Citrix Endpoint Managementサービスにより簡素化を実現

今日の適応性が高く俊敏なパーソナライズされた作業環境では、従業員が使用するあらゆるタイプのデバイスを管理するためのシンプルな方法を確保することが不可欠です。Citrix Cloudサービスでは、製品のインストール、セットアップ、アップグレード、監視などの手間のかかる作業のほとんどをシトリックスが行います。一方、お客様は、アプリケーション、ポリシー、ユーザーに関する完全な制御を維持できます。これにより、従業員をエンパワーメントすることで、望むやり方で最良の仕事ができるようにすると同時に、ITチームが最良の仕事をするために必要となるシンプルさとセキュリティを提供できるようになります。

ここでは、Citrix Endpoint Managementサービスに移行すべき3つの理由をご紹介します。

1. 移行を迅速かつシームレスに行えるようになります。

25台から100,000台まで、どれだけ多くのデバイスを登録しているかに関係なく、デバイスを再登録する必要なしにアカウントを移行できます。新しいライセンスをアップロードする必要もありません。シトリックスがデータベースのエクスポート、サービスクラスタの作成、クラウドコネクタのインストール、そしてCitrix Gatewayの構成をすべて行うため、お客様は迅速に稼働状態へと移行できます。Citrix Cloud経由での導入は最短2時間で完了するため、従業員への影響はほとんどありません。

2. 従業員エクスペリエンスを向上できます。

従業員の生産性と満足度を高めると同時に、サポート依頼を減らすことができます。 Citrix Endpoint Managementに組み込まれている回復力を利用することで、従業員は常に接続された状態を維持できます。インフラストラクチャをはじめ、スケーリング、監視、および配信に関するメンテナンスはすべて、シトリックスが行います。自動アップデートにより、ユーザーは、新機能やバグ修正に即座にアクセスできるようになります。 

3. コスト効率を向上できます。

Citrix Endpoint Managementでは、定期的な年間サブスクリプションを購入するだけです。Citrix Cloud Opsチームによるサポート、メンテナンス、アップグレードのための追加コストは必要なく、ハードウェアのリサイズやリフレッシュの必要もなく、ステージングや導入のための人件費もかかりません。また、サブスクリプションには無料の移行サービスも含まれています。

詳細はこちら