ホワイトペーパー

マイクロサービスベースのアプリケーションデリバリーにおける7つの主な検討事項

クラウドネイティブ環境への移行を確実に成功させる実践的なアドバイス

企業や組織は、マイクロサービスベースのアーキテクチャとKubernetesを使用してアプリケーションをモダナイズする場合、アプリケーションデリバリーインフラストラクチャもモダナイズする必要があります。適切なアプリケーションデリバリーインフラストラクチャ(その中核となるものがアプリケーションデリバリーコントローラーです)を選択することは、非常に重要であり、かつ複雑な問題でもあります。

このホワイトペーパー『マイクロサービスベースのアプリケーションデリバリーにおける7つの主な検討事項』では、次のことをご紹介しています。

  1. 適切な方法で基盤となるアーキテクチャの設計
  2. クラウドネイティブエコシステムとのオープンな統合
  3. 最適なプロキシの選択
  4. アプリケーションとAPIの保護
  5. 高度なトラフィックステアリングによるCI/CDとカナリア導入の実現
  6. 包括的な可視性の実現
  7. モノリシックベースおよびマイクロサービスベースのアプリケーションの管理

このホワイトペーパーをダウンロードするには、下記のフォームに必要事項をご記入ください。