Remote Works

リモートワーク:

リモートワークへの移行を実現したチームの比類のない成功事例をご紹介します。

ポッドキャスト

シーズン2

1月6日
エピソード6:ゼロトラストを超えるものとは?

それはリンクをクリックするのと同じくらい簡単であり、そしてすべてが失われます。ハッカーは時間をかけて弱点を見つけ、気付かないうちに個人的なシステムや専門的なシステムに侵入します。この1年で働き方が急速に変化する中、適切なセキュリティがより一層重要になっています。複数のガジェットやデバイスを使ったフレキシブルワークに慣れつつある中で、私たちがセキュアであり続けるにはどうすればよいのでしょうか?

今すぐ聞く

12月16日
エピソード5:クラウドにおける耐障害性の構築

Teniesha Wright-Jones氏とLamont Jones氏が、パンデミックの真っ只中における中心的な医療提供者としての経験について語ります。この2人の医師は、COVID-19の陽性反応が出た後、健康を取り戻すために自らを治療すると同時に、遠隔操作で医療を提供する方法を見直さなければなりませんでした。リモートワークにまつわる困難をクラウドで解決する方法を専門家がご紹介します。

今すぐ聞く

12月2日
エピソード4:オフィス向け卓球台の衰退

ヨガ教室からグルメな食事、そしてインテリアとしての滝に至るまで、パンデミック前のオフィスは、従業員がそこを離れようと思わないように構築されていました。企業文化は、かつて有形のオフィスの施設がもたらす副作用であり、同僚とのつながりを持つことは、回転椅子を回して最新のオフィスでの議論に参加するのと同じくらい簡単でした しかし今では、同僚とのつながりは画面を介してのみ可能であり、オフィス内での福利厚生は遠い過去のものとなっています(企業が社員の自宅に卓球台を送り付けることはなさそうです)。では、在宅勤務(WFH)の士気を高めるにはどうすればよいのでしょうか? また、社員同士が有意義につながるためにはどうすればよいのでしょうか? さらに、オフィス内の全員が離ればなれになっているときに、どうやって企業文化を構築できるのでしょうか?

今すぐ聞く

11月18日
エピソード3:フリーランスの波

従業員は9時から5時まで机に縛られるという概念を捨て、デジタルノマド(場所に依存しない働き方)を支持しています。適切なテクノロジーを使えば、働きたい場所の選択肢は無限に広がります。

今すぐ聞く

11月4日
エピソード2:リモートワーク:極寒篇

あなたのオフィスの外観や、あなたが世界のどこにいるかに関係なく、このエピソードには、孤立に関するアドバイスや、仕事と生活の間の境界線を引くこと(時には両者の間に明確な区別がないように感じる場合でも)に関するアドバイスが沢山含まれています。

今すぐ聞く

10月21日
エピソード1:新たな働き方の世界への挑戦

仕事に関する限り、私たちはまったく新しい働き方を模索するために、猛スピードで移動しなければなりませんでした。このエピソードでは、アストンマーティンレッドブルレーシングチームから、彼らが新しい働き方にいかに適応し、さまざまな形式でリモートワークを実現しているかを聞くことができます。

今すぐ聞く

6月29日
エピソード7:リモートワークの未来

正直に言うと、この突然の在宅勤務へのシフトに取り組み適応することは大きなチャレンジでした。しかし、1つ確かなことは、在宅勤務は定着しているということです。現在、多くの人々が、オフィスと自宅で時間を分けて仕事をしているか、または完全に在宅勤務へと移行しています。今後どこへ進むのでしょうか? 今回のエピソードでは、3人の専門家が働き方の未来を紹介します。

今すぐ聞く

6月22日
エピソード6:何が起ころうともショーは続けなければなりません

照明、カメラ、リビングルーム...ホスト役のMelanie Greenが、メディア業界における新しいリモートワークの現実に迫ります。ニュースレポーター、テレビプロデューサー、アニメーターなどから、メディア業界がどのようにリモートワークの世界に適応してきたかを聞くことができます。

今すぐ聞く

6月17日
エピソード5:49ers、ホームフィールドにおける優位性を獲得

NFLシーズンはもうすぐであり、我々全員と同じように、San Francisco 49ersはリモートワークを実施しており、フィールド上およびフィールド外で準備を整える方法を見つけています。エースのディフェンシブラインマンであるArik Armstead氏と、最高管理責任者兼相談役であるHannah Gordon氏から、彼らがこのリモートワークの世界をどのように受け入れてきたか、そしてフットボールの世界において彼らはこれまでに経験したことのない今回の事態にどう対処したかを聞くことができます。

今すぐ聞く

6月10日
エピソード4:コネクテッドラーニング

アルファベットの音読から大学卒業まで、そして教育エバンジェリストからシステムスペシャリストまで、リモートラーニングの世界のすべてをご紹介します。多くの専門家が、あらゆるレベルの教育において、リモート学習やオンライン学習を成功させるためにはどうすればよいのかについて意見を述べています。

今すぐ聞く

 6月3日
エピソード3:イリノイ州、大規模な在宅勤務環境を導入

あなたの仕事が、ワークスペースにおけるテクノロジーを使用して行われるすべての活動を監督することだと想像してみてください。ある日、あなたの人生を変える電話がかかってきます。あなたの組織全体に所属する数千人の従業員が在宅勤務を行うことになったのです。しかも可能な限り速やかに。ここでは、いかにしてイリノイ州が数日のうちに職員を完全にリモートへと移行させることに成功したかをご紹介します。

今すぐ聞く

5月27日
エピソード2:チームを調和した状態に保つ

オーケストラは究極のチームとして捉えることができます。すべてのメンバーは全体にとって不可欠であり、すべての個人は、より大きなグループと調和していなければなりません。パンデミックが発生した際、多くの人が自分のメモ帳やモニター、オフィス用のコーヒーマグカップを自宅に持ち帰りました。オーケストラも、リモートワークを行う方法を学習しなければなりませんでした。コンサートホールは閉館し、音楽家は各自のバイオリン、フルート、チェロ、バスーンを自宅に持ち帰りました。Remote Worksの第2話では、コロラド交響楽団とカルガリーフィルハーモニー管弦楽団を訪問し、いかにしてテクノロジーが最も緊密なチーム向けにリモートワークを実現したかをご紹介します。

今すぐ聞く

5月20日
エピソード1:リモートワークのフロンティア

上海のアパートでも、イギリスの小さな町のコテージでも、人々はオフィスを離れて、鍋やフライパン、ペット、子供、配偶者、そして騒がしい隣人がいるワークスペースへと移動しています。Remote Worksの初回のエピソードでは、中国と英国における2人のホームオフィスのルーキーを訪問しています。彼らはどちらも、在宅勤務への移行に取り組んでいます。建築デザイン事務所Genslerのマネージングディレクター兼所長であるAmanda Carroll氏は、当社の新しいリモートワークプレースが私たちの働き方を永遠に変えるかもしれないと語っています。ロンドンにあるZaha Hadid Architects社のインサイトおよびアナリティクス部門責任者であるArjun Kaicker氏は、パンデミック前にオフィスが進化してきた方法とオフィスが今後どのように変化していかなければならないのかを紹介します。

今すぐ聞く

5月18日
予告編:Remote Worksのご紹介

在宅勤務をしていますか? 在宅勤務を行っているのは、あなただけではありません。オーケストラであれ、州政府であれ、NFLのフットボールチームであれ、一個人、会社、業界がどこでどうやって業務を遂行するかを考え直さなければなりませんでした。Remote Worksでは、在宅勤務の全体像とその細かい部分を取り上げています。今回、このような新しい在宅勤務の状況に適応し、成功している従業員やリーダーに話を聞きました。多くの専門家が、在宅勤務の成功とその成功を阻む障害について調べています。今や素晴らしいオフィスは自宅にあります。これらの会話やストーリーは、在宅勤務を行っている個人やチームにとって、結束を維持するために役立つことでしょう。

ニュースレター

シトリックスによるフィールドワークから得られた最新の調査結果、洞察、事例をお届けします。