マイクロサービスベースのアプリケーションを配信

クラウドネイティブのマイクロサービスベースアプリケーションの出現は、ダイナミックスケーリング、俊敏性、およびクラウド間でのアプリケーションのポータビリティへのニーズにより、ITを変革しています。これらのクラウドネイティブアプリケーションには、広範なインフラストラクチャの自動化、セキュリティ、およびモニタリングが必要です。また、可能な限り最高のエクスペリエンスを維持するために、アプリケーションをユーザーに配信する方法の変更を必要とします。企業は、Kubernetesとオープンソースツールで構築されたマイクロサービス用の特注のプラットフォームを組み立てています。 プラットフォームチーム、サイトの信頼性エンジニア、DevOps、アプリケーション開発者など、さまざまなステークホルダーが集まっていますが、それぞれが独自のニーズを持っています。

クラウドネイティブのアプリケーション配信を構築するときは、固有のステークホルダーのニーズに対処し、Kubernetes環境やCNCFツールと統合する単一のソリューションが必要です。理想的なソリューションは、アプリケーションの可用化と一貫したセキュリティを確保しながらアーキテクチャの選択を提供します。

ADCの見直し:従来型(IT)アプリケーションデリバリーとDevOpsアプリケーションデリバリー間のギャップを埋める

詳細を見る

Citrix ADCは、クラウドネイティブの初心者にもエキスパートにもアーキテクチャの選択肢を提供するため、自分のペースでクラウドネイティブのアプリケーションに移行できます。クラウドネイティブの初心者は、プラットフォームチームとネットワークチームの両方にとって本番環境への最短ルートを達成するために、簡単なIngressアーキテクチャから始めることができます。クラウドネイティブのエキスパートは、高度なトラフィックステアリング、コンテナ間セキュリティ、高度な復元性、より深い観測性や分析を活用するためにサービスメッシュアーキテクチャを選択できます。サービスメッシュアーキテクチャは、マイクロサービス間の安全な通信や、金融その他のハイセキュアアプリケーションのコンテナごとの細かいトラフィックステアリングに最適です。

Citrix ADCは、導入アーキテクチャのニーズに合わせて、物理、仮想、コンテナ、パブリッククラウド、およびプライベートクラウドのフォームファクタで利用できます。

Citrix pooled capacityライセンスでは、ADC導入間でキャパシティを柔軟に移動できます。これにより、ライセンスキャパシティの有効活用とライセンスマネジメントの自動化が可能になります。

Citrix ADCは、選択したクラウドネイティブプラットフォーム、クラウド管理Kubernetes、およびCloud Native Computing Foundation(CNCF)オープンソースツールとの革新的な統合を提供します。Citrixは、より多くのCNCFとオープンソースツールを継続的に統合しており、今後もさらに発表する予定です。

Citrix ADCがサポートするクラウドネイティブプラットフォームには、Amazon Web Services(EKS)、Google Cloud Platform(GKE)、Microsoft Azure(AKS)、Pivotal(PKS)、およびRedHat OpenShiftがあります。サポートされているツールは次のとおりです。

  • アナリティクスとインサイトのためのプロメテウスとグラファナ
  • カナリア導入用スピネーカーとCI/CD
  • ElasticsearchとKibanaデータストレージおよび検索ツール
  • スムースなデータ収集

Citrix Application Delivery Managementは、一元管理されたネットワーク管理、オーケストレーション、およびアナリティクス・ソリューションであり、従来型アプリケーションおよびマイクロサービスベースのアプリケーションに対して、ハイブリッドのマルチクラウド環境でCitrix ADCの導入を管理するための単一画面を提供します。オンプレミス、パブリック、プライベートの各クラウド導入にわたって、仮想、物理、コンテナなどのすべてのADCフォームファクタを管理できます。Citrix Application Delivery Managementは、オンプレミス、コンテナ、またはCitrix Cloudサービスとして導入できます。

Citrix Application Delivery Managementサービスグラフを使用すると、各マイクロサービスのスループット、使用率、エラー、および遅延に関するインサイトを得ながら、マイクロサービスマップを視覚化できます。直感的なユーザーインターフェイスは、各マイクロサービスのヘルススコアを表示し、潜在的な問題を事前に特定するために異常を検知します。

今日では、アプリケーションとAPIは、組織にとって最も価値があり最も脆弱な資産の1つです。Citrix ADCのレイヤー3からレイヤー7の統合セキュリティは、従来型アプリケーションとクラウドネイティブアプリケーションの両方を保護します。Webアプリケーションファイアウォール、DDoS保護、TLS/SSL、コンテンツインスペクション、rate limitingを組み合わせて、アプリケーションとAPIを安全に保護します。

CitrixのWebアプリケーションファイアウォールは、第三者NSSラボによって検証された、クラス最高のパフォーマンス対コスト比も提供します。インフラストラクチャセキュリティプラットフォームのパフォーマンスを向上させ、低コストで実現するために、ファイアウォール、IDS、およびアンチウイルスプラットフォームからSSL処理をCitrix ADCにオフロードできます。

シトリックス製品

Citrix ADC

  • Citrix ADC CPXは、Dockerコンテナ内で利用するDevOpsフレンドリーなクラウドネイティブADCを提供します。
  • 開発環境からテストおよび導入段階を通じて、完全なL4-7機能を利用できるため、本番環境に移行するまでの時間を短縮できます。