あらゆるデバイスで高品位のユーザーエクスペリエンスを実現

VDIの遅延を一掃

仮想化テクノロジーにおける最大の課題の1つとは? 高品位なユーザーエクスペリエンスを保証 ユーザーは、ネットワークの品質や場所に関係なく、仮想アプリケーションおよびデスクトップからのリアルタイムの応答を期待しています。しかし、ほとんどの場合、仮想デスクトップインフラストラクチャの導入は、理想的ではないエクスペリエンスをユーザーに提供することを意味します。単に仮想アプリケーションとデスクトップを提供するだけでは十分ではありません。常に最良のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、あらゆる状況に適応できる適切なソリューションを提供する必要があります。これが、Citrix Virtual Apps and Desktopsの背後にあるHDX(high definition experience)テクノロジーが提供するものです。

速度の向上

ユーザーがVDIデスクトップエクスペリエンスを最大限に活用するためには、応答性が鍵となります。遅い接続により、60%の従業員が不満をあらわにしています1。仮想デスクトップの遅延に悩まされている場合、従業員の不満はさらに大きくなります。ユーザーの視点からすると、仮想デスクトップで複雑な3Dグラフィックを実行した場合、ネイティブ環境で実行する場合より必ずスムーズに動作しません。HDX 3D Proおよびその他の特化したテクノロジーを使えば、そのような不具合は無くなります。最先端のディスプレイ手法は、クリアな音声とビデオを確保し、ブロードバンド無線ネットワークやモバイルネットワークでよくあるパケットロス、輻輳、高遅延、ジッターが発生した場合でも、ユーザーは完全な画像を使ってコラボレーションを行うことができます。リモートPCアクセスを使うと、ユーザーの物理PCからもグラフィックスや処理能力を多用するワークロードを利用できます。

支出の削減

IT予算の44%が時代遅れのソリューションを置き換えるために増大していることを考慮すると2、余分な投資を必要としない画期的なテクノロジーを導入することが求められています。Citrix HDXテクノロジーは、Citrix Virtual Apps and Desktopsのすべてのエディションに組み込まれているため、即座にメリットを得ることができます。シトリックスは、既存のリソースを最大限に活用しつつ、従来のLinuxWindows 10を搭載したPCのエクスペリエンスを真に再現するアプリケーションエクスペリエンスを提供している業界唯一のベンダーです。高度にアニメーション化されたワークロードやサーバーレンダリング型のビデオの画質が向上するだけでなく、インフラストラクチャへの投資が不要になります。また、HDX印刷、スキャン、タブレットの描画、その他の周辺機器のための組み込み型のUSBリダイレクトにより、高性能のVDI環境がもたらすセキュリティの中で、ユーザーは、従来のデスクトップを使ってアクセスしていたすべてのデバイスと同じデバイスにアクセスできるようになります。

コミュニケーションの改善

Microsoft Teamsなどのユニファイドコミュニケーション(UC)ツールを導入することで、設備投資を削減しようとする企業が増えています。ただし、それらのソリューションはコラボレーションに多大なメリットをもたらす一方で、仮想化環境において理想的なユーザーエクスペリエンスを確保することが困難になる場合があります。Citrix Virtual Apps and Desktopsを使うと、この問題を解消できます。Microsoftのエンジニアとの緊密なコラボレーションの結果もたらされた最適化により、ユーザーはMicrosoft TeamsまたはSkype for Businessを使用する際に完全なネイティブエクスペリエンスを得ることができます。サーバーのスケーラビリティの向上と、音声/ビデオトラフィックパスの高速化をもたらすCitrix HDXテクノロジーは、仮想環境でユニファイドコミュニケーションソリューションを提供するための唯一のMicrosoft承認ソリューションです。このような最適化は、オンプレミスをはじめOffice 365でもサポートされています。機密性の高いチャットデータは、すべてデータセンター内でセキュアに維持されます。

1NBC 2Spiceworks

詳細はこちら

Citrix Synergy TV SYN 211:ユーザーエクスペリエンスが重要です

オンデマンドで視聴する

高品位のユーザーワークスペースで生産性を向上

ホワイトペーパーを読む

準備が整ったら始めましょう