従業員により良い仮想デスクトップエクスペリエンスを提供

高品位テクノロジーにより生産性を強化

どこで働いているか、何を達成しようとしているかは関係ありません。従業員は、個人的に使いなれたエンドユーザーエクスペリエンスと同じものを仕事でも求めています。残念ながら、多くの従業員は、企業がそれを達成するには長い時間がかかると感じています。世界の労働者の3分の1以上が、時代遅れのテクノロジーにより仕事が本来よりも難しくなっていると答えており、圧倒的多数の労働者が、企業のテクノロジーが使い慣れた個人向けテクノロジーと同じように機能することを望んでいます1。仮想アプリケーションとデスクトップに関して言えば、これは特に解決が難しい問題です。より多くの環境に仕事が広がる中 現場の従業員であっても50~60%の時間はデスクから離れて仕事をしています2。いつでもどこからでも仕事ができるようにするニーズが、かつてないほどに高まっています。Citrix Virtual Apps and Desktopsを支えるHDX(High Definition eXperience)テクノロジーにより、高品位なエクスペリエンスをかつてないほど簡単に提供できるようになりました。

従業員満足度の向上

従業員はバーチャルアプリケーションやデスクトップに多くのものを期待していますが、それには正当な理由があります。マーケッター、デザイナー、エンジニア、およびその他のチームは、グラフィックスを多用するアプリケーションに常に依存しているため、利用するテクノロジーをシームレスに動作させることを必要としています。しかし、アプリケーションの応答性の低下や長時間のロード時間により生産性が低下した結果、仕事の遂行が困難になることも少なくありません。Citrix HDXテクノロジーは、ローカルネットワーク、モバイルネットワーク、または高遅延の広域ネットワークのいずれであっても、従業員が可能な限り最良のエクスペリエンスを得られるようにします。最先端のディスプレイ手法は、絶えず変化するネットワーク状況を考慮してリアルタイムに調整を行うことで、一貫してリッチなグラフィックスを提供します。

大陸を越えたコラボレーション

働き方の性質の変化とは、今日のチームがさまざまな場所で共同作業を行うようになったことを意味します。リモートワークは2005年から159%増加しており3、米国では推定で40%の従業員が独立した請負業者となっています4。つまり、従業員は、信頼性の低いインターネット接続を通じて、企業のアプリケーションやデータにアクセスする必要があることが多くなっているのです。Citrix HDXテクノロジーは、最も過酷なネットワーク環境であっても、あらゆるデバイスを通じて、高い応答性と視覚的に魅力のあるエクスペリエンスを提供するように設計されています。セッションは、データセンターから数千kmも離れた場所でインタラクティブな状態を維持し、クリアなアプリケーション、音声、ビデオを提供します。タイムゾーン超えたコラボレーションを行う場合であれ、現場で作業する場合であれ、オフショアの従業員や請負業者は、グラフィックスを多用するアプリケーションの完全なレンダリングをいつでも安心して行うことができます。

最終収益を保護

インフラストラクチャとサイバーセキュリティへのIT支出の割合が増加しているため5、企業や組織は、財政を破綻させることなく従業員エクスペリエンスを向上させる方法を必要としています。幸いにも、高品位は必ずしも高コストを意味するわけではありません。低コストのエンドポイント上でグラフィックスを多用するアプリケーションやデスクトップをシームレスに利用できるようにすることで、予算の範囲内で従業員のニーズを満たすことができます。また、シトリックスは、CiscoやMicrosoftなどの主要ベンダーと長年にわたり提携しているため、Microsoft Teamsやその他のユニファイドコミュニケーションプラットフォームとの連携は、非常に効果的かつ経済的なものとなっています。

多世代ワーカーに優れた従業員エクスペリエンスを提供するには

今日の従業員は、ダイナミックな新しいパワーと何十年にもわたる制度に関する知識のユニークな組み合わせを提供している一方で、新たな課題も提示しています。

ベストプラクティスを読む

準備が整ったら始めましょう