルなインターフェイスを利用することで、定義したルールによりユーザーをコンテンツへと振り向けるようなプログラムを簡単に作成できます。また、従来型の広域負荷分散(GSLB)ベンダーが提供する限定的なルールによって縛られることはありません。サービスを自分が望むペースで移行できます。

移行においては、サービスを1つずつ移行すること、そして同サービスをテストした上で、それが正常に機能することを確認することが肝心です。シトリックスは、このような操作を行えるようにします。クラウド内でサービスを構築した後、各場所で同サービスにアクセスするユーザー数の上限を設定することで、そのサービスが動作しているならば、その完全な公開前に同サービスへのアクセスが可能となります。何らかの障害が発生した場合、即座のフェイルバックが行えるため、ユーザーが失われるリスクを軽減できるほか、全体的なユーザーエクスペリエンスを向上できます。

コンテンツ配信のパートナーは、地理的カバレッジ、アーキテクチャ、コスト、利用モデルなどを含む複数の要因に基づいて、異なる強みと弱みを抱えています。このため、アップタイムと遅延は、その時々で大きく異なる可能性があります。デリバリーネットワーク、クラウド、データセンターのうち、独自のニーズと各ユーザーのニーズに最も適したものを選ぶことが重要です。グローバルな規模では、多くの意思決定が必要となります。Citrix Intelligent Traffic Managementを使うと、プロセスを自動化し動的なWebコンテンツ配信に関する決定を行うことにより、最良のユーザーエクスペリエンスをコスト効率良く提供できるようになります。

マルチCDNアーキテクチャ経由でのコンテンツ配信は、現代的なOpsチームにとってのベストプラクティスとなります。アップタイムと複数のデリバリー関連の緊急対応策を保証することで、チームに安心感、柔軟性、そしてベンダーロックインの影響を軽減するために必要となる選択の自由を提供できます。お客様が、複数のCDNを通じて、アプリケーション、ビデオ、Webサイトコンテンツの配信を負荷分散できる場合、エンドユーザーがサービスの劣化や停止から守られていることを保証できます。Citrix Intelligent Traffic Managementにおけるソフトウェア定義型のデリバリーロジックは、リアルユーザーのコミュニティデータ、アプリケーション監視、およびビジネスにとって重要となるその他のパラメータセットに基づいて、どのCDNを利用すべきかをリアルタイムで決定します。

リアルタイムのユーザー監視データにより、Citrix Intelligent Traffic Managementのあらゆる側面を促進

シトリックスは毎日、5万件以上のネットワークから情報を収集しています。

シトリックスは毎日、130件以上のクラウド、CDN、データセンターを計測しています。

数億件のクライアントが毎日、 140億以上のRUMデータポイントを生成しています。

マルチCDN戦略を評価し実装するためのベストプラクティス

ホワイトペーパーを入手する