デスクトップオンデマンドを通じて臨時社員のエンパワーメントを実現

繁忙期であれ移行時であれ、時期を問わず、すべてのワーカーのニーズを満たす

納税期間中の会計士との契約から、必要に応じて追加の雇用に至るまで、臨時社員の手配は、急速にビジネス世界の常識となりつつあります。雇用増加の94%が、このような代替勤務形態に起因しており1、臨時社員はフルタイムのチームと同じように働いています。合併や買収の際に発生する切り替えの複雑さに加えて、課題が山積みであると感じられる場合もあるでしょう。このような移行期間全体を通じて、企業や組織は、セキュリティを犠牲にせず、しかも多額の設備投資を行わずに、契約社員、季節労働者、新入社員に対してアプリケーションやデスクトップを配信する方法を必要としています。

季節労働者をサポート

現在、多くの企業や組織が、季節労働者を支援するための選択肢を検討しています。今や、半数以上の雇用主が、一時的な労働者の採用によりギャップを埋めるという考え方を受け入れています。実際、71%の上級管理職は、長時間に及ぶ臨時労働をフルタイムの仕事に匹敵するものであると考えています2。ピーク時や繁忙期において、このような代替労働力を手配することは、ビジネスにとって大きな意味を持ちます。しかし、従業員が可能な限り生産性を向上させるためには、IT部門は、従業員が仕事の遂行に必要とするリソースを提供しなければなりません。Citrix Managed Desktopsを使用すると、企業や組織は、臨時社員のためにWindowsアプリケーションおよびデスクトップのプロビジョニングを迅速に行えるようになるほか、アプリケーションおよびデスクトップが不要になった時点で、それらを簡単に廃止できます。企業や組織は使用した分だけを支払えば良いため、ダウンタイム中にアイドル状態となる高価なハードウェアに関して心配する必要はなくなります。

移行が容易

クラウドベースのソリューションに関するニーズを高めているのは、季節的な設定だけではありません。DaaS(Desktops as a Service)は、移行時にも役立ちます。全合併のうち半数が失敗している理由として、企業が重要な人材を維持するのが難しいことが挙げられます3。重要なスタッフの47%が、合併、買収、分割、ジョイントベンチャーの実施から1年以内に離職しています4。多くの場合、このような失敗の原因はテクノロジーにあります。これが、従業員に適切なリソースを提供することが非常に重要となる理由です。Citrix Managed Desktopsを使用すると、オンデマンドでデスクトップを簡単にスピンアップできるようになるため、合併初日から万全の準備を整えることができます。共有情報や共有アプリケーションに誰もが平等にアクセスできるようにすることで、あらゆるユーザーに対して強固なプラットフォームを即座に提供できます。また、Citrix SD-WANを使うと、遅延を付加する可能性のあるセキュリティプロキシを経由することなしに、クラウド上にあるワークロードに対して、ユーザーをセキュアに接続できるようになります。チームは、新入社員のオンボーディングや統合に必要となるサービスへの迅速かつシームレスなアクセスを実現することで、メンバー全員が快適に仕事ができるようにします。

高い生産性を維持

貴社では、オフショアの開発者やベンダーの支援を頻繁に受けていますか? 多くの場合、これらのワーカーは、アプリケーションを使用することを最も必要としている人々です。しかし、ワーカーの生産性を維持するためには、単なるリソースへのアクセスを超えるものが必要となります。開発者やプログラマーは、集約型のグラフィックスやツールを使って作業する場合であっても、従来型のデスクトップに近似したユーザーエクスペリエンスが提供されないならば、要求に応えるのに苦労するでしょう。48%の従業員が、ワークプレースの技術が個人用の技術と同じように機能することを望んでいますが、このようなニーズを満たすことは容易ではありません5。Citrix Managed Desktopsは、これを提供します。Windows のDaaS(desktop-as-a-service)を利用すれば、契約社員は、仕事を行う場所にかかわらず卓越したパフォーマンスを発揮できるようになります。これにより、世界中のどこからでもアプリケーションやデータへのセキュアなアクセスを実現できるようになるほか、各ベンダーが同一のターンキーソリューションを通じて、仕事に合った適切なデスクトップを提供することを保証できます。

新たな標準:将来の混乱を最小化

今日の事業継続性に対する混乱は、我々が予想しているものであるとは限りません。事業継続計画には、事業の中断という新たな常態に対応できるよう十分な柔軟性が必要となります。事業継続性に対するこれらの新たな脅威は、地域的ではなくグローバルなものであり、また突然ではなく時間をかけて広がるものであり、さらには完全に環境的または技術的なものと言うよりは、主に人間を中心としたものです。

記事を読む

準備が整ったら始めましょう