0:31

プラットフォーム プラグイン

ワーカーの置き換え、分散型の組織

現在の実社会では、AIや機械学習、データ収集、分析ツールが高い信頼性を獲得するようになり、企業は常勤労働力を大幅に縮小できるほどになっています

レポート | 読了時間3分
2020年10月27日

現在の実社会では、AIや機械学習、データ収集、分析ツールが高い信頼性を獲得するようになり、企業は常勤労働力を大幅に縮小できるほどになっています。事務補助や会計、レジ、カスタマーサービス、データ入力といった業務は自動化され、排除されました。しかし人々は依然として特定の職務においては、テクノロジーよりも優れた能力を発揮できます。美容師、理学療法士、医療助手、インテリアデザイナーたちはそれぞれの職業を維持し続けています。実際にこれらの分野は大幅な成長を続けており、絶え間なく変化する人口変動や高まるストレスの度合いを受けて、需要がさらに高まっています。

さらにAIの構築、最適化、保守、管理を行うテクノロジースペシャリストの需要も高まっており、大抵の場合、彼らはフリーランスとして勤務しています。小企業にとって、この状況は活動の場を公平にする可能性を秘めており、AIやプラットフォームモデルに内在するスケーラビリティのおかげで大手のライバル企業に対抗することができます。2つ以上の異なるグループ(通常は顧客と製品あるいはサービス)の交流を可能にするオンラインビジネスがあるということです。

その一方で、一般に企業や社会の中では、デジタルプライバシーおよびセキュリティについて境界線を引いて定義し直す必要が出てくると考えられます。

掘り下げる

かつてAIに必要なデータ量を集めることができたのは大企業のみであったため、大企業だけがAIによる生産性の向上といったAIの利点を活かすことができていましたが、もはやこの利点を活かせるのは大企業だけではありません。今日ではデータを収集して貸し出す企業があり、これはつまりAI由来のインサイトをSMEがビジネスに活用できることを意味します。多くの消費者がとりわけ個人のニーズに応えるサービスを利用することを好んでおり、これは小企業が大企業から非常に高い市場シェアを獲得していることを意味します。

SMEはまた、合理化されブロックチェーンで動く物流業界のおかげで、グローバルなサプライチェーンの効率向上や製品の出荷費用の著しい低下によっても助けられています。しかし、3Dプリント技術により、多くの製造業者が消費者の近くで製品を製造することが可能となっており、世界各地に製品を物理的に輸送する必要性も低下しています。

AIが労働力を代替し、多くの職務が置き換えられるといったテクノロジー起因の大量失業はまだ起きていませんが、単発の仕事やフリーランスといった労働形態は以前と比べて非常に一般的になっています。様々な職務が代替され、常勤が少なくなったため、ワークプレイスが存在することの恩恵や年金制度の持つ利点は非常に限られたものとなっています。

今日のまとめ

私たちの調査で従業員が最もありうると予測している未来は以下の通りです。

3分の2の回答者が、最も高成長の企業は2035年までにプラットフォームモデル上で運営されると回答しています。また、63%が、テクノロジーは小企業にメリットをもたらし、あらゆる分野が特定の仕事を得意とするスペシャリスト企業に細分化されることになると回答しています。

さらに、ビジネスリーダーと従業員を合わせた67%が、テクノロジーとAIによって反復業務が排除され、従業員が意義ある仕事に集中できるようになるため、ワーカーのメンタルヘルスと福祉が改善されると思っています。

全体として、従業員が予測する世界はプラットフォームプラグインの世界であるのに対して、ビジネスリーダーはそうではありません。

質問を受けたビジネスリーダーの中で、自分の会社の職務の50%以上が2035年までにテクノロジーやAIによって置き換えられると考えるリーダーは1人もいませんでした。他方で従業員の34%が上記の状況は起こり得ると考えています。60%の従業員が、2035年までに正社員はまれな存在になると考えているのに対し、そう考えるビジネスリーダーはたった18%です。

また、大半の従業員が安定した常勤職はすぐに過去のものになると危惧しています。ビジネスリーダーは意見が違います。そうではなく、常勤職は今後も持続するとビジネスリーダーは確信しています。

来るべき
働き方の世界

自動化を行う企業:ワーカーの置き換え、集中型の組織
 

2/3

の回答者が、最も高成長の企業は2035年までにプラットフォームモデル上で運営されると回答。