Citrix Endpoint Management と Android Enterprise™

Android Enterprise: ビジネスを変革

増え続ける数のAndroidデバイスに対応するために、シトリックスは、お客様が移管したセキュアな方法でAndroidの採用と管理をより簡単に行えるようにしています。デバイスの製造元にかかわらず、この勝利の組み合わせにより、時間を節約し、自信を持ってコンプライアンス要件を満たすことが可能となるほか、ユーザーのエクスペリエンスと生産性を向上させることができます。

Android Device Admin APIは、あと数回のAndroidリリースで非推奨になるため、今すぐAndroid Enterpriseへのシームレスな移行プランの検討を開始してください。 

あらゆるユースケースに対応

企業所有か従業員所有かにかかわらず、Citrix Endpoint ManagementとAndroid Enterpriseは、ユーザーの生産性を高めると同時に、情報を保護するために必要な制御を提供します。Citrix Endpoint Managementは、BYOD(Androidワークプロファイル)や企業用プロファイル(COPE、COBO、COSUユースケースなど)のような、Android Enterpriseの各管理モードをサポートしています。

BYODユーザーには、Citrix Endpoint Managementで管理されているAndroid Enterpriseによって、ユーザーに安心感と個人プライバシーの保護を提供します。IT部門には、データセキュリティおよびコンプライアンスのメリットがあります。

セキュリティの強化

Citrix Endpoint Managementにより管理されることで、Android Enterpriseは、お客様が自社の企業情報を保護するためのアプローチに柔軟性を提供します。 Citrix Endpoint Managementの高度なデバイスおよびアプリケーション管理コンソールを使うと、Androidセキュリティの複数のレイヤ(強化されたセキュリティやGoogle Play Protectionを含む)を活用して、それらを拡張できます。

Android端末のユーザーエクスペリエンスの向上

オンボーディングと登録を高速化するために、Citrix Endpoint Managementは、Android Enterpriseが提供している各種のプロビジョニングオプション(EMMトークン、ゼロタッチ登録、NFC、QRコードを含む)をサポートしています。Citrix Endpoint Managementにより管理されるAndroid Enterpriseに加えて、ユーザーは、マネージド型のGoogle Playを通じて、各自のAndroid業務アプリケーションへのシームレスなアクセスが行えます。また、Citrix Workspaceと組み合わせて利用することで、ユーザーは、その他のあらゆるアプリケーション(仮想、SaaS、Webの各アプリケーションを含む)にもアクセスできます。 さらに、ユーザーはシトリックスのモバイル生産性アプリケーション(Citrix Secure MailやCitrix Content Collaborationなど)を使用することで、統合されたワークフローを通じて、より多くの仕事ができるようになります。

関連資料

次のステップ

Google、Android、Google Play、Gmail、Chrome、Google Drive、Google Docs、Google Sheets、Google Slides、Google Keep、およびGoogle Calendarは、Google Inc.の商標です。