仕事がよりシンプルに

新しい仕事の時代がやってきました。

CitrixとWrikeは統合されています。両社は単に1つの企業として統合されているだけでなく、仕事から複雑さを取り除くことで従業員やチームが最高のパフォーマンスを発揮できるようにするという1つの共有ビジョンによって統合されています。

20,000人以上のお客様がWrikeを使って最良の仕事をしています

Wrikeの多目的な作業管理プラットフォームを使うと、あらゆる種類のチームが行う、あらゆるプロジェクトやタスクでの作業やコラボレーションを簡素化できます。これにより、生産性を50%向上できるほか、電子メールの量を90%削減できます。

Wrikeは、具体的な業務に対応したオファリングを通じて、企業が一丸となって働くことを可能にする業界唯一のプラットフォームです。

IT

ITサービス管理

ITプロジェクト管理

アジャイル

エンジニアリング

ロードマップ

スプリントプランニング

アジャイル

営業拠点

オンボーディングとイネーブルメント

オペレーション

戦略プロジェクト管理

マーケティング

クリエイティブプロダクション

キャンペーンおよびイベント管理

製品提供開始

HR

従業員のオンボーディングと開発

プランニング

コミュニケーション

コラボレーション作業管理プラットフォームが必要となる理由

働き方は、かつてないほどに多様化しています。従業員に最良の仕事をさせるためには、必要とするすべてのものに、簡単かつセキュアにアクセスできるようにすることが肝心です。シトリックスファミリーの一員となったWrikeのコラボレーション作業管理ソリューションを使用すれば、従業員やチームのエンパワーメントを実現することで、必要なリソースへのセキュアアクセスとコラボレーションを通じて、あらゆる場所から、あらゆる仕事を行えるようになります。

Wrikeがもたらす10のメリット:

1. プロジェクトを一元管理

企業全体を通じて、あらゆる部門の垣根を越えたコラボレーションが可能となります。Wrikeは、従業員がリモート環境、ハイブリッド環境、またはオフィスのうちどこで仕事をするかにかかわらず、一元化されたプロジェクト管理を可能にするソリューションを提供します。Wrikeは、企業や組織向けのSoR(System of Record)として、ネイティブに、あるいは統合を通じて、あらゆるワークフローに対応できます。

2. プロジェクトに関する包括的な可視性

プロジェクトの状況、進捗状況、チームの仕事量に関するリアルタイムの包括的な可視性を通じて、ワークフローを管理し、生産性を監視できます。

3. あらゆるチームに適用できる1つの柔軟なソリューション

企業や組織は、すべてのチームが仕事の可視化、計画、編成を行えるようにするために必要となる汎用性と構造を確保することで、生産性を最大限に向上できます。Wrikeは目的に応じて自由に設定を変更できるため、これを使うことで、チームは最適な階層やワークフローを作成できます。

4. 部門の垣根を越えたコラボレーション

企業全体におけるコラボレーションをリアルタイムで実現できます。また、ミーティングやグループチャットでのメッセージを成果につなげることができます。さらに、分散したチームのための非同期コミュニケーションを可能にします。文書のマークアップや迅速な承認を実現できるほか、クライアントや経営幹部がWrikeユーザーではない場合であっても成果物をレビューするよう依頼できます。

5. ワークフローの自動化により効率性を向上

反復的な管理作業を一掃できます。カスタマイズ可能な自動化機能により、リクエストやタスクを適切なフォルダに振り分け、適切な担当者に仕事を割り当てることができるほか、ワークフローの自動化を通じて常に物事を前進させることができます。

6. 業界標準を上回るセキュリティ

どこにいようとも、タスクやプロジェクトへのセキュアアクセスが中断なく行えます。Wrikeが運営している米国およびEUのデータセンターは、99.9%のアップタイムを実現しています。ユーザーが管理する暗号化キーとロールベースのパーミッションを通じて、必要な場合にはデータの機密性を確実に維持できます。

7. 最も使用頻度の高いツールとの連携

Wrikeには数百もの統合機能があらかじめ用意されており、カスタマイズを通じて、ほぼすべてのアプリケーションとの統合が可能となります。これにより、タスクの自動化やシステムの同期が行えるほか、シームレスなデータフローを確保できます。

8. リソース管理の効率化

適切なリソースを適切な場所に、常に配置できます。タイムラインを一目で把握できるほか、進捗状況を監視し、手動または自動でタスクにリソースを割り当てることができます。「計画された期間と予算」と「実際の期間と予算」との比較に基づいて予測を立てることが可能となるほか、プロジェクトに関するリスクを予測した上で軽減できます。

9. 生産性を向上させるインテリジェントな技術

従業員を反復作業から解放し、自由に使える時間を増やすことで、イノベーションを促進できます。Wrikeのワークインテリジェンスは、匿名化された何千万件ものデータポイントを活用した上で、最先端のAIと機械学習を利用することで一連の自動化やアラートを推奨して設定します。これにより、チームは、価値の高い仕事に集中できるようになります。

10. 卓越したレポーティングを通じて進捗状況や成果を測定

カスタムダッシュボードやレポートを利用できるのはもちろん、取り組み、資産、人材などをパフォーマンスや成果に関連付けることで、貴重なインサイトを得ることができます。これはWrikeだけが提供する機能です。

Wrikeを使うと、いかに仕事がよりシンプルかつよりセキュアなものになるかをご覧ください。

ウェビナー

Wrikeのパワーをデモで確認する

Wrikeの概要を見る

顧客によるパネルディスカッション

このパネルディスカッションでは、Wrikeの顧客がWrikeを使用することでいかに生産性を向上させているかを聞くことができます

この限定ウェビナーに登録する

Q&Aシリーズ

毎週開催されている「専門家への質問(Ask the Expert)」シリーズにご参加ください

今すぐ登録

準備はよろしいですか?

日本: 
03 4577 5900