インフラストラクチャのアプリケーション主導型Software-Defined Network (SDN) への移行

コンピューティング/ストレージの仮想化の進歩と比べると、ネットワークはエンタープライズ クラウドコンピューティングの将来性の完全な実現において遅れを取ってきました。動的な性質を持つクラウドサービスは、今日のデータセンターネットワークの機能を超える新しいレベルの柔軟性と拡張性を必要としています。Software-Defined Networking (SDN)を導入することでプログラマビリティと俊敏性をネットワークに組み込んでビジネスの需要への対応を実現します。

詳細を見る

Citrix ADCは、仮想化されたネットワークでの使用向けに設計されており、SDNおよびクラウドオーケストレーション システムとの統合に最適です。プラットフォームは、仮想化の柔軟性と回復性、信頼性、および目的に合わせたネットワークアプライアンスのパフォーマンスを組み合わせています。複数の物理デバイスは不要であり、単一のCitrix ADCをマルチテナント環境に導入することで、同時にテナントごとにトラフィック分離および専用リソースを提供できます。管理者は、テナントごとに必要なワークロードに合わせてインスタンスのサイズを調節できるほか、パフォーマンス目標を達成するために、CPU、メモリ、およびSSLハードウェアリソースを細かく制御できます。

OpenDaylightまたは仮想ネットワークオーバーレイなどの、既存の物理ネットワークからさまざまなSoftware-Defined Network (SDN)モデルに至るまで、Citrix ADCはあらゆる企業のために役立てることができます。シトリックスは、すべての物理または仮想Citrix ADCプラットフォームにおいて同じ機能を提供します。こうすることで、これらすべてを1つの環境に統合することができ、必要なL4 – L7ネットワークサービスを提供することにより、アプリケーションの可用性、パフォーマンス、およびセキュリティを確保できます。

現在のSDNテクノロジーはL2-3レイヤを利用しており、ソリューションの将来性を真に実現する機会を逸しています。次世代のCitrix ADCプラットフォームでは、アプリケーション制御レイヤにクラス最高のL4-7ネットワークサービスを組み込むことにより、このアプリケーション制御を既存のトランスポートネットワークと新しいSDNテクノロジーの両方に統合できます。このアプリケーション制御レイヤは、アプリケーション中心の定義とポリシーを使用してネットワーク設計を簡素化し、ネットワーク全体をよりインテリジェントなものにすることにより、新しいL2-3 SDNアーキテクチャを完全なアプリケーション主導型にします。

中央に一元化された管理プレーンを使用することで、Citrix ADCは、複雑なネットワークアプリケーションサービスに関連するオーバーヘッドとスプロール化を軽減します。直観的なワークフローを使用して、管理者は新しいネットワークサービスのプロビジョニングと導入を必要に応じて実現できます。一元化された管理プレーンは単一の可視性ポイントとしても機能し、アプライアンス上で実行されているすべてのインスタンスの操作上の特性について一貫したビューを提供します。このソフトウェア主導型アプローチを使用することで、今日のクラウドベース、アプリケーション主導型の環境に固有のダイナミックな変化に適切に対応できます。

シトリックス製品

Citrix ADC

  • 最高のセキュリティ、パフォーマンス、および信頼性を備えたSoftware-Defined Network (SDN) にインフラストラクチャを転換させる最も簡単な方法
  • アプリケーション制御レイヤーにL4-7ネットワークサービスを組み込むことにより、L2-3アーキテクチャの完全なアプリケーション主導型化を実現
  • 単一コンソールで管理を行うポリシーベースの自動化を提供して、効率の向上、パフォーマンスの向上、およびOPEX費用の削減を実現

次のステップ