より優れたワークプレースエクスペリエンスの構築

セキュリティと生産性を高めるために設計された統合エンドポイント管理ソリューションを利用

従業員のモバイルワークスペースエクスペリエンスを管理するより優れた方法を求めているお客様は、多数いらっしゃいます。統合エンドポイント管理(UEM)市場は、間もなく67億ドル規模になる見込みであり、これは現在の同市場規模の約2倍です1。ただし、ほとんどの企業は、セキュリティを強化するためには現代的なUEMツールが必要であることを理解しているため、多くのベンダーが生産性を向上させるデジタルワークスペースを維持するために懸命な努力を行っています。それは時々、ある種の選択のように感じられます。つまり、セキュリティを強化するか、それとも従業員がどこからでも仕事ができるようにするかのどちらを選択するかという問題のように感じられます。

セキュリティの強化

全体的なワークスペースエクスペリエンスの一部として使用する場合、Citrix Endpoint Managementは、IT部門が潜在的な脅威の先を行くことを可能にします。アクセスが、従業員が仕事をしている場所や彼らが使用しているデバイスに基づいて付与される一方で、 Citrix Analyticsを使うことで、ユーザーのセキュリティ脅威にプロアクティブに対処することが容易になります。お客様は、従業員が望むやり方、時間、場所で仕事をする自由を提供できるようになると同時に、従業員が必要とする保護された環境を提供できます。

一貫性の提供

従業員が、デバイスやエンドポイントにかかわらず、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションへの高速アクセスを行えるようにします。デジタルワークスペースをサポートするために構築されたUEMツールを使うことで、従業員は、ラップトップやワークステーションを通じて得られるエクスペリエンスと同様のシームレスなエクスペリエンスを、モバイル環境でも享受できるようになります。また、生産性を高めるために設計されたセキュアエンタープライズツールを使うと、従業員に、まさに彼らが必要としているものを、それらが必要となる適切なタイミングで確実に取得させることが、かつてないほど容易になります。 

仕事の流れを維持

平均的な従業員は、仕事をするために少なくとも2台のデバイスを使用し、約半分以上が3台以上のデバイスを使用しています2。あるデバイスから別のデバイスへの移動がよりシームレスに行えるほど、従業員は現在手にしている仕事に没頭し続ける傾向が高まります。これは、かなり大きな功績につながります。ユーザーを「流れの状態」に保つことで、エグゼクティブは生産性を5倍に高め、全体的なワークプレースの効率性を20%アップできます3 。強力なUEMソリューションを使用すると、従業員は、デバイス間の切り替え回数にかかわらず、自分が作業を中断した地点で、同じ作業を容易に再開できるようになります。 

すべてを中央で一元管理する

Citrix Endpoint Managementは、単に従業員向けにワークスペースエクスペリエンスを向上させるだけのものではありません。それは、IT部門向けに、より優れた一貫性を提供するものでもあります。管理者は、単一の中央場所からすべてのものを管理できるため、すべてのエンドポイントを通じて、移管した高性能のワークスペースを保証することが簡単に行えます。新しいデバイスのオンボーディングや問題修正のためにIT部門を待つ代わりに、従業員は、自分が望む場所で、自分が望んだ時間に、アプリケーションやデータへの妨げられないアクセスを保証するために常に更新される環境において、作業を続行できるようになります。

 1Statista 2Forrester3Harvard Business Review

すべてのCIOが尋ねるべき5つの質問

より良い従業員エクスペリエンスを形成する上でテクノロジーが果たす役割と、尋ねるべき質問について紹介します。

インフォグラフィックを見る

3準備が整ったら始めましょう