AIによる生産性の向上

拡張されたワーカー、集中型の組織

現在の社会は、常勤の正規労働力を大量に擁する大企業が大半の分野を独占し、ワーカーはテクノロジーとの非常に生産性の高い連携によって強化されています。

レポート | 読了時間 4分
2020年10月13日

ワーカーと密接に統合されたテクノロジーの総体は、「AIという天使」によって生産性が向上しました。このAIがデジタルアシスタントとして個人やワークプレイスの豊富なデータを活用することで、ワーカーが各自の時間を効果的かつ効率的に利用できるように助けるのです。ワーカーの血中糖度に応じてミーティング予定を変更することから、精神的状態に基づいて調整を促すといったことまで、あらゆる点でAIがアシストします。データの収集量が多いほど、企業の成功にもたらす影響は大きくなります。

ワーカーからこのレベルの監視に対する懸念が表明された場合、会社はその利点を主張することができます。それでも抵抗を示す従業員には、生産性向上に向けて「気分が高まるもの」が与えられます。

いくつかの分野を大企業が支配する一方で、小企業はコスト効率が良いサービスを提供し続けています。しかし、イノベーション力は、比較的大きな企業に備わっている傾向があり、資金が供給されており、その後組織本体に反映されます。最大の効果を挙げるために、絶えずアルゴリズムが組み替えられ、データ集約型のソリューションによって大きな利点がもたらされます。

掘り下げる

大企業は、従業員から付随的に生まれるデータを利用して、従業員の時間と生産性をより上手に管理できるようにします。企業規模が大きいほど、分析できるデータ量が多くなるため、各分野の大企業は発展し続けることができます。組織は人間と技術の統合を成功さて生産性を高めることで恩恵を受けます。データ収集機会は溢れており、ビジネスリーダーが持っているワークプレイスとワークフォースに対するイメージは絶え間なく変化しています。

ワーカーはより意義のある仕事を好み、その業績はAIによるアシストやテクノロジーによってシームレスに高めることができます。しかし、従業員は、彼らの最も価値のある資産である彼ら自身のデータが雇用主によって監視・管理されることをどう思うかについての判断を下す必要があります。会社にはデータの権利を譲渡するワーカーにボーナスを支給するところもあれば、「データプライバシー」を従業員の特権としているところもあります。

今日のまとめ

現在のビジネスリーダーが思い描く未来に最も近い世界は、以下の通りです。大半のリーダー(82%)は、2035年までに常勤の社員はまれな存在になると考えてはいません。しかしリーダーの大半は、未来の働き方とは、企業システムとコミュニケーション可能なウェアラブルテクノロジー、業績を上げるようワーカーを促すAI、拡張現実(AR)グラス、AIパーソナルアシスタントなどの機能を取り込んだものになると確信しています。

全回答者の75%以上が、2035年にはテクノロジーとAIはワーカーのスキルアップで重要な要素となると考えています。そして78%が、競争上の優位を達成するための取り組みとして、組織およびワーカーは労働習慣と生産性の向上のための高度にカスタマイズされたテクノロジーインターフェイスを所有するようになると考えています。ビジネスリーダーの4分の3が、2035年までに経営チームは部分的にテクノロジーによって補強されると考えています。

そして回答者の大半は、テクノロジーインターフェイスによって業績と報酬が大幅に高まるのであれば、監視の強化を歓迎すると回答しています。ビジネスリーダー91%、従業員73%です。しかしこの数字は地域によって少し異なり、米国では肯定的に答えた割合が平均73%であるのに対し、イギリス、ドイツ、フランス、オランダでの平均は81%でした。

テクノロジーチップについては、全回答者のほぼ半数(48%)が、チップが身体に安全で業績と報酬の大幅な向上となることが確信できれば、自発的に体内に埋め込むとしています。ただし、この数字はビジネスリーダーではわずか31%であるのに対し、従業員は57%でした。

来るべき
働き方の世界

プラットフォーム プラグイン:ワーカーの置き換え、分散型の組織

1/2

の回答者がテクノロジーチップを自発的に体内に埋め込むと回答。