お使いのMicrosoft Endpoint Manager(旧称Intune)導入環境を強化する

エンタープライズモビリティとセキュリティを超えて、より多くの機能と柔軟性を実現

お使いのMicrosoft Office 365環境には、Microsoft Endpoint Manager(旧称Intune)がすでに配備されています。しかし、デバイスを管理し企業データを保護するために必要なすべての機能が揃っているでしょうか? たとえば、お客様は、Office 365 EMSとMicrosoft Endpoint Manager環境における潜在的なセキュリティ格差を懸念しているかもしれません。または、Microsoft単体がサポートしているものに比べて、より広範な種類のアプリケーション、デバイス、オペレーティングシステムをサポートしたいと考えているかもしれません。どちらの場合も、今こそ、強化されたエンドポイントセキュリティを通じて、お客様のリーチを拡大すべき時です。

スマートなセキュアアクセスを提供

20年以上に及ぶMicrosoftとの提携のおかげで、 Citrix Endpoint Managementは、エンドユーザーの生産性を低下させることなく、お客様がセキュリティを強化するために必要とするすべてのものを提供することに成功しています。シトリックスは、Microsoft Endpoint Managerのセキュリティを強化するための高度なオプションを提供します。これらのオプションは、他のベンダーからは提供されていないものです。

200種類以上のモバイルデバイス管理(MDM)ポリシーと、70種類以上の非Office 365用のモバイルアプリケーション管理(MAM)ポリシーを使用することで、ユーザーがアプリケーションやデータにアクセスした方法、時間、場所に基づいて自動化されたアクションをトリガできます。内部リソースに対するシンプルなアクセスを提供したい場合、マイクロVPNにより、Edgeブラウザやその他のMicrosoft対応(enlightened )アプリケーションを通じたセキュア接続を保証できます。

企業データに関する優れた制御を確保

Microsoft Endpoint Managerは、企業や組織に高い価値をもたらしますが、その機能はOffice 365以外には拡張できません。Citrix Endpoint Managementを使うと、お客様は、 Office 365 アプリケーションを管理できるだけでなく、非Microsoftアプリケーションの機能を拡張できるようになります。お客様は、 Citrix Secure Mail を使うことで、企業データに関するより優れた制御を確保できるほか、ユーザーが各自にとって自然なやり方でアプリケーションと対話することを可能にします。二重の暗号化とExchangeからの直接的な電子メールへのアクセスにより、リソースを安全に保つことができます。また、ネイティブな統合とシングルサインオンにより、モバイルアクセスをユーザーにとって容易にします。Microsoft Exchangeサーバーがオンプレミスに存在する場合であっても、Secure MailはIntuneのアプリケーション保護ポリシーを尊重するため、IT部門は必要に応じて、監視、ブロック、隔離が容易に行えます。

管理の簡素化

Citrix Workspaceの一部として使用する場合、 Citrix Endpoint Managementは、IT部門にとって日常的なワークフローをより容易にします。単一コンソール内から、Office 365アプリケーションの管理、導入、設定が簡単に行えるようになります。これは、Microsoftアプリケーションを管理するためだけに、独立したMAMを維持する必要がないことを意味します。すべてのものを、同じ中央場所ですぐに入手できるため、迅速なアクションを提供し、全体的なセキュリティを向上できます。また、 Citrix Analyticsを使用することで、IT部門は、シトリックス環境におけるネットワークトラフィック、ユーザー、ファイル、エンドポイントに関する洞察を確保できます。

詳細はこちら

Citrix Endpoint ManagementとMicrosoft EMS/Intuneの統合

製品ドキュメントを読む

シトリックスとMicrosoftのパートナーシップに関する詳細はこちら

今すぐ見る

お使いのMicrosoft EMS/Intune導入環境の生産性とセキュリティを強化

 技術的な概要を見る

When you’re ready, let’s get started