機密文書および機密データの保護

IT部門が直面している最大の課題の1つは、個人向けファイル共有サービスの不正使用によるデータ損失やセキュリティリスクへの対策です。ビジネス目的で個人向けファイル共有サービスを使用すると、データ漏洩やコンプライアンス違反を招き、その結果、IT部門による可視性と制御を超えて、ファイルの流出を許すことにもなりかねません。しかし、ユーザーは、選択した任意のデバイスを通じて、どこからでもデータにアクセスして共有できるようになることを望んでいます。

IT部門は、いかなるコンシューマー向けのサービスよりも従業員のニーズを的確に満たすような、承認済みのセキュアなコンテンツコラボレーションサービスを通じて、制御されないデータ共有の広がりを阻止することができます。市場をリードするコンテンツコラボレーションサービスでは、個人向けファイル共有サービスの持つ利便性と簡易性を、エンタープライズグレードの制御と組み合わせることで、エンドユーザーの生産性を向上させると同時に、IT部門向けにセキュリティ、柔軟性、制御を強化しています。

詳細を見る

Citrix Content Collaborationは、消費者向けのファイル共有サービスがもたらす脆弱性を排除し、包括的なデータ保護機能を提供します。同製品を使用することで、IT部門は、組織全体におけるデータアクセス、ストレージ、および共有に対する完全な制御を維持できます。このサービスには、コンプライアンス要件をサポートし、データ使用状況に関する可視性を提供するために必要となる、すべてのユーザー活動の監査、追跡、記録に対する制御が含まれています。なお、エンドユーザーがCitrix Workspace経由でCitrix Content Collaborationにアクセスする場合、管理者は、時間ベースのワンタイムパスワードを通じて組織のセキュリティ体制を強化できます。

企業や組織の持つ最も機密性の高い情報はドキュメントに含まれているため、それらのドキュメントを保護することが、IT部門にとっての最優先事項となります。今や、フィッシング攻撃、ランサムウェア、ユーザーエラー、およびその他のセキュリティ脅威が、かつてないほどにIT部門にとって重大な懸念事項となっています。限られたリソースと、保護すべき広範な種類のデータリポジトリ、デバイス、ユーザー、アプリケーションを前にして、IT部門は、マンパワーを拡張することなしにセキュリティ体制を強化できるようなツールを求めています。

Citrix Analyticsは機械学習を利用して、脅威やエンドユーザーによるリスキーな行動を特定します。Citrix Analyticsは、認識済みのユーザーによる異常な行動や外部的な脅威による悪意あるアクションを認識することで、エンドユーザーの行動に関する可視性を提供し、組織を保護するためにプロアクティブな措置を実施できます。カスタマイズ可能なルールに基づくエンジンを使用して、このような脅威に対するプロアクティブな対策を実施することで、IT部門は、多大なリソースを注入する必要なしに、セキュリティのレイヤを追加できるようになります。

セキュリティを維持するために、企業や組織では、ファイル自体の内部にあるコンテンツに基づいてファイル共有を制御できるようにする必要があります。主要なDLP(データ損失防止)システムとの統合を行うことで、Citrix Content Collaborationは、各アイテムのコンテンツに基づいてそれらを分類し、データカテゴリに基づいて共有制限を実施します。また、Citrix Content Collaborationは、Symantec Data Loss Prevention、McAfee DLP Prevent、Websense Forcepoint などの一般的なDLPシステムとの統合を行うことで、ファイルのDLP分類に基づいてドキュメントの共有を制限します。

ビジネスクリティカルなコンテンツや機密性の高いコンテンツを含むドキュメントを共有する場合、送信者は、意図した受信者が当該ドキュメントをセキュアに受け取ることを保証する必要があるほか、許可されていない受信者による同ドキュメントの共有を阻止する必要があります。

IRMを使うと、ドキュメント共有にセキュリティのレイヤを追加することで、ドキュメントの不正な配布を阻止できます。ドキュメントを送信する前に、そのドキュメントの所有者は、受信者の名前、電子メールアドレス、IPアドレスを含む電子透かしの適用を選択することで、不正な画面キャプチャのリスクを軽減できます。また、送信者は、受信者によるドキュメントのダウンロードをブロックするよう選択することもできます。これにより、受信者は、ドキュメントのコピーをデバイス上にローカルに保存できなくなります。

シトリックス製品

Citrix Content Collaboration

  • 業界で最も包括的な権利管理機能を提供します。ユーザーは、透かしの適用、スクリーンショットや画面共有のブロック、機密データの自動的な保護などを実現できます。
  • お客様専用のStorageZoneとデータ損失防止システムの統合で、ファイルのDLP分類に基づいてドキュメントの共有を制限します。
  • 金融サービスや医療などの特に規制の厳しい業界で、知的財産の保護、データ漏えいの防止、およびコンプライアンスの促進を行います。

解説

Citrix Content Collaborationのセキュリティ

Citrix Content Collaborationのセキュリティ機能に関する詳細を見る

詳細情報

Citrix Content Collaboration:ビジネス部門向けに構築され、IT部門により信頼されている

製品概要に記述されているCitrix Content Collaborationのセキュリティに機能に関する詳細を見る